立ち寄るだけじゃ勿体ない! 行く前に知っておきたい諏訪湖SAの魅力

諏訪湖SA。それは長野自動車道と中央自動車道の接続地点、岡谷JCTと諏訪ICの間にあるSAです。上下線ともに諏訪湖の雄大な景色を楽しむことができるほか、夜になれば美しい夜景も見ることが出来ます。そんな、休憩するだけでは勿体ない諏訪湖SAの魅力をご紹介です!

今時のSAは休憩だけでは終わらない!

 最近ではEXPASAと呼ばれる巨大なSAが誕生し、今となってはSAは休憩するだけにとどまらなくなっています。食事やトイレ休憩、土産物の購入……行けば目移りしてしまうほどのものが多く揃っている。それが現代のSAです。

EXPASA

現在のSA・PAの概念を超えるという意味を込めたEXCEED・EXCELSIORの「EX」と、「PA」、「SA」を組合せた。

 しかし、EXPASAのような大きなSAでなくても、魅力的なSAはたくさんあります。そこで今回は地方にある魅力的なSAにスポットを当て、ご紹介していきたいと思います!

湖畔に佇む絶景スポット諏訪湖SA

諏訪湖SA(上り)

東京方面へ帰る前に立ち寄りたいSA!

 諏訪湖SAは岡谷JCTと諏訪ICの間にあるSAです。上下線ともに諏訪湖を一望でき、春夏秋冬、天気に左右されることなく美しい景色を見ることが出来ます。気象条件が揃えば虹を一望することが出来る日もあり、夜になれば諏訪湖と街が織りなす夜景も堪能することができるので、訪れる季節や時間帯によって様々な表情を見せてくれるのです。

諏訪湖SAは湖を眺めるだけだと思ったら大間違い!

諏訪湖SA(上り)ハイウェイ温泉諏訪湖

料金:上り 大人610円 子ども270円
   下り 大人590円 子ども270円
時間:平日10~22時、土日祝日9時~

 諏訪湖SAだけに、諏訪湖が見れたらもうこのSAでやることはなくなってしまいそうですが、それは大きな間違いです。実はこの諏訪湖SAには温泉施設があり、入浴することが可能。旅行帰りの締めにひとっ風呂浴びるもよし、疲れた体を癒やすもよし。何より外から眺めるだけとは違い、温かい湯船の中から諏訪湖を一望できるのが嬉しいですね!

諏訪湖SAは高速道路のサービスエリアで、景色もよく、日帰り温泉が利用できる、家族にやさしいサービスエリアです。峠の釜飯もあります。

出典:http://www.jalan.net

諏訪湖にひっそりと佇む恋人たちのシンボル

恋人の聖地

絵馬を結びつければ、
まだ見ぬ恋人に出会える!?

 まだまだ終わらない諏訪湖SAの魅力。実はこの諏訪湖SAには、「恋人の聖地」と呼ばれる場所が存在します。そこには絵馬を結びつけるゾーンが存在しており、多くの男女の出会いを求める願いが書かれているんです。

恋人の聖地

雪の諏訪湖は見応えあり!

 何故、この場所が「恋人の聖地」と呼ばれているのか。それには、この諏訪湖という場所で起きる「御神渡り(おみわたり)」という自然現象が関係しています。

冬の諏訪湖が氷結し、膨張・収縮を繰り返して発生する氷の亀裂です。諏訪神社の男神が女神のもとへ会いに行った道筋といわれる、ロマンチックな伝説があります。

出典:http://sapa.c-nexco.co.jp

御神渡り

最近では見れない諏訪湖の御神渡り
見れたら出会い率UPするかも!?

なんともロマンチックなお話ですね。
恋人がほしい方、是非とも諏訪湖SAに訪れてみてはいかがでしょうか?

長野の名物も食べられる諏訪湖SAグルメ!

信州サーモンちらし寿司とおそばのセット

信州そば処 そじ坊
営業時間:7:00~22:00
問合せ:0266-78-6680

信州サーモンちらし寿司とお蕎麦のセットと、そじ坊御膳を注文。
どちらのメニューも、ざる蕎麦、温蕎麦のいづれか、選べます。

信州サーモンちらし寿司は、とても新鮮で、脂がのっていますが、
とてもさっぱりと頂けます。

出典:http://tabelog.com

恋するデニッシュ

神戸屋ブレッズ
営業時間:7:00~20:00
問合せ:0266-53-7115

牛串

信州グルメ工房
営業時間:7:00~22:00
問合せ:0266-53-7115

きのこクリーミーチーズおやき

安曇野おやき「いろり堂」
営業時間:7:00~22:00
問合せ:0266-53-7115

これでアナタも諏訪湖SAマスター! さあ、諏訪湖SAに行ってみよう!

 諏訪湖SAの魅力が少しでも分かって頂けましたでしょうか。少しでもそのお手伝いができたのなら大変光栄です。長野方面は自然が多く、観光するにはうってつけの場所。車でお出かけして諏訪湖方面を訪れることがあったら、是非とも訪問してみてください。これまでの休憩とは一味違う楽しみ方を試してみて、諏訪湖での良い旅の思い出の1ページとしてくだされば幸いです。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ