アルトワークスをカスタムして人は違うアルトワークスをつくろう!

人気のアルトワークスをカスタムしてさらにカッコ良くしよう!今回アルトワークスのカスタムパーツなどを紹介していきますので、カスタムに興味がある方は是非参考にアルトワークスをカスタムしてみてはいかがでしょうか?きっとカッコ良いアルトワークスになる事間違いナシです!

スポーティな軽自動車のアルトワークスですが、アルトワークスってどんなクルマ?

アルトワークスのカスタムの紹介をする前に、まずはじめにアルトワークスとは一体どんなクルマなのかを紹介したいと思います。

アルトワークスとは

アルトターボRSをベースに、クルマを操る楽しさを追求し、さらに走りを磨き上げた軽ホットハッチを目指した「アルトワークス」。660cc 水冷直列3気筒インタークーラーターボを搭載し、新たに専用開発したショートストロークの5速マニュアルトランスミッションと専用チューニングの5速オートギヤシフト(5AGS)を設定。

出典:http://www.goo-net.com

そんなスポーティな軽自動アルトワークスですが、いったいどのようなカスタム方法があるのでしょうか?

今回はそんなアルトワークスのカスタムについて紹介していきますので、アルトワークスのカスタムを検討中の方やご興味のある方は是非参考にしてみてください。

ではアルトワークスのカスタムについてご紹介していきたいと思います。

アルトワークス【外装のカスタム】

アルトワークス カスタム方法【ローダウン】

カッコ良くアルトワークスをカスタムするならこのローダウンは最低限必要となります。

まずはじめのカスタムとして紹介するカスタムがこのローダウン。

そもそもローダウンとは何か?

ローダウンとは車高を下げるというカスタムのことを言うのだが、アルトワークスに限らずクルマをカスタムする中で基本となるカスタムなので、しっかりと押さえておきたいポイントです。

【ローダウン方法として主に3種類ある】

その方法が「ダウンサス」「車高調」「エアサス」という3つの方法です。

アルトワークス カスタムパーツ【ダウンサス】

車高を落とすカスタムで、もっとも手軽に楽しめるのがこのダウンサスでのローダウン方法。

純正のスプリングを交換するだけで車高が下がり、値段も比較的低価格なので初心者の方にもおすすめなカスタムパーツと言えるでしょう。

ただ、メーカーの定めるダウン量しか車高が下がらないので、装着の際は各メーカー毎ダウン量が違うのでダウン量をしっかり調べておく必要があります。

また、ダウンサスは装着してから年月が経つと、バネが徐々にへたってきて乗り心地も悪くなる原因となるのでそこも注意が必要です。

アルトワークス カスタムパーツ【車高調】

次は車高調というカスタムパーツを使用してのローダウン方法。

車高調はメーカーの推奨範囲内であれば自分の好きな位置まで車高の高さが調整でき、乗り心地も固めやわらかめなども調整が可能となるとても優れものなカスタムパーツとなります。

車高を低くしたまま走行可能なので、極低車高のまま走行したいという方は車高調の装着がオススメです。

ちなみにもっとも人気があるのがこの車高調によるローダウン方法です。

また、多くアルトワークスのカスタムオーナも愛用しているパーツです。

車高調の価格としてはダウンサスに比べて高くなります。

アルトワークス カスタムパーツ【エアサス】

最後はこちらのエアサス。

バネのところがエアバックになっており、エアバックに空気が入ることで車高が上がり、逆に空気を抜くと車高が下がるという仕組みになっています。

また、エアサスは瞬時に車高を上げ下げ出来るので、走行中思わぬ段差があった場合など、スイッチひとつで車高を上げることが出来るので思わぬ段差を瞬時に回避出来るので、とても魅力的であります。

ただエアサスは値段がかなり高額となるので、じっくりと検討してみてください。

以上、アルトワークスの外装カスタムの基本となるローダウン方法でした。

ローダウン方法などで価格も大幅に変わってくるので、ご自身のクルマの使用条件や用途などで、ご自身にあったローダウン方法で自分らしいアルトワークスにしていっていただければと思います。

アルトワークス カスタムパーツ【アルミホイール】

車高がカッコ良く決まったところで、次にカスタムしたいのがやはりアルミホール。

ホイールをカスタムするだけで、アルトワークスの全体のイメージが大きく変化します!

ただ、アルトワークスのホイールをカスタムする際に適合するアルミホイールは、4本で数万円〜ウン十万円などと幅広く展開しているので、購入前には必ず適合の確認をしてくださいね。

アルトワークス カスタムパーツ【エアロパーツ】

続いて外装カスタムに欠かせないのがこのエアロパーツ!

エアロとは、主に「ハーフタイプ」「フルバンパータイプ」の2パターンあり、特にフルバンパータイプはアルトワークスの印象がガラッと変わります。

アルトワークスのエアロも様々なデザインがリリースされているので、人とは違ったアルトワークスにカスタムしたい方はエアロパーツの装着をオススメします。

アルトワークス カスタムパーツ【マフラー】

こちらもカスタムの定番はマフラー。

アルトワークスの純正のマフラーに飽きてきた人は、アルトワークスのマフラーをカスタムすることで気分も一新出来るかもしれません。

ただ、アルトワークスのマフラーを購入する際、リアバンパーにマフラーが当たらないか等の確認する必要があるので、購入前には必ずマフラーメーカーなどに確認することをオススメします!

アルトワークス【内装のカスタム】

続いては自分好みのアルトワークスの空間を作る為に必要な内装カスタム。

アルトワークスの内装カスタムパーツも色々とリリースされているので、アルトワークスの内装カスタムのワンステップをご紹介します。

アルトワークス カスタムパーツ【インテリアパネル】

こだわりを持ってカスタムするのが、こちらのパネル部分。

落ち着いたイメージの黒パネルから、木目調や黒木目調などと幅広いデザインへとカスタムが可能となっていので自分のお好みのインテリアパネルを見つけ出してください。

アルトワークスらしさは保ったままにしたい!という人はまずワンステップとしてパネルのカスタムから始めてみてはいかがでしょうか?

アルトワークス カスタムパーツ【シートカバー】

カッコ良くインテリアパネルが決まったところで次はシートのカスタムです。

アルトワークスのシートに被せるだけのシートカバーは様々な色、デザインと豊富に販売されているので、お気に入りのアルトワークス用シートカバーを見つけて是非イメチェンしてみてください。

ただ、ご自身で実際シートカバーを取り付ける時は結構チカラがいるので出来れば2人以上で作業する事をオススメします。

アルトワークスをカスタムしたいけど気になる価格は一体?

これまで様々な外装カスタムやアルミホイールなどを紹介したように、パーツの価格も低価格なものから高価格なものまで幅広く展開していることが多いようです。

アルトワークス【内装カスタム価格】

記事番号:12468/アイテムID:344235の画像

インテリアパネルやスピーカー類、LEDルームランプやブレーキカバーなどのカスタムは1万円以上〜になっているようです。

アルトワークス【外装カスタム 価格】

エアロパーツや車高調などの足回り、アルミホイールやマフラーなどのカスタムは1万円前後〜数十万円と価格の幅は広いです。

こうして見てみるとアルトワークスをカスタムするにはそれなりの資金が必要となってくるのがわかります。

そんな中、自分なりにとアルトワークスのカスタムを楽しんでいるオーナーさんは実際どうなんだろう?

ではここでアルトワークスのカスタムオーナーさんの声を紹介します。

アルトワークスをカスタムしているオーナーさんの声!

・アルトワークスは結構個性的なので、目立つようにカスタムしてます。

・迫力あるアルトワークスを目指します!

・アルトワークスのパーツは正直多いとは言えませんが、無いパーツは自分で作ったりと結構カスタムを楽しめるクルマです。

というような感じで、アルトワークスのオーナーさんそれぞれが自分なりのカスタムを楽しんでいる様子です!

最後にアルトワークスのカスタムとは

いかがでしたでしょうか?

今回紹介したように、アルトワークスのカスタムと言ってもカスタム方法は様々です。
ですのでまずはワンステップとして内装のパネルのカスタムなどから挑戦してみることをオススメ致します!

また、カスタムで一番大事なことは楽しむことです。
決して無理をせず、自分のぺースでカスタムを楽しんで、自分好みのカッコ良いアルトワークスに仕上げてください。

そしてこれはアルトワークスに限らずクルマをカスタムする際は違法改造にならないように気を付けてくださいね!!

それでは楽しいアルトワークス、カスタムライフを送ってください!!

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ