車両価格1億円以上!スーパーカー・パガーニゾンダを多角検証!

イタリアのスポーツカーブランド、パガーニ社が手掛けたスポーツカーがパガーニゾンダです。一台ごとにオーダーメイドで作成するため、パガーニゾンダにはオーナーの数だけバリエーションがあります。超高級車・パガーニゾンダはどのようなクルマなのか?解説します。

パガーニゾンダ誕生の経緯

パガーニゾンダとはイタリアのブランド、パガーニ・アウトモビリ社が開発しました。

日本ではあまり馴染みがないクルマかもしれませんが、
車両価格が1億円以上することで、パガーニゾンタは話題になりました。

パガーニゾンダF

イタリアの自動車メーカー、パガーニ社が製造するゾンダ。

パガーニゾンダは1999年より製造が開始されました。最初は日本の保安基準に適合せず輸入されませんでしたが、その後対策が講じられ、少量だけ並行輸入されています。

パガーニアウトモビリ社の創設者 オラチオ・パガーニ

オラチオパガーニ氏

パガーニアウトモビリの創設者。

パガーニアウトモビリの創設者であり、ゾンダのデザイナーであるオラチオパガーニ氏。

パガーニ・アウトモビリの創始者であり、デザイナーでもあるオラチオ・パガーニ(Horacio Pagani )によって設計され、多くの派生モデルや個人の求めに応じたワンオフモデルが、生産終了が発表された2010年以降も製造された。

出典:https://ja.wikipedia.org

デザイナーであり創設者のオラチオパガーニは、元ランボルギーニに在籍していた人物です。

「ゾンダ」車名の由来

アンデス山脈

ここからアルゼンチンへ吹く風のことを「ゾンダ」と呼んでいます。

パガーニ氏はこの美しい経験を眺めながら、ゾンダを開発するヒントになったのかもしれませんね。

ゾンダとはアンデス山脈からパガーニの出身地であるアルゼンチンへと吹き下ろす風の名前である。

出典:https://ja.wikipedia.org

ちなみにパガーニゾンタC12のCは、パガーニ氏の妻の頭文字をとったものです。

パガーニゾンダの概要

それではパガーニゾンダとは、
具体的にどのようなメカニズムを持ったクルマなのでしょうか?

詳しくチェックしていきましょう!

パガーニゾンダのフロントビュー

小さな丸目4灯のヘッドライトを備えるパガーニゾンダ。

フレームはアルミやカーボンで構成されており、サスペンションもF1などに採用されているダブルウィッシュボーンを採用します。まさにレーシングカーがそのまま公道を走るようなものです。

パガーニゾンダ リヤビュー

まるでジェットエンジンでも積んでいるかのようなパガーニゾンダのリヤまわり

4本のエキゾーストはリヤエンド中央に集中してレイアウト。まるで拳銃のリボルバーのようなデザインです。低い車高も一目見ただけでタダモノではないことがわかります。

パガーニゾンダのエンジン

イタリア製スーパースポーツカーなのに、ドイツ製のエンジンを搭載するのは非常に珍しいこと。このあたりはF1経験者をアドバイザーに据えて、堅実にパッケージングしたためと思われます。

記事番号:16316/アイテムID:456413の画像

パガーニゾンダのエンジン

サイレンサーのデザインも独特。パガーニゾンダはドイツAMG製のエンジンを搭載します。

写真のエンジンは通販サイト、ZoZoタウンの社長、前澤氏がオーダーメイドしたパガーニゾンダのエンジンです。AMGのロゴのみならず、「Zonda ZoZo」のロゴが刻印されています。

パガーニゾンダのレーシングカー

パガーニゾンダGR

ゾンダをベースに空力パーツを追加したレーシングマシン。

C12Sをベースにして、ルマン24時間レースなどにプライベータ向けに開発したマシンがパガーニゾンダGRです。最高出力600馬力を発生。車両価格は11億円にもなります。

パガーニゾンダのミニカー

パガーニゾンダは話題を集めたモデルだけに、数々の製品が模型化されました。ここでは代表的な1台をご紹介しましょう。

パガーニゾンダ ミニカー

実車の43分の1スケールで忠実に再現されたパガーニゾンダのミニチュアカー。

レジン製1/43スケールのミニチュアモデル。2014年3月にジュネーブモーターショーで発表された、ゾンダFantasmaを再現しています。実車はメルセデスAMG製 7.3リッターV12エンジンを搭載したワンオフモデルです。
参考価格27,000円(税込

パガーニゾンダ まとめ

パガーニゾンダ760R

車両価格2億円以上のパガーニゾンダ760R。

いかがでしたでしょうか。

以上、パガーニゾンダに関する情報をまとめてみました。
まさにエキゾチックカーの代表格ともいえるような、
ゴージャスでハイスペックなクルマですね。

基本はオーダーメイドで、様々なモデルバリエーションがあり、
オーナーの数だけのパガーニゾンダが存在するといえる所以です。

成功者だけでなく、本当のクルマ好きが選ぶクルマ。
それがパガーニゾンダではないでしょうか。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ