手洗い派?洗車機派? 洗車機で本当に傷がつくのか調べました!

ガソリンスタンドに必ずといって良いほど設置されている洗車機ですが皆さん使っていますか?「洗車機を使うと車に傷が付く」誰しも耳にしたことがあると思いますが、本当に洗車機で傷がつくのでしょうか。洗車機で車を洗うと本当に傷がつくのか、都市伝説なのか、注目です!

洗車機、使ってますか?

ガソリンスタンドに必ずといって良いほど設置されている洗車機。
皆さんは洗車機を使っていますか?

水が冷たい時期だと車を洗うのが億劫になりますよね。
そんな時に洗車機は便利!

車に乗ったまま洗車機に入るとテンションが上がる人も多いでしょう。
特に子どもは大喜びすること間違いなし!

ですが、洗車機を使うと車に傷がつくから使わない。という人もいると思います。
「洗車機を使うと車に傷が付く」誰しも耳にしたことがあると思いますが、本当に洗車機で傷がつくのでしょうか。

ここでは洗車機と傷の関係について見ていきたいと思います。
本当に洗車機で車を洗うと傷がつくのか、それとも都市伝説なのか注目です!

洗車機の種類

本題に入る前に、洗車機と一言でいっても色々な種類の洗車機があることをご存知ですか?

セルフ型洗車機

ガソリンスタンドなどで広く普及しているのがセルフ型洗車機だと思います。

セルフ型という名前ですが洗車機なのでもちろん自動で洗車できます。
コントロールパネルで操作するだけで洗車機が動いて戦車してくれます。

多彩な設定やコーティング剤やワックス施工などが出来る洗車機もあり、ユーザーニーズに多様に答えてくれる柔軟さがあります。

ドライブスルー型洗車機

ドライブスルーという名前の通り、あらかじめ設定したコースを乗員が乗ったまま洗車機に入って通り抜けます。

洗車機自体が移動するタイプと違い洗車機自体の全長が長く、工程の中でシャンプー、コーティング、ブロワーなどが一体化されている機種です。

ノーブラシ洗車機

洗車機といえば大きなブラシが回転しながら洗車している所を想像する方が多いと思いますが、ノーブラシ洗車機というのもあるんです。

これはブラシではなく高圧スプレー水で洗車するという洗車機です。
ただ、固着した汚れや水垢、油分を含む汚れは落とし切れないようで、手洗い前に汚れを落とす感じで使用する方が多いようです。

洗車機を使うと傷がつくって本当?

では本題。洗車機で車を洗うと傷が付くというのは本当なのでしょうか?

調べてみたところ、やはり以前の洗車機では細かい傷が付くことがあったようです。

ですが、最近の洗車機はナイロンブラシや布ブラシ、スポンジブラシを使用し、ブラシの動かし方や水の噴射方法を工夫することで傷がつかないように配慮されているようです。
そのため、洗車機だから傷が付くとは一概には言えなくなってきています。

さらに、洗車機で付くような傷は微細で浅いものが多いため、研磨剤の入ったワックスなどで傷を修復することが可能なようです。
なので、洗車は洗車機で行、傷が気になるようであれば仕上げ作業としてワックスをかける、という洗車の方法が良さそうです。

洗車機で傷をつけないために

最近の洗車機では傷が付き難くなっているようですが、さらに傷がつかないように工夫することが出来るんです。

より傷が付きにくくなる方法それは、「直前に水洗いしておくこと」。
たったこれだけなんです。
では、なぜ洗車前に水洗いをすると傷がつきにくくなるのでしょうか。

上述の通り、以前と異なり今の洗車機のブラシは車体に傷が付きにくいように改良されてきています。
ですので、洗車機で洗車した場合に車に傷がつく原因は他にあるのです。
それは「車体上の砂」。

ブラシ式の洗車機はブラシで洗う前に水で砂を落としてくれませんので、この砂をそのままにしておくとブラシによって砂で車体を擦ってしまうんです。
これが洗車傷となってしまいます。

洗車機に入る前に水洗いすることで砂による洗車傷を防ぐことが出来るのです。

洗車機と傷:まとめ

洗車機で傷が付くというのは本当かどうか見てきましたがいかがでしたでしょうか。

以前の洗車機と比べると今の洗車機は傷が付きにくい工夫がされていることがお分かり頂けたと思います。
また、洗車前に水洗いすることでさらに傷が付きにくくなります。

このまとめを読んで「今までは手洗いだったけど、洗車機を使ってみようかな。」と思っていただければ嬉しいです。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ