歴代フェラーリを豊富にラインナップ!マテルのミニカーを紹介

マテルは一大ミニカーブランド、ホットウィールシリーズを販売している会社です。マテルは最近までフェラーリのミニカーを独占販売していたため、歴代モデルを数多く生産していました。そんなマテルのフェラーリ、どのようなものがあるのか紹介してみましょう。

フェラーリミニカーを製造するマテル内ブランド・ホットウィール

マテルのフェラーリを説明する前に、まずはホットウィールの説明をする必要があります。

マテル フェラーリ

ホットウィールはフェラーリをはじめ、さまざまなモデルを販売するマテルのミニカーブランドです。

ホットウィールとはかつてフェラーリミニカーを独占販売していたマテル社のブランド名です。マテルのフェラーリとはイコールホットウィールのフェラーリでもあります。マテルが会社名で、マテルが販売するミニカーのブランド名がホットウィール、ということです。

記事番号:14450/アイテムID:404081の画像

マテル ホットウィール

マテルを代表するミニカーブランド、ホットウィールのミニカー

ホットウィール (英語: Hot Wheels) は、アメリカの玩具メーカーマテルのミニカーブランド。アメリカのマテルが1968年9月7日に発表した亜鉛合金製ダイカスト成形のミニカーのシリーズである。高速ホイールを履いた3インチサイズのモデルを中心に1/18スケールや1/43スケールの製品が存在する。ホットウィールのロゴは当時マテルに在籍していたカリフォルニアのアーティスト リック・アイアンズ (Rick Irons ) が手掛けたものである。

出典:https://ja.wikipedia.org

ホットウィールは玩具のミニカーから大人がコレクションする精密な43分の1や18分の1スケールのミニカーもラインナップしています。

マテル フェラーリ

実車のスタイルを忠実に再現した高級ミニカーも豊富にラインナップするマテル

マテル フェラーリ PART1

最近までフェラーリとライセンス使用の独占契約を結んでいた海外のミニカーブランド、マテル。これまでどのようなフェラーリのミニカーを生産してきたのでしょうか?順にモデルラインナップを紹介しましょう。まずはフェラーリのFRスポーツ、フェラーリ・デイトナから!

1/18 フェラーリ・デイトナ

このフェラーリ・デイトナは日本の京商が販売していたモデル。エアロパーツなど細かなディテールにも注目です。

マテル フェラーリ PART2

こちらはフェラーリのフラッグシップモデル、ラフェラーリのミニカーです。

1/18 ラフェラーリ

ドアやエンジンカバーなどが開口できるリアルなミニカー。ビッグな18分の1スケールでラフェラーリの美しいスタイリングを再現しています。

マテル フェラーリ PART3

マテル 1/18 フェラーリ 458 スパイダー

マットブラックが特徴の458スパイダーのミニカー。スケールは18分の1で、オープンカーらしく室内の作りこみが見事です。

マテル フェラーリ PART4

そしてマテルにはF1モデルもラインナップします。ワールドチャンピオン、キミ・ライコネンのドライブするフェラーリF1です。

マテル(mattel) F1 2008 フェラーリ No.1 K.ライコネン

溝入タイヤのトレッドパターン、特別カラーのボディ塗装など、見所満載のミニカーです。

マテル フェラーリ PART5

最後に元祖ホットウィールのフェラーリを紹介します。

ホットウィール

走れるミニカー、ホットウィール。デフォルメされたスタイリングが特徴です。

マテルのミニカー フェラーリとの独占契約終了

すばらしいフェラーリのミニカーを生産してきたマテルでしたが、残念ながらフェラーリとマテルの契約は終了。今後はマテルに変わり、他のブランドが継続してフェラーリのミニカーを製造します。

マテル フェラーリ

フェラーリのミニカーを製造していたマテルのブランド、ホットウィールのロゴ

フェラーリのミニカー、大きめサイズの1/18スケールとコレクション向けな1/43スケールなど現在、世界中で発売されている主要なものについては、マテル社のミニカーブランド「ホットウィール(HotWheels)」が有名ですが、今回、フェラーリとホットウィールとの提携が2015年に終了することになるようで、フェラーリのミニカーのグローバルライセンスが「Maisto」や「Bbrago」などのブランドを所有する香港の「May Cheong Group」へ引き継がれることになるようです。

出典:http://www.idea-webtools.com

現在、マテルはフェラーリとの独占契約を終了しています。しかしこれまでクオリティーが高く、すばらしい製品を世に送り出してくれたマテルに感謝ですね。

マテル フェラーリ まとめ

いかがでしたか?

以上マテルのフェラーリについてまとめてみました。
独占契約は終わったものの、これまで製造してきた事実は変わりありません。

まだマテルのフェラーリは市場でもたくさん出回っていますので、
入手することは可能です。

精密でリアルな仕上がりを、ぜひ手にとってお確かめください。

それでは最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ