車を買おうか考え中の人必見!!タントのグレードを比較します

ダイハツのタント、売れているって聞いてるけど、実は2014年の軽四輪の販売台数No.1なんです。タントの購入を考えていてもグレードの違いってよくわからないという人必見!!タントのグレードを比較します。これを見て、どれを買おうかを考えてみてはいかがでしょうか

タントってどんな車なの?

タントという車とは

ダイハツのタントって名前は聞いたことあるけど、形が思い出せない人のために

タントを、街でよく見かける、ご近所さんも乗ってたという人はいませんか?
実は2014年度軽四輪の販売台数がNo.1なのです。
日本で1番売れた軽自動車ということになります。

ダイハツのタントはターゲットを子育て中の家族としていますが、
広い車内と使い勝手の良い機能は幅広い世代の方から愛されています。

タントの特に素晴らしい機能を紹介します。
ミラクルオープンドアとは、助手席と後部座席のドアをつなぐ、柱をドアに埋め込んだことによって、開口部がひろびろで、車内への乗り降りがしやすい、また大きい荷物を購入した時や、子供を乗せるときにも広々使えるので、便利です。

車内を全部開放すると、こんなに広々としています。
助手席は荷物置きとして活用し、後部座席を子供のためにひろびろ使用!

赤ちゃんでなくても幼児やお年寄りも乗り降りが簡単です。

助手席スライドによって、広い床面が登場します。子供の車内でのおむつ替えや、着替えも窮屈にならずにおこなえ、ベビーカーもたたまずにそのまま乗せられます。

いちいち折りたたんだり、広げたりが面倒くさい、ベビーカーもこの通り、広げたままです。
助手席をスライドすることによって、乗せられます。
これだと買い物やお出かけの時はすぐに出かけられるので、便利です。

グレードによって装備がつくタイプと着かないタイプがあるのですが、
便利な装備としてリモコン一つでドアの開閉が行える、ワンタッチパワースライドドアです。
これで重たい荷物の買い物や、子供連れ、雨の日だって楽ちんです。

タントの車を買いたいが、でもどのグレードがあるのかわからないという人必見!!

車を購入するときは、どういう機能があるのか、どのグレードというわれると
ちんぷんかんぷんになりますよね

これからタントのグレードをグレード別に紹介していきましょう

タントのグレード Lタイプ

タントのグレード比較 「Lタイプ」です。
グレードとしては、一番下のグレードです。ローコストのタイプです。

Lタイプは、コストを下げるという点を重視しています。
ついている機能としては、電動格納式のドアミラーと、マニュアルエアコン(ダイヤル式)、キーレスエントリーです。

標準タイプはXのグレードになるので、Xタイプほどの機能がいらないという人にはLタイプのグレードはいかがでしょうか。
車は乗れればいい、複数台持つからこだわりがない、これから自分の手を加えるという人には最低限乗れる機能がついているので、十分だと思います。

タントのグレード Xタイプ

タントのグレード比較 「Xタイプ」です。
グレードとしては、標準的なグレードです。

Xタイプのついている機能としては、左側パワースライドドアと、チルトステアリング、運転席シートリフター、室内付きのリヤアンダーミラーとプッシュボタンスタート、キーフリーで連動するオート格納式のドアミラー、キーフリーシステム、プッシュ式のオートエアコンとなっています。

パワースライドドアはこのグレードから、ドアを開けるときに小さな力で開閉ができると便利です。左側のみです。

プッシュボタンスタートとキーフリーシステムで、キーをポケットや荷物の中に入れておくだけでドアのかぎの開閉からエンジン始動までスムーズに行えます。

オートエアコンは、プッシュ式のため操作がしやすいです。

ドアミラーがキーと連動しているので、キーを閉めるとドアミラーも閉まる
ドアミラーが自動で格納するので、車と車の間が狭い時でも安心。

タントのグレード Xターボタイプ

タントのグレード比較 「X ターボタイプ」です。
機能としては、Xのグレードとほぼ同じなのですが、
もっと車を走らせたいという人にはこちらがおススメです。

Xターボタイプは、基本的な機能としては、Xタイプと同じなのですが、
違う点としては、ターボエンジンが搭載されていて、力強い加速でドライブできる。

男性や車好きな人にとって魅力的なターボエンジン
それがついているというだけでも違いはありますね。

その他の違いとしては、メッキフロントグリルとハロゲンフォグランプです。

タントのグレード Gタイプ

タントのグレード比較 「Gタイプ」です。
タントの中でのハイグレードのタイプです。

最も大きい点は両側パワースライドドアです。
スライドドアは便利なのですが、子供やお年寄りが動かすには重いとう人にも安心!
重たい荷物や子供連れでも楽にドアを開閉できますね。
指先でスライドドアを楽に開けることができます。

メッキフリントグリルとドアミラーターンランプ、アルミホイールのタイヤもGクラスのみとなります。

タントのグレード比較についてのまとめ

いかがでしたでしょうか、タントのグレードを比較しました。
さまざまな装備をかけると、車での移動は快適になること間違いないなしですが、
あまり車を乗る必要がないという人にはLタイプでも十分ドライブは楽しめます。

実際にタントのLタイプに乗っていて、不便だなというところもありますが、
乗ってしまえば、気になりません。

「車はお金がかかる!」と敬遠する人もいますが、家計に優しい「軽自動車」はオススメ。普通車よりも、税金、保険、高速料金が安く、また燃費もいい!

これまでのタントは車内が狭い、乗り心地が良くないといったイメージがありましたが、最近のタントはかなり進化しています。ご紹介したタントの広さや乗り心地が気になる方は、一度販売店で体験乗車されてはいかがでしょうか?

この記事を読まれて、タントのグレードの違いが分かった、このグレードのタントを購入したいと思う人の参考になればと思います。

タントのグレード比較についてでした。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ