進化したプリウス新型がついに登場、その詳細をまとめました。

トヨタから4代目プリウスの新型が発売されました。クラストップレベルの目標燃費40km/Lを実現するために進化したハイブリッドシステムを搭載。さらに安全性能も向上した新型プリウスの購入を検討している方は参考にしてみてください。

新型プリウスのスペック

新型プリウスの開発コンセプトは、「Beautiful Hybrid(美しい地球・美しいクルマ)」。

新型プリウスがどの様に進化したのか見ていきたいと思います。

新型プリウス  新色のエモーショナルレッド

エモーショナルレッドは、にごりのない鮮やかな赤を実現するため、トヨタ初の新しい技術を用意た特別な色。

価格(消費税込み)
E 240万
S 247万9,091円
Sツーリング 262万8,327円
S E-Four 267万3,491円
Sツーリング E-Four 282万2,727円

A PREMIUM 310万7,455円
A PREMIUM ツーリング 319万9,745円
A PREMIUM E-Four 330万1,855円
A PREMIUM ツーリング E-Four 339万4,145円

・Sグレード:ニッケル水素電池
・A、Eグレード:リチウムイオン電池

エンジンスペック

新型プリウス  新色のスティールブロンドメタリック

スティールブロンドメタリックも先進性とプレミアムな印象を持たせた新型プリウスのために新たに開発。

スペック 新型プリウス
全長 4,540mm
全幅 1,760mm
全高 1,470mm
ホイールベース 2,700mm
エンジン 直4 DOHC 1.8L+モーター
最高出力 98ps/5,200rpm
システム出力 120ps
最大トルク 14.5kgm/4,000rpm
車両総重量 1310~1440kg
JC08モード燃費 34.0~40.8km/L

新型プリウス  新色のサーモテクトライムグリーン

サーモテクトライムグリーンは世界初の技術で断熱機能を持たせた塗装

3代目プリウスとの比較

最大熱効率40%を実現した改良型直列4気筒DOHC 1.8L エンジン「2ZR-FXE」を搭載 システム全体で約20%の低損失化を達成した。 4代目新型プリウス ()は現行サイズ
全長:4,540mm(+60mm)
全幅:1,760mm(+15mm)
全高:1,470mm(-20mm)
ホイールベース:2,700mm(0mm)

▽従来型に対し全高を20mm下げ、ルーフピークを170mm前に出しさらに空力性能を高め、クラス世界トップレベルのCD値0.24を実現

新型プリウスの燃費は

気になる新型プリウスの燃費について見ていきたいと思います。

新型プリウス   ホワイトパールクリスタルシャイン

ハイブリッドシステム(エンジンを含むシステム全体)では、駆動ユニットの配置見直しやモーター・インバーター・電池の小型化、高効率化を図ることで燃費の15%以上向上

現行の3代目プリウスの燃費はJC08モード32.6km/L

「E」においてはJC08モード走行燃費40.8km/Lの低燃費を実現!!
その他の2WD車においてもJC08モード37.2km/L、
新たに投入したE-Four(電気式4輪駆動方式)車はJC08モード34.0km/Lの低燃費を実現!!

燃費を良くするため、モーターや電池などのHVシステムの性能向上と小型化を進めるほか、 後部ドアのガラスに強化プラスチックを採用し、車体を軽量化、

新型プリウス新開発のプラットフォームを採用

TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用することによって、 現行モデルよりも広い室内空間を得る。

TNGA(Toyota New Global Architecture)

新型プリウス  アティチュードブラックマイカ

ハイブリッドシステムは小型化されたTHSⅡを採用し、バッテリーの位置など大幅に変更となる。
ハイブリッドシステム(エンジンを含むシステム全体)では、駆動ユニットの配置見直しやモーター・インバーター・電池の小型化、高効率化を図ることで燃費の15%以上向上を見込んでいる。

新型プリウス進化した安全性能

いつまでも乗り続けたくなる「走りの楽しさ・乗り心地の良さ、静かさ」

衝撃吸収ボディと高強度キャビンからなる最新のGOAボディを採用

「Toyota Safety Sense P」を採用

▽ミリ波レーダーと単眼カメラを用い、総合的な制御により、クルマだけではなく歩行者も認識する歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ、全車速追従機能付のレーダークルーズコントロールをはじめ4つの先進安全機能をセットにした衝突回避支援パッケージ

新型プリウス グレーメタリック

インテリジェントクリアランスソナーを採用

アクセル・ブレーキペダル操作の有無に関係なく、低速での取り回し時での接触回避、または被害の軽減に寄与する。
さらに側面の超音波センサーを使って右左折時の巻き込みを警報する機能を搭載

シンプルインテリジェントパーキングアシストを採用

▽超音波センサーを使って周囲の障害物を検出し、駐車スペースを認識。駐車したいスペースの前で停車し、スイッチを押すだけで、適切な後退開始位置への誘導と後退駐車のためのステアリング操作をアシストする

ブラインドスポットモニターを採用

▽隣の車線を走る車両をレーダーで検知。車両が死角エリアに入ると、ドアミラーに搭載されたLEDインジケーターを点灯させドライバーにお知らせする

新型プリウス  スーパーホワイトII

新型プリウス 内装詳細

歴代モデルが継承してきた“人にやさしいデザイン”を基本に、先進感と温かみのある空間を表現

シートは、長時間ドライブでの負担を軽減し、快適性を追求

新型プリウス

センターメーターに設置される4.2インチカラーTFTツインメーター

新型プリウス  LEDヘッドライト

▽ヘッドランプには、一眼でハイビームとロービームの機能を持たせたBi-Beam LEDヘッドランプを採用し、精悍な目つきの個性的なデザインを採用。また、三角形状の輪郭を持たせシャープな印象を与えるLEDクリアランスランプを採用

新型プリウス  Bi-Beam LEDヘッドライトを採用

▽リヤビューは、空力の良さをエモーショナルにデザインし、リヤスポイラーからリヤコンビネーションランプ、リヤバンパーサイドのコーナーエッジへとつながる、ユニークな線使いをしながら高い空力性能を実現

新型プリウス  

新型プリウスのまとめ

いかがでしたでしょうか
新型プリウスについてまとめてみました。
先進技術盛りだくさんの新型プリウスを購入検討している方はぜひ、見てみてください

新型プリウス紹介PV

【動画】新型プリウスの先進技術

トヨタは10月13日、新型プリウスに採用される先進技術を報道陣に公開した。それを­動画で早速チェックしてみよう。

新型プリウスは弱点を克服!?プロトタイプに速攻試乗!

トヨタが4代目として世に送り出す「新型プリウス」プロトタイプに試乗した。
3代目プリウスの唯一にして最大の弱点だった「乗り心地」は、4代目ではどのようにな­ったのか!?

【プリウス】車両解説(インテリア編)

プリウスの車両解説(インテリア編)動画です。生まれ変わったプリウスのデザインを、­プロの目で解説しています。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ