バイクのエンジンのオーバーホールで動かなかったバイクが動いた!

バイクのエンジンのオーバーホールにはとてつもない力が秘められています!不動のバイクやエンジンが焼き付いたバイクが生き返るのです。バイクのエンジンのオーバーホールの作業内容やその手順について、その知られざる概要をお伝えします!

バイクのエンジンのオーバーホール

バイクのエンジンのオーバーホールはエンジンが焼き付いてしまったり、古くなったバイクをもう一度乗りたいといった場合に行うエンジン部分のリフレッシュのことを指します。

バイクのエンジンのオーバーホールの作業は地道で細かい。

バイクのエンジンのオーバーホールで必要なのはまず外装を外す作業です。フレームを釣り上げてホースやケーブル、そしてコネクター類などを外していきます。

これによって車体からエンジンが完全に切り離されます。次にバイクのエンジンのオーバーホールで大切な作業はシリンダーを外す作業です。大抵傷だらけになったシリンダーが出てきます。

バイクのエンジンのオーバーホール作業は車体からエンジンを外す作業が待っています。

バイクのエンジンのオーバーホールの作業

プーリーやドライブベルト、クラッチなども交換及びメンテンスしていきます(車種によります)。

記事番号:15490/アイテムID:430565の画像

バイクのエンジンのオーバーホールで大切なのは、傷だらけになったピストンを新品に交換することです。

バイクのエンジンのオーバーホールではクランクを割って、中にあるクランクベアリングを交換します。純正パーツを使ってバイクのエンジンのオーバーホールをした方が作業がしやすいので社外品は可能な限り使わない方が良いかもしれません。

新たにベアリングを入れていきます。ベアリングのサイズに合わせて打ち込んでいきます。

奥までしっかりベアリングが入っているかを確認するために、叩いて音で確認をしていきます。

バイクのエンジンのオーバーホールで交換するものメンテナンスするもの

同じサイズのパイプが無い時には、古いベアリングを使って叩き込むのも良い方法と言えるでしょう。

バイクのエンジンのオーバーホールの次の作業としてはダウエルピンの穴の清掃と新品への交換があります。

バイクのエンジンのオーバーホールで欠かせないのはクランクシャフトをケースにはめ込む作業です。続けてバイクのエンジンのオーバーホールの作業の中でもエンジンの組み込みに必要なマウント用カラーを磨いていきます。痛んだバイクには大抵オイルポンプの損傷も含まれていることでしょう。

ですからバイクのエンジンのオーバーホールの際には、オイルポンプのホースも新品へ交換した方が良いでしょう。

バイクのエンジンのオーバーホールの作業を進めていく中でオイルポンプを取り付けていきます。

バイクのエンジンのオーバーホールにグリスアップは必須

ガスケットをすることやコイルの取り付けなど、バイクのエンジンのオーバーホールにはかなり細かい作業が求められます。

バイクのエンジンのオーバーホールにはグリスアップは必須です。

そしてバイクのエンジンのオーバーホールではローターの取り付けと相まって新品のシリンダーを取り付けます。このシリンダーの組み込みとピストンをシリンダーに挿入する作業が欠かせません。

バイクのエンジンのオーバーホールでファンを実際に回しながらピストンの芯を出す作業も大切です。これらの作業を行なったらバイクのエンジンのオーバーホールも終盤ですね!

ファンを回しながらのピストンの芯出しも大切な作業です。

バイクのエンジンのオーバーホール終盤はエンジンの取り付け

シリンダーヘッドにあるナットを締め付けていきます。締め付けトルクはその車種によりますので事前に調べておく必要があります。リアブレーキのカムの穴なども磨いてグリスアップするなどの作業も行ってから車体にエンジンを取り付けていくと良いでしょう。

エンジンガードも着いていたなら最終的に元通りに取り付けます。

バイクのエンジンのオーバーホールの締めくくりとしてギアオイルの交換、セルのベアリングの洗浄メンテナンス、クランクシャフトのメンテナンスも忘れずに行っておくと良いでしょう。

バイクのエンジンのオーバーホールの最後にドライブベルトを入れていき、プーリーをセットして最終的なベルトの取り付けを行います。

バイクのエンジンのオーバーホールで、もし可能ならオイルタンクも交換しておくと良いでしょう。

バイクのエンジンのオーバーホール まとめ

いかがだったでしょうか?
バイクのエンジンのオーバーホールの大まかな手順についてご一緒に考えてきました。

バイクのエンジンのオーバーホールでは純正部品をそろえることや、バイクのエンジンのオーバーホール時にしか取り外さない箇所に近いパーツの交換も同時に行うことが大切であることが分かります。

バイクのエンジンのオーバーホールを行うことで不動になっていたバイクを蘇らせることができるかもしれません。一度、ご自宅のバイクのエンジンのオーバーホールをすることを検討できるかもしれません。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ