あなたはいくら?免許更新にかかる費用を調べてまとめました

あなたの免許更新はいつですか?免許所持者は3~5年に1度、免許更新が必要です。免許更新の費用が人によって違うって知っていましたか?これを読めば免許更新に必要な費用が丸分かりです!読まないあなたは損をしてしまうかもしれませんよ。

あなたはいつ?免許更新

免許更新が近づいている人はいませんか?
免許更新のタイミングは人によって様々ですよね。
免許更新の費用をご紹介する前に、まずは免許更新のタイミングを整理しておきたいと思います。

免許更新のタイミング

新規に免許証を取得した方は違反の有無によらず、3年後に免許更新となります。

過去に免許更新をしたことがある方は違反の有無と年齢によって異なります。

・違反がない場合
過去5年間無違反かつ危険運転致死傷罪等を犯したことがない方は、次回の免許更新は5年後になります。
免許証には優良運転者を示す「優良」の文字が記載され、有効期間欄の地色がゴールドになります。いわゆるゴールド免許です。

・過去5年間に3点以下の違反1回だけの場合
過去5年間に3点以下の違反が1回だけあった方も5年後に次回の免許更新となります。
ただし免許証に「優良」の文字は記載されず、有効期間欄の地色は青色となります。

・過去5年間に1点以上の違反が2回以上あったか、6点以上の違反があった場合
次回の免許更新は3年後となります。

・70才の場合
過去5年間に違反がないか、3点以下の違反が1回だけの場合は次回の免許更新は4年後です。
過去5年間に1点以上の違反が2回以上あったか、6点以上の違反があった場合は3年後に次回の免許更新となります。

・71才以上の方
違反の有無によらず次回の免許更新は3年後です。

免許更新の費用

いよいよ本題。
免許更新費用についてご紹介します。

優良運転者の免許更新費用:3,000円
一般運転者の免許更新費用:3,300円
違反・初回運転者の免許更新費用:3,850円
高齢者(70歳以上の方)の免許更新費用:2,500円+高齢者講習(2,250円〜5,600円)

なお、免許更新費用は都道府県によって異なる場合があります。
麺高校新費用の詳細は手続き予定の運転免許センター、警察署等でご確認ください。

優良運転者(ゴールド免許)の方は免許更新期間が長いだけでなく、免許更新費用も安いんですね。
免許更新手続きの期間が長く、費用も安いゴールド免許を目指して皆さんも安全運転をこころがけましょう!

免許の更新をわすれてしまったら

万が一、免許更新を行わなかったらどうなるのでしょうか。

免許更新手続きを有効期間内に行わなかった場合、免許証は失効することになります。
ただし、所定の手続きを行うことで免許の再取得が可能となります。

失効後6ヶ月以内

免許失効後6ヶ月以内であれば、所定の講習を受講するだけで保有していた運転免許証を再取得することが出来ます。

必要な費用は「各都道府県・再取得する免許の種別・運転者区分(講習区分)」によって異なりますので、最寄の運転免許センター、警察署等でご確認ください。

なお、失効後6ヶ月以内かつ海外渡航などやむを得ない事情で失効させた場合はゴールド免許を再取得することが出来ますが、それ以外の場合はゴールド免許を引き継ぐことは出来ません。、

失効後6ヶ月超〜1年以内

海外渡航や入院など、特別な理由がなく更新手続きを忘れてしまった場合、失効後6ヶ月超〜1年以内の方は、大型自動車、中型自動車、普通自動車の免許保有者に限り仮免許証が交付されることとなっています。
(学科、技能試験の仮免許試験が免除されます。)

こちらも費用は「各都道府県・再取得する免許の種別・運転者区分(講習区分)」によって異なります。

失効後6ヶ月超〜3年以内

入院や海外渡航などのやむをえない理由で失効後6ヶ月以内に手続きが出来なかった方で、その事情が終わってから1ヶ月以内かつ失効後3年以内であれば運転免許の再取得が可能です。

失効後6ヶ月以内と同様、所定の講習を受講する必要がありますが学科試験や技能試験を受ける必要はありません。

費用は「各都道府県・再取得する免許の種別・運転者区分(講習区分)」によって異なります。

失効後1年超

特別な理由がなく、失効後1年が経過した方は最初から運転免許証を取得しなおす必要があります。

なお、免許失効期間中に運転すると無免許運転となります。
無免許運転は行政処分の対象になりますので注意しましょう!

免許更新以外の手続き費用

免許更新以外にも本籍や住所、紛失による再発行など、運転免許に関する手続きには様々なものがあります。
ここではそんな運転免許に関する手続きに必要な費用をご紹介します。

記載事項変更届の費用

住所、本籍地変更など:無料

運転免許の再交付(再発行)の費用

免許証:3,500円
仮免許証:1,100円

国外運転免許証の申請手続きの費用

国外運転免許証の申請手続き:2,400円

外国免許の切り替え手続きの費用

普通自動車:4,450円
大型/中型自動車免許:,650円
大型/中型/普通二種:6,800円
原付/小型特殊免許:3,750円
その他:5,200円

運転経歴証明書の申請手続きの費用

運転経歴証明書の申請手続き:1,000円程度(各都道府県によって異なります)

免許停止処分者講習の費用

短期講習:12,600円
中期講習:21,000円
長期講習:25,200円

違反者講習の費用

座学と社会参加活動コース:9,950円
座学と実車指導コース:14,100円

初心運転者講習の費用

普通自動車:15,250円
大型自動二輪:19,800円
普通自動二輪:18,750円
原付:10,500円

取消処分者講習の費用

取消処分者講習:30,550円

取得時講習の費用

大型・中型自動車 18,600円
普通自動車:9,800円
大型自動二輪:12,300円
普通自動二輪 :12,000円
原付:4,200円
旅客車:18,600円
応急救護措置:3,900円
応急救護措置(二種):7,800円

免許更新費用のまとめ

免許更新に必要な費用について見てきましたがいかがでしたでしょうか。

持っている免許や年齢によって免許更新の費用が異なることをお分かりいただけたかと思います。
万が一、免許を失効してしまうと再取得に労力と時間、費用がかかりますので、免許更新は忘れずに行いましょう!

免許の有効期限が気になった方!すぐにご自分の免許証をご確認ください!
期限が切れていませんか!?

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ