アテンザの人気はスタイリングだけではなく燃費の良さにあった

アテンザの人気は日本車離れしたスタイリングにあります。しかしアテンザの人気は燃費の良さにもあったのをご存じだったでしょうか。スタイリング、燃費の両立がなされればその人気の秘密があるはずです。燃費の注目して調べてみました。

アテンザの燃費の鍵を握るエンジンスペックは?

アテンザの燃費を左右するエンジンラインナップはどのようになっているのでしょうか。

アテンザの燃費を左右するエンジンラインナップを紹介しましょう。
ガソリンエンジンは、水冷直列4気筒DOHC16バルブ 2.5L、2.0Lの2タイプ
ディーゼルエンジンは、水冷直列4気筒DOHC16バルブターボ (ディーゼル)2.0L
と計3タイプのラインナップとなっています。

アテンザの燃費を左右するエンジンでディーゼルエンジンに注目が集まっています。このエンジンは燃費及びパワーポテンシャルは如何なものなのでしょうか。

アテンザの燃費はどれくらいなのでしょうか。

アテンザの気になる燃費はどれくらいなのでしょうか。

アテンザ 2.2 XD ディーゼルターボ(6AT) FF の燃費は、カタログ値で20.0Km/Lでありますが実燃費は、13Km/L~17Km/Lとなっています。1.5Lのボディを42.8Kgの最大トルクで引っ張ることは非常に魅力的です。
アテンザ 2.5S Lパッケージでカタログ値で16.0Km/Lでありますが実燃費は、11Km/L前後となっています。

アテンザのライバル車の燃費はどうなっているのでしょうか。

アテンザのオーナーになる前にライバル車の気になる燃費について調べてみましょう。

アテンザのライバル車の燃費について紹介します。
アテンザのライバル車は、トヨタ マークX、日産 スカイライン、ホンダアコードハイブリッド、スバルレガシィB4になります。

アテンザのライバル車であるトヨタ マークXの燃費は、2.5Lでカタログ値11.8Km/L、実燃費は、8Km/L~9Km/Lです。通常のガソリンエンジンであるためディーゼルエンジン、ハイブリットと比較すると分が悪いことになります。

アテンザの次のライバル車は、日産 スカイラインです。3.5LハイブリットシステムFRでカタログ値17.8km/L~18.4Km/L、実燃費は、12km/L~13Km/Lとなっています。アテンザと比較して車体価格が若干高めの設定になっています。しかしアテンザの好敵手にNo.1として存在しています。

アテンザの次のライバル車は、ホンダ アコードです。全車ハイブリットエンジンの設定になっています。2.0Lハイブリットエンジンのカタログ値は、30Km/L、実燃費は、21Km/Lと実測の落ち込みが大きいのが気になります。

アテンザ最後のライバル車は、スバル レガシィB4です。2.5Lガソリンエンジンでカタログ値14.6km/L~14.8Km/L、実燃費は、11km/L~12Km/Lとなっています。

アテンザの燃費に対するユーザー評価は?

アテンザを実際に乗るユーザーの評価はどうなのでしょうか。

アテンザの燃費に対するユーザー評価は、特にガソリンエンジンの全モデルに乗っていたユーザーは、ディーゼルターボの燃費の良さには満足している意見が多くなっています。しかも軽油がガソリンと比較して安価に設定されているため財布に優しくなっていると高評価を得ています。またアテンザのディーゼルターボエンジンは、3.5L~4.0L並みのトルクを誇ることから走りにもユーザーは満足されているようです。

まとめ

アテンザの燃費について調べてきました。アテンザはディーゼルターボエンジンは、燃費だけの魅力に終わっていない点が評価できるようです。またアテンザのスタイリングにも注目が集まっているようで欧州車を彷彿させるデザインも人気の要因になっていようです。

注目されるのはアテンザの燃費だけでなく、オートエグゼよりエアロパーツが販売されているためオリジナル性が高まるだけでなく、空力特性の面からも燃費向上に一役買うかも知れません。ダウンフォースを得ると高速時の燃費が向上する可能性もでてきます。ぜひアテンザの燃費向上のために検討されてはいかがでしょうか。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ