房総の魅力を味わおう!房総のおすすめドライブスポットをご紹介!

ドライブコースの定番、千葉県・房総半島。アクアラインを使えば東京から1時間程で行けるのも魅力です。見どころあり、美味しいものありの房総半島で思いっきり遊びましょう!ということで今回は房総のおすすめドライブスポットををご紹介します!

房総半島って?

房総のオススメドライブをご紹介する前に少し房総半島についてご紹介していきたいと思います!

房総半島

房総半島(ぼうそうはんとう)は、関東地方の南東部、太平洋に面した半島。千葉県の大部分を占めています。

東部は九十九里浜が延び、九十九里平野が広がり犬吠埼が最東端。南部は房総丘陵が広がり、南房総国定公園に指定されており、最南端は野島崎です。気候は温暖な太平洋側気候を呈しており、特に南房総と呼ばれる半島南部は、菜の花で有名な観光地帯となっています!なお、東京湾側を内房(うちぼう)、太平洋側を外房(そとぼう)ということもあります。

「房総」という地名は、令制国の安房国と上総国と下総国の三国にまたがることに由来しています。現在の千葉県と茨城県の間に「古鬼怒湾」があり、ほとんど「島」の状態であったのは、それほど古いことではないそうです。

チーバくん

千葉県のゆるキャラです!横を向くと房総半島の形をしているそうで、国体のキャラから昇格して県のキャラになりました^^

房総のおすすめドライブ:春

軽やかな春風とともに南房総の岬めぐりと内房の絶景を堪能する「春のお手軽房総ドライブ」はいかがですか?内房なぎさライン(R127)沿いから眼下に広がる海の風景は、旅情豊かな気分にさせてくれます。ロマンチックな雰囲気を味わう小旅行へ行きましょう!

房総のドライブスポット①:富津岬(富津公園)

・住所:富津市富津2280
・アクセス:館山自動車道「木更津南IC」で降り、富津方面へ直進、国道16号線を富津方面へ左折、新井交差点を右折し約3分。館山自動車道「市原SA」より約40分。

房総のドライブ 富津岬

東京湾の潮風かおる緑の半島。海をバックに、緑のアウトドアフィールドが広がる「遊び」いっぱいの公園です。岬の先端にある「明治百年記念展望塔」からは、三浦半島はじめ、遠く富士山まで見ることも!一年を通して楽しめるウォーター・パークも併設しているほか「野外劇場」「キャンプ場」、「テニスコート」まで整っています。

房総のドライブスポット②:東京湾観音

・住所:千葉県富津市小久保1588
・アクセス:館山自動車道富津中央ICから5分

房総のドライブ 東京湾観音

東京湾を一望できる南房総国定公園(大坪山)に建つ高さ56mの救世観音です。平和祈念と戦没者の慰霊を目的として建てられました。天上界(展望所)までの324段の道のりをゆっくりと拝観しながら歩いて頂ければ、東京湾の絶景や、天候に恵まれた日には富士山や美しい夕焼けも一望できます。

房総のドライブスポット③:金谷美術館

・住所:千葉県富津市金谷2146-1
・アクセス:館山自動車道 金谷ICから3分

房総のドライブ 金谷美術館

古くから金谷は鋸山から切り出される房州石(金谷石)の産地として栄え、また小林一茶など多くの文人墨客が訪れた歴史があるまち。「石と芸術のまち」として親しまれており、別館の房州石を使った「石蔵」は、国の登録有形文化財に指定されています。

房総のドライブスポット④:大房岬

・住所:南房総市富浦町多田良1212-29
・アクセス:館山道から富浦I.C

房総のドライブ 大房岬

岬自体が、南房総国定公園の自然公園となっており、運動公園やビジターセンター、野鳥の森、遊歩道、天然磯、展望台、キャンプ場、少年自然の家、ホテルなど様々な施設があり、様々なレジャーシーンにご利用いただけます。

房総のおすすめドライブ:夏

房総ならではの、まぶしく輝く日差しと鮮やかな初夏の緑を十分に満喫したら、雄大な太平洋を眺めながら疾走できる外房黒潮ライン(R128)で、水面の美しい海岸線を走るシーサイドドライブに出かけよう!房総半島の内房と外房、両エリアの自然に囲まれながら景色や風を感じてみてはいかがですか?

房総のドライブスポット①:房総四季の蔵

・住所:千葉県君津市三直170-1
・アクセス:館山道君津I.C左折、次の交差点右折すぐ

房総のドライブ 房総四季の蔵

房総・千葉の観光ドライブにおすすめの、南房総特産のお土産品ショッピングモール。房総地場の新鮮な海の幸・自慢の料理・和風レストランやおみやげ処が5,000坪の広大なスペースに勢揃い!新鮮な魚介や干物、房総の特産品、農産物などが豊富に揃います。地下150mから湧き出た鉄分豊富な天然水を使用した足湯も人気^^

房総のドライブスポット②:麻綿原高原

・住所:夷隅郡大多喜町筒森1749
・アクセス:市原I.Cから約48km・約1時間45分

房総のドライブ 麻綿原高原

清澄山系の北部、標高340m付近に広がる高原。眼下に九十九谷を一望できる人気のハイキングコースです。5万株以上のアジサイが見られる名所として、7月上旬~下旬の開花時期には大勢の花見客やハイカーが訪れます。高原の中心部に位置する妙法生寺の境内にあたる天拝園アジサイの大群落は必見です。

房総のドライブスポット③:鴨川オーシャンパーク

・住所:鴨川市江見太夫崎22
・アクセス:都心よりアクアライン経由東関東自動車道「館山線」君津ICから、鴨川有料道路経由国道128号線を館山方面へ

房総のドライブ 鴨川オーシャンパーク

豊かな自然や温暖な気候に育まれた鴨川の魅力である「海」と「花」を基本テーマにしています。ここは、訪れる人々に憩いとやすらぎのひとときをつくる観光拠点を目指すとともに、地場産業や文化、芸術分野との連携を図ることで地域の総合的な活性化と交流の場を目的とした海浜型リゾートパークです。

房総のおすすめドライブスポット:秋

古くから房総半島は歴史の宝庫といわれ、多くの神々が宿る地と言い伝えられており、それを祭った遺跡や神社、寺、仏閣が点在しています。それら史跡は、現在では、パワースポットと言われ多くの方々が訪れています。空気が澄みきった秋空の下、美しい紅葉&パワースポットめぐりで、大自然に癒されて&いにしえの歴史に思いを馳せてみてはいかがですか?

房総のドライブスポット①:笠森観音

・住所:千葉県長生郡長南町笠森302
・アクセス:「茂原長南IC」より5km 約7分

房総のドライブ 笠森観音

日本唯一の『四方懸造り(しほうかけづくり)』の観音堂は、国の重要文化財に指定されており、「坂東三十三観音札所」の第三十一番札所でもあります。ご利益は、家内安全、 商売繁盛、 祈願全般。

房総のドライブスポット②:養老渓谷

・住所:千葉県夷隅郡大多喜町
・アクセス:アクアラインより圏央道「木更津東IC」より約19km 約25分

房総のドライブ 養老渓谷

例年11月中旬頃からはじまる紅葉は、関東では最も遅めになり、“移ろう秋”を長い時間楽しむことができます。そろそろ露天風呂から上る湯煙も白くなりはじめ、温泉もいっそう効果を増してくる、ちょっとレトロな養老渓谷温泉郷もおすすめ。

房総のドライブスポット③:久留里城跡

・住所:千葉県君津市久留里字内山
・アクセス:館山自動車道「姉崎袖ヶ浦」ICより車30分

房総のドライブ 久留里城跡

房総の名城といわれた久留里城。山城のため、本丸へはきつい坂道が続きます。天守閣に上ると、上総の山々を見渡せます。久留里城は、房総半島の中・近世城郭の代表格として、また周囲に残る数々の遺構は貴重な資料として、往時の面影を今に伝えています。

房総のドライブスポット④:亀山湖畔

・住所:千葉県君津市川俣旧川俣8
・アクセス:圏央道木更津東ICから国道465号経由約30分

房総のドライブ 亀山湖畔

亀山湖は、千葉県最大のダム湖であり、房総の2大紅葉ポイント。関東でも珍しい湖上クルージングで真紅に染まった紅葉の観賞を行なえます。風の無い晴れた日には湖面に色づいた木々が映りこみ、湖が紅く色づく様が楽しめます!

房総のおすすめドライブスポット:冬

冬(早春)、ひとあし早い房総の春を先取りしましょう!温暖な黒潮に恵まれた房総半島は、とりわけ冬は暖かいのが大きな魅力です。“冬知らず”と言われる南房総は、12月になると、季節をひと足もふた足も先取りして、春の花が咲き始めるほどになります。特に房総フラワーライン(R410)の沿道は、1月から菜の花やポピー、キンセンカなど春の花が咲き誇り、青い海と色とりどりの花々のコントラストが、旅する人を出迎え、車窓風景に彩りを添えてくれます。

房総のドライブスポット①:水仙ロード

・住所:千葉県安房郡鋸南町江月地区
・アクセス:館山自動車道・富津館山道を利用し、鋸南保田IC下車

房総のドライブ 水仙ロード

鋸南町は、水仙の日本3大群生地の一つに挙げられ、江戸の頃から元名水仙として船で江戸に運ばれていたといわれます。毎年12月から1月下旬ごろまで、鋸南町江月地区の町道の両側約3kmに白い水仙の花が咲き乱れます。暖かい春の陽の光の下で風が弱い日はには、可憐な花がほのかな香りを漂わせます。

房総のドライブスポット②:館山ファミリーパーク

・住所:千葉県館山市布沼1210
・アクセス:館山自動車道富浦ICから国道127号経由17km

房総のドライブ 館山ファミリーパーク

敷地40,000坪の広大なパーク内は、春には関東最大級80,000株ものポピー畑がお目見えします。他にも、季節のお花摘みを始め、パークゴルフやパターゴルフ、釣りに体験工房、スポーツやバーベキューなど盛りだくさん!

房総のドライブスポット③:ローズマリー公園

・住所:千葉県南房総市白子1501
・アクセス:富浦ICから館山へ。国道128号線で約20分

記事番号:12307/アイテムID:339494の画像

房総のドライブ ローズマリー公園

イギリスの雰囲気を味わえる、文豪シェイクスピアの時代と作品に触れられる公園です。シェイクスピア・カントリー・パーク、ローズマリーガーデン、リバーサイドプラザの3つの公園を中心に、交流体験施設や、農産物直売所などが併設。ハーブの香りと四季折々の草花と戯れる異国情緒あふれる気分を味わえます。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ