バイクだったらオービスが光っても大丈夫!そう思っていませんか?

高速道路や一般道路に設置されている自動速度違反取締装置、オービス。車はともかく、バイクならが検挙されないと思っているライダーが多いようです。実際はどうなのでしょうか?気になる「オービスでバイクは捕まるのか?」を検証してみました。

オービスについて少しおさらい。

皆さんよくご存知の、オービスこと自動速度違反取締装置。

記事番号:12571/アイテムID:346875の画像

出典:http://rjq.jp

オービスとは

オービスとは、道路を走行する車両の速度違反を自動的に取り締まる装置のこと。

現在、オービスには大きく分けて5つの種類があります。

  ① レーダー式オービス
  ② ループコイル式オービス
  ③ Hシステム
  ④ LHシステム
  ⑤ 移動式オービス

オービス:Hシステム

国内で一番多く設置されているHシステム。

レーダーで速度を検知し、前方のカメラで、車のナンバー、ドライバーの顔を撮影します。撮影されたデジタル映像は、直ちに管理センターに転送されます。

種類によって、仕組みは多少異なりますが、
走行中の車両のスピードを検知する→速度違反をしていたら写真を撮る
という流れは共通しています。

オービスで捕まるのはどんな車・バイク?

では具体的に、どんな車やバイクがオービスで捕まってしまうのでしょうか?

基本的には赤切符の違反のみを取締対象とし、一般道路では30km/h以上、高速道路では40km/h以上の速度超過で撮影される(ただし、各都道府県によってはしきい値を変動させている場合もある)。

出典:https://ja.wikipedia.org

ーWikipedia「自動速度違反取締装置」より

オービスでバイクは捕まるか?

埼玉県で実験的に導入されているオービス。

この埼玉のオービスは、高速道路ではなく、制限速度30kmの「ゾーン30」に導入されました。生活道路上の自動車やバイクの速度違反をしっかりと取り締まります。

思った以上にスピードが・・・

バイクの性能向上に伴い、小さなバイクでもかなりのスピードが簡単に出せるようになっています。気がつかないうちにスピード違反をしてしまっているケースが多いので注意しましょう。

オービスでバイクは捕まらない!派のご意見。

それでは本題の「オービスでバイクは捕まるのか?」を検証してみましょう。

大多数のライダーが、オービスでバイクは捕まらない(捕まりにくい)と考えています。

オービス:LHシステム

カメラの位置にご注目。
車両の前方から、ナンバー、ドライバーを撮影します。

その理由としては・・・

オービスでバイクは捕まるか?

バイクはナンバープレートが後方にしか無い。

バイクの場合はフロント部分に車両と所有者を特定できるナンバープレートがないため悪質(例えば何回も同じ場所でピースサインをしながら撮影されるなど挑発的な行為)な行為をしなければ警察署から呼び出しのハガキがくることはないよ。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

ーYahoo知恵袋での回答より

オービスでバイクは捕まるか?

フルフェイスヘルメットでは顔がよく分からない。

オービスで検挙するには、車両特定のためのナンバー写真、運転者特定のための顔写真が必要です。ナンバーが後ろにあり、フルフェイスのヘルメットをかぶっているオービスは検挙できません。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

ーYahoo知恵袋での回答より

バイクのナンバーを撮影するために後方撮影タイプのオービスしか対応できません。そして、後方撮影タイプのオービスは首都高と九州道にしか設置されていません。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

ーYahoo知恵袋での回答より

このような理由から、オービスでバイクが捕まることは難しいという意見が多くありました。
実際に、数回オービスに写真を撮られたが、通知が来たことは一度も無いというライダーも多いようです。

ただし、オービスでバイクは捕まらない!派の方でも・・・

ETCの監視カメラ

今はETCや自動発券機が普及している為 基本無人なので当然カメラが設置されています! その為にオービスに写った貴方のバイクとETCや自動発券機のカメラに写ったデータを照合すれば……。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

特に高速道路では、捕まる可能性も無きにしもあらず、といったところでしょうか?

オービスでバイクが捕まっていました!

まずは、2015年9月8日付の産経Westの記事をご紹介します。

オートバイでスピード違反を繰り返し、速度違反自動取締装置(オービス)に4カ月間で18回撮影されたとして、大阪府警交通指導課などは8日、道交法違反(速度超過)容疑で、大阪府豊中市旭丘のトラック運転手、吉本有輝容疑者(22)を逮捕した。

 府警によると、オービスの画像を解析して車種を割り出し、違反が集中していた平日の早朝に周辺を張り込みナンバーを確認。尾行して勤務先を特定した。

 吉本容疑者は「オービスが光ったことは分かっていたが、バイクは後部にしかナンバーが付いていないので、捕まらないと思った」と供述しているという。

 逮捕容疑は4月23日~8月29日、大阪府吹田市の府道で18回にわたり、制限速度の時速60キロを上回る97~110キロで走行したとしている。

出典:http://www.sankei.com

ー「オービス撮影18回…速度超過常習のオートバイ男逮捕 張り込み、尾行で特定」より

オービスでバイクは捕まるか?

実際に、罰金を通り越して、逮捕者が出ているケースが・・・

2007年にも鹿児島市の女子大学院生がバイクでのスピード違反を27回繰り返し、逮捕されています。この女子大学院生も、「(オービスに撮影されていたけど)バイクなので大丈夫だと思っていた」と供述しています。
 

オービスでバイクは捕まるか?

2012年には、京都のオービスを速度違反で通過したオートバイの男が、39kmオーバーで京都府警に逮捕されています。

オービスでバイクは捕まるか?

速度違反自動取締装置(オービス)を通過した後に加速するドライバーを、 その先に目立たないように設けた移動式オービスで捕捉する新しい取締り方法「Wオービス」。

この取締り方法なら、バイクでのスピード違反も見つかってしまいますね。

結論としては、

オービスのシステムそれ自体ではバイクやライダーの特定は難しい。
しかし特に悪質なスピード違反の場合、撮影画像の分析や聞き込み・張り込み捜査などから捕まる可能性はある。

ということになります。

スピード違反にはくれぐれもご注意を。

安全運転で、快適なバイクライフを。

いかがでしたか?

今回は、オービスでバイクのスピード違反が捕まるかどうかを調べてみました。
どちらにしても、スピード違反をしないに越したことはありませんね。
どうぞこれからも安全運転で、バイクライフを楽しんでください。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ