技術の日産が開発した4輪駆動システム(4WD)の詳細と搭載車種まとめ

日産自動車が開発した画期的な4WDシステムの詳細をまとめてみました。日産の4駆と言えば以前はアテーサが有名でしたが、ここ最近は開発技術が進み近未来的なシステムの4WDが搭載されています。そんな技術の日産の4WD搭載車と詳細をまとめています。

日産が開発した4WDの詳細

日産が開発した4WD(モーターアシスト方式)(e-4WD)、ALL MODE 4x4-i、ビスカスカップリング付きセンターデフ方式を採用した四輪駆動 (4WD) システムATTESA(アテーサ)などが挙げられます。それぞれの詳細をまとめてみました。

日産4WD(モーターアシスト方式)(e-4WD)

電気モーターで後輪を駆動するプロペラシャフトが必要ない日産独自の4WDです。

日産4WD(e-4WD)

日産4WD(モーターアシスト方式)(e-4WD)のメリット

雪が積もった道やタイヤが雪に埋まった状態でも、 トラクションや後輪へのトルクのかかり方を最適制御して、スムーズな発進、脱出が可能

凍結路でもタイムラグのない4WD制御と、 前後輪のトラクションコントロール機能で、車輪の空転や横滑りの少ない安定した走行が可能

モーターを電気で駆動するシンプルな機構で、軽量かつ動力の伝達ロスが少ないため低燃費必要なときだけ電子制御で4WDを作動させ、 その他の走行時は2WDで走行させるため、燃費が良い

機械式4WDと違い、プロペラシャフトがなくユニットが コンパクトなため、キャビンスペースを圧迫しない

日産4WD(e-4WD)

日産4WD(モーターアシスト方式)(e-4WD)のデメリット

後軸付近に搭載される駆動ユニットが通常の四輪駆動方式の差動装置よりも大きくなります。
そのため、トランクルーム容積を圧迫する場合があるのです。

トランク下のスペースにモーターが入っているため、本来の収納場所を追われたスペアタイヤがトランクの一部を占領してしまうという声が上がりました。

日産4WD (e-4WD)

日産e-4WDの搭載車種

日産e-4WDの搭載車種 

マーチ(3、4代目)
キューブ(2、3代目)
キューブキュービック
ティーダ
ティーダラティオ(初代のみ)
ノート
ブルーバードシルフィ(2代目のみ)
ウイングロード(3代目)

日産4WD ALL MODE 4x4-i

日産自動車が開発した駆動力電子制御四輪駆動システムの名称。センターデフを用いず、トランスファーに内蔵された油圧式の湿式多板クラッチで動力の断続を行う、スタンバイ4WDの一種。

ドライバーが期待するコーナリングラインをクルマが予測。 滑りやすい路面でも自然で滑らかなコーナリングラインが可能。

日産4WD ALL MODE 4x4-i

ALL MODE 4x4-iの「ヨーモーメントコントロール」という技術は、ドライバーのハンドル操作時の角度やクルマの動きを捉えて、瞬時にドライバーが思い描いているであろうコーナリングラインを予測し、実際の走りを理想に近づけるよう、自動的にきめ細かい前後トルク配分を行います。

日産4WD ALL MODE 4x4-i

走行状況に応じて前後トルク配分を燃料消費が少ない(フロント)100:(リア)0から、悪路などで走破性を高める約50:50に切り替えることで、滑りやすい路面でも安定した走りを可能とします。

日産4WD ALL MODE 4×4-i(トルクベクトル付)

ジュークに搭載されている4WDシステム「ALL MODE 4×4-i(トルクベクトル付)」をひと言でいうと「曲がる4WD」。

このユニットにより左右の駆動力に差が出て車両ヨーモーメント(車を旋回させようとする力)をダイレクトにコントロールします。言ってみれば機敏なハンドリングでコーナリング時にクルマを思い通りに操ることができるシステムと言えるでしょう。

日産4WD  ALL MODE 4x4-iの搭載車種

ALL MODE 4x4-iの搭載車種

ムラーノ
エクストレイル
デュアリス
プレサージュ
テラノ
エルグランド

日産4WD ATTESA E-TS(アテーサ イーティーエス)

ビスカスカップリング付きセンターデフ方式を採用した四輪駆動 (4WD) システム

日産4WD ATTESA E-TS

アテーサは一般走行で前後輪のトルク配分を50:50として高出力エンジン対応した高性能スポーツ4WDを基本としています。

日産4WD ATTESA E-TS

前後輪のスリップ状況に応じてビスカスカップリソグが前後輪のトルクを最適に配分するとともに、前後輪の一方が空転するような時でもセンターデフの差動を制限する機能で走破性能を高め、イージードライブ化を図ったスポーツ4WDです。

日産4WD ATTESA E-TS 搭載車種

スカイライン
GT-R(R35型)
スカイラインクロスオーバー(NJ50型)
レパード(JY33型)
ステージア(WGNC34型 - NM35型)
セドリック・グロリア(Y33型 - Y34型)
フーガ(PNY50・KNY51)
シーマ(FY32型 - F50型)

日産4WD(4輪駆動車)関連サイト

日産4WD 性能試験動画 エクストレイル

[実証] 雪上・悪路走破性について X-TRAIL ALL MODE 4x4-i

車両実験部 西端政宏が実際に雪道を走行させながら、
ALL MODE 4x4-iを中心としたエクストレイルの雪上・悪路走破性について、語ります。

日産4WDについてのまとめ

いかがでしたでしょうか?
日産4WDについてまとめてみました、技術の日産の粋を集めて開発された自信の4WDが搭載された車、特にGT-Rなど乗ってみたいものですよね。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ