トヨタのコンセプトカーに学ぶ未来の車の姿に一同騒然となります

トヨタのコンセプトカーは超近代的な車になると思われても自然なことでしょう。しかし、トヨタはまったくの予想を覆して、トヨタのコンセプトカーを通して大切なあることに気が付かせてくれます。その大切な点とは一体なんでしょうか。トヨタのコンセプトカーに込められた思いとは

トヨタのコンセプトカー

トヨタ自動車が、4月12日(火)~17日(日)にイタリアのミラノで開催されたミラノデザインウィーク2016に、トヨタのコンセプトカーを出展したことをご存知でしょうか。トヨタのコンセプトカーとは一体なんでしょうか。

このトヨタのコンセプトカーは世代を超えて時を刻んでいくことがイメージされて作られています。

トヨタのコンセプトカーを出展した目的としては、クルマが家族において積み重なる想いを受け継いでいく点を伝えるためです。

またトヨタのコンセプトカーを出展することで、年付が経っていく車を愛していくことを伝えた買ったからです。

木独特の手を掛けていたわることによって色や風合いが変わり、愛情を注いでいくなら家族へ応えてくれることをイメージして作られました。

トヨタのコンセプトカーのコンセプト

つまりトヨタがコンセプトカーを通して”人とクルマの新たなつながり”を強調したかったことが分かります。トヨタのコンセプトカーはなんと”木”を用いて形作られました。

家族だけの新たな価値がまし加わっていくことを願ってトヨタのコンセプトカーが提案されたのです。

このトヨタのコンセプトカーは”SETSUNA”という名前で出展され注目され日の目を見ることになったのです。

トヨタのコンセプトカーである”SETSUNA”のコンセプトは、”一瞬一瞬”がかけがえのないものになることを目的にしています。

日本古来の伝統技法が取り入れられていますので、日本家屋を彷彿とさせるかもしれませんね。

トヨタのコンセプトカーの名前

”刹那”という極めて短い時の繰り返しにおいて、車と人とのつながりがかけがえのないものになっていく点を想いに込めて、トヨタのコンセプトカーに名前が付けられたと言われています。

SETSUNAのパーツはご覧の通りに大半が木になっていることがお分かりいただけるでしょう。

トヨタのコンセプトカーがクルマと一緒に過ごした時間や出来事をまるで積み重ねていくかのような特別な存在として印象付けられるかもしれません。

トヨタのコンセプトカーは愛着を持って接する時間の積み重ねによって、それが後の世代にも受け継がれていくことで、一台の車が家族だけの新しい価値としてまし加わっていくことをトヨタのコンセプトカーが気付かせてくれるのではないでしょうか。

ダッシュボードもなんとも言えない温かい雰囲気が醸し出されていますね。

トヨタのコンセプトカー 材質は木?

トヨタのコンセプトカーは外板やフレームなどに”木”が採用されています。外板は杉でできており、フレームは樺といった目的に沿って木材が選定されています。

トヨタのコンセプトカーの足回りもこうしたタイヤハウスを木で作るところからして気遣いが細やかです。

トヨタのコンセプトカーの一つ一つのパーツの大小や配列にまでこだわりが表れています。取り付けには釘やネジを使用していない日本で古くから採用されている伝統技法で創られているのです。

トヨタのコンセプトカーのボディラインはまるで船のような美しいカーブを描いています。

トヨタのコンセプトカーの外装に大変マッチした内装の造りになっています。

機能の美しさに木の優しさが溶け込むことで、年月が経ってもますます輝きを増す”SETSUNA”の魅力を感じることができます。

トヨタのコンセプトカー まとめ

いかがだったでしょうか?

トヨタのコンセプトカーには確かに未来の車のあり方をトヨタがどのように描いているのかがはっきり表れています。近代的な造りではなく、懐かしい日本古来の優しさをトヨタのコンセプトカーに見ることができます。

トヨタのコンセプトカーのあり方はこの動画を見ていただくと分かりやすいです。トヨタのコンセプトカーが目指しているものが凝縮されています。

トヨタのコンセプトカーは決して最先端の科学技術の結晶というイメージよりも、優しさや人と車との思い出のために創られた印象を与えてくれます。これもトヨタのコンセプトカーの魅力と言えるでしょう。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ