通常とは違う?大事な新車のオイル交換は、ちょっと特別だった!

自動車のオイル交換。どの位の頻度でオイル交換していますか?ノンターボで10,000km、早いと3,000km、と言う人も。でも、新車の場合はちょっと違うんです。なぜ新車のオイル交換は、通常とは違うのでしょうか?今回は、新車のオイル交換について調べてみました。

オイル交換って?

車を持っているれば、必ず耳にする言葉『オイル交換』。オイル交換とは、そもそもどのような事なのでしょうか?

新車のオイル交換

オイル交換=エンジンオイルの交換

オイル交換とは、一般にはエンジンオイルの交換の事を指します。
エンジンオイルは、エンジンの中を循環しています。実は、このエンジンオイルには5つの大事な役割があるんです。

新車のオイル交換

エンジンオイルの役割

エンジンオイルの役割と言えば、まず『潤滑』です。ピストンやクランクシャフトなど、様々な金属が高速回転しているエンジン内部。金属同士の摩擦を軽減し、焼き付きを防ぐために、エンジンオイルは油膜を作り、潤滑します。

また、エンジンオイルは、燃焼や高速回転などで生じる汚れを吸着し、一か所に溜まらない様に分散させる『洗浄』の役割もあります。汚れが一か所に溜まってしまうと、エンジン性能が低下します。その為、エンジンオイルがエンジン内部を洗浄しています。

そして燃焼や摩擦により、超高温になるエンジン内部の熱を吸収する『冷却』の役割も。熱を吸収したエンジンオイルは、オイルパンに戻り、再び冷やされます。

更に、ピストン運動に必要な為、わずかな隙間の空いているシリンダーとピストンの間を塞ぐ『密封』の役割もあります。この隙間が無いと、ピストン運動ができないのですが、一方でせっかく作ったエネルギーが、その隙間から逃げてしまうことも事実です。ピストン運動を維持させ、かつエネルギーをロスさせない為に、エンジンオイルでこの隙間を塞ぎ、密封しています。

最後の役割は、『防錆』です。高温になるエンジン内は、外気温との差により水分が発生しやすくなっています。水分が発生すると、当然錆の心配もありますね。エンジンオイルは、この錆の発生を防ぐ役割もあります。

オイル交換をしないと、エンジンがこんなことに!

この様に、エンジンオイルは車の心臓であるエンジン内を巡る、血液とも言える存在。重要な役割を担っているだけに、エンジンオイルは劣化し、また汚れていきます。
その為、一定期間使用したエンジンオイルは、定期的に交換する必要があるんですね!

古いオイルと新しオイル

新車のオイル交換、何が違う?

ある程度距離を走った車と、ピカピカの新車。この2種類の車のオイル交換は、何が違うのでしょうか?
ある程度の距離を走った車のオイル交換は、エンジン内で役割を果たしたオイルを新しいものに交換します。オイル交換したばかりの時と、オイル交換間近の時では、それぞれのオイルの色の違いは明確ですね。

新車のオイル交換

少し鉄粉などがキラキラしています。

一方、新車のオイル交換は、通常よりも短いスパンで行われます。なぜでしょうか?
ある程度使い込んだ車のエンジン内は、それぞれの部品が馴染んでいます。今は技術が向上し、新車の時に昔のようなスラッジは出なくなったそうですが、全く出ない訳ではありません。
また新車のオイルにはモリブデンなどの添加物が入っているので、少し前のような走行距離1,000kmで交換、と言う人は少数派のようです。それでも、部品同士が馴染むまでにはスラッジが出るので、通常よりは短いスパンでオイル交換、と言うことになるんですね。

新車のオイル交換。目安はいつ頃?

実は、この新車の初回オイル交換の時期については、考え方が様々!やはり500km、1,000kmで交換!と言う人もいれば、5,000kmまで必要ない!と言う人も。
以前の様に新車を買ったら1,000kmでオイル交換、と言う常識が変わりつつある今、新車のオイル交換は、いつ行うのが良いのでしょうか?

記事番号:13676/アイテムID:383023の画像

新車のオイル交換は、だいたい6か月後!

新車のオイル交換は、ディーラーの指示通りで問題ないようです。それが、新車購入からおよそ半年後の6か月点検時。走行距離で言うと、3,000km~5,000kmが目安です。
1か月点検でオイル交換を頼んでも、ディーラーで断られてしまうことも多いようです。

新車のオイル交換

目安は3,000km~5,000km、もしくは半年後です。

新車の場合はオイルにモリブデンなどの特殊な潤滑剤が入っているので、走行距離が5000キロ程度に達するか交換時期が来るまでは使い続けた方が良いと説明してくれました。

出典:http://www.harpswellfestival.org

整備士の方からのアドバイスだそうです。

以前より、新車でのスラッジが出にくくなったこと、また、まだ使えるオイルを交換することは、無駄な廃油を出すことにも繋がるので、新車購入時のオイル交換は、上記の期間、距離が目安になっているようです。

新車を買ったら、慣らし運転は必要?

新車の初回オイル交換と同時に気になるのが、新車の慣らし運転。以前は、説明書に新車の慣らし運転についての記載があったのですが、現在は記載がありません。
しかし、記載が無くなったからと言って、新車での慣らし運転が全く必要ない、ということでも無さそうです。

新車の慣らし運転を丁寧に行う場合は、走行距離に合わせて、段階的に回転数を上げていく方法があります。
また、普段の通勤や買い物に車を使う程度なら、1,000kmほどをゆっくり走れば問題ないようです。

慣らし運転も大切ですね。

慣らし運転も、初回オイル交換同様、人によって意見は様々です。例えば、エンジンだけなら性能が上がっているので慣らしは不要、と言う考え方もありますが、タイヤやギアも慣らし運転が必要な箇所。慣らし運転はなるべくした方が良いと言えますね。

新車のオイル交換いかがでしたか?

新車のオイル交換について、ご紹介してきましたが、いかがでしたか?せっかく買った新車。適切な時期にオイル交換をして、いつまでもエンジンを良い状態で保ちたいですね。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ