ハイエースでキャンプに行こう!知っておきたい情報をまとめました!

ハイエースに乗って家族や友達みんなでキャンプ!楽しそうですよね~!今回はそんなハイエースでキャンプに行く際知っておきたい情報をご紹介しています!現在ハイエースに乗っている方もそうでない方も必見の内容となっています!ハイエースオーナーによる口コミ情報もチェック!

ハイエースでキャンプ!そもそもハイエースってどんな車?

本題であるハイエースでキャンプに行く際に知っておきたい情報について
ご紹介していく前に、そもそも今回の主役であるハイエースとは
どんな車両なのかということからチェックしておきたいと思います。

ハイエースとは

ハイエースとは、トヨタ自動車が製造・販売する自動車の事です。
4ナンバーサイズながら荷室長はクラストップレベルの3000mmで、広大な荷室空間が確保
されていることから、ビジネスシーンやファミリー層に非常に人気の車両です。

バリーションは豊富でロングとスーパーロング、さらに2/5人乗りのバン、10人乗りのワゴン、
そして15人乗りのコミューターが設定されています。

ハイエースに搭載されているエンジンは2.7Lと2Lの直4ガソリン、
2.5L直噴ディーゼルターボの3種類となっています。

ハイエースの燃費は?

それではハイエースの燃費はどれくらいなのでしょうか?
公式サイトによれば、

【ハイエースの燃費】
JC08モード燃費 7.9~9.7km/l
10・15モード燃費 8.2~9.1km/l
となっています。

ハイエースの価格

続いて気になる、ハイエースの価格についてもご紹介しておきます。

【ハイエースの価格】
・新車時価格: 227万円~397万円
・中古車相場: 115万円~615万円

以上がハイエースという車両についての概要のご紹介でした。
次からいよいよ本題である、ハイエースでキャンプに行く際知っておきたい情報に
ついてご紹介していきます!

ハイエースでキャンプ!あると便利なグッズ!

まず、ハイエースでキャンプに行く際にあると便利なグッズについて
ご紹介したいと思います。
ハイエースでキャンプに行く際、どんな物を用意したらよいのでしょうか?

ハイエースでキャンプに行く際には、通常車でキャンプに行く際に用意していくもののほかに、
マットや虫よけグッズ、サンシェイドや車中泊グッズなどを持っていくと良いでしょう。
以下に詳しくご紹介していきます。

マット

画像のように、車で横になる際に使用するマットがあるといいでしょう。
ハイエースは荷台がとても広いので、少し横になりたいときや子供さんがお昼寝する際にも
こういったマットは大活躍です。
ハイエースでキャンプに行く際には必ず用意すると良いでしょう。

虫よけグッズ

ハイエースでキャンプに行く際には、こうした車でも使用できる
虫よけグッズを用意していくと良いでしょう。

サンシェイド

ハイエースでキャンプに行く際には、画像のようなハイエースに対応した
車用のサンシェイドがあると便利です。
急に雨が降ってきた際にも雨宿りに使用でき、非常に便利です。
ハイエースでキャンプに行く際にはぜひ用意すると良いでしょう。

車中泊グッズ

ハイエースでキャンプに行く際には、画像にあるような寝袋やカーテンなどの
車中泊グッズを用意して行くのをおすすめします。
ハイエースなら十分な広さがあるので、急に車中泊するようなことになっても
対応できます。
いざという時に慌てないためにも、車中泊グッズを用意していくと良いでしょう。

ハイエースでキャンプ!おすすめキャンプ場!

ハイエースでキャンプに行く際に用意すると便利なグッズをご紹介しました。
続いては、ハイエースでキャンプに行く際におすすめのキャンプ場をいくつか
ご紹介したいと思います。

御前山青少年旅行村

御前山青少年旅行村は茨城県にある公営キャンプ場で、広大な敷地で
大自然キャンプを楽しむことができ、非常に人気のあるキャンプ場です。
グリーン八ウスやケビン、コテージ、テントサイト、40人収容可能なカントリーホームも完備
しているので、ぜひハイエースに乗ってみんなでキャンプに行きませんか?

オートキャンプ ポパイテン

オートキャンプ ポパイテンは、兵庫県にあるキャンプ場です。
大型BBQ施設やコテージなどがあるほか、夜景やホタルも楽しむことが出来、
家族連れから特に人気のあるキャンプ場となっています。
ぜひ一度、ハイエースでキャンプに訪れて頂きたいおすすめスポットです。

白浜フラワーパーク

白浜フラワーパークは、千葉県にあり、東京からおよそ2時間で行ける
自然豊かなキャンプ場です。
房総半島は冬でも比較的温暖なため、季節に左右されにくいのも
人気の理由となっています。
都心からハイエースでキャンプに行く際には、ドライブの距離としてもちょうど良く、おすすめです。

ハイエースのキャンピングカーについて

ハイエースでキャンプに行くのに慣れてきたら、思い切ってハイエースを
キャンピングカーに改造してしまうのもいいですよね!

業者に委託して改造する、自身でカスタムするなど方法は様々ですが、
今は気軽にカスタム出来るパーツがネットなどでも簡単に手に入るため、
自分の手でハイエースをキャンピングカーにする人も多いようです。

そもそもキャンピングカーとして中古で売られているハイエースも
市場に多く出回っています。
価格はピンキリですがおよそ60万円~1000万円前後のようです。

ハイエースをキャンピングカーにカスタムした人の口コミも
いくつかご紹介しておきます。

犬やネコを飼っている人には最適だと思います。ハイエースなら居住性もいいので長時間乗っていても疲れないので、下手なバンガローに泊まるよりいいのではないでしょうか。

出典:http://hiace.hateblo.jp

ハイエースロングは駐車場の問題さえなければお勧めなんですがね。
よく聞くのが旅先の駐車場で、中型?大型車の料金を取られたりするらしい。
今考えると、うちが購入したミドルワイドの3ナンバー車が一番使い勝手がいいんじゃないかなと思う。

出典:http://yobo1129.naturum.ne.jp

ハイエースでキャンプに行く際知っておきたい情報 まとめ

お疲れさまでした!
ここまでハイエースでキャンプに行く際知っておきたい情報について
ご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
今回の情報があなたのお役にたてばうれしいです。

次のお休みにはぜひ、ハイエースでキャンプに行きませんか?

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ