自由で手軽な乗り物・50cc原付スクーターデビューしませんか?

50cc原付スクーターは公道を自由に移動できるもっとも手軽な乗り物。自動車と違って維持費も車両価格も安く、16歳から運転できます。通勤通学や買い物だけでなく、ツーリングだって楽しめる。そんなたくさんの魅力と可能性を秘めた原付スクーターについて語ってみましょう。

50cc原付スクーターは維持費が安い

原付スクーターはもっとも身近な乗り物です。自転車のように自分でこぐ必要もありませんし、自動車より運転が簡単で、維持するのが高額になりません。いつでも手軽に、自由に好きな場所へ移動できる原付スクーターの良さを、改めて見直してみませんか?

原付スクーター

50cc原付スクーターは、狭い場所でもスイスイ走れるメリットがあります。

車体もコンパクトで軽く、狭い場所でも小回りが利きます。多少段差のある道も、平気で走れる機動性の良さも原付スクーターの特徴です。

ガソリンスタンド

原付スクーターは燃費も良くて、ガソリン代が安上がりで済みます。

ガソリン価格は高値推移。ここ最近はやや安くなったといっても、燃費が悪い車だと家計を圧迫してしまいます。しかし原付スクーターならリッターあたり50キロ程度は走れますので、ガソリン代はエコカーよりも安く済みます。

原付スクーターの税金

数万円する自動車と比べると、原付スクーターの税金は2000円と格安です。

原付スクーターでも自動車でも、乗り物を維持するには税金がかかります。その税金も原付スクーターなら格安。最近、税金が2倍に上がりましたが、それでも年間2000円。一か月あたりペットボトル飲料程度の費用です。

原付スクーターは免許取得も手軽

このように気軽に乗れて維持費も安くて楽に移動できる原付スクーターですが、メリットはそれだけではありません。免許を取るのも手軽です。18歳から乗れる自動車に対して、原付スクーターは16歳で免許が取得できます。

原付スクーター 免許

自動車の普通免許を取得すると、原付も乗ることが可能です。

すでに自動車免許を持っている人は、最初から原付スクーターの免許が付いてきます。このあたりあらためて取得する手間もなく、手軽に乗ることができます。

原付免許の本

スクーターなどの原付は筆記試験だけなので簡単

また原付の免許は大半が筆記試験。免許取得に必要な費用も安く、書店等で原付免許に関する教本をしっかり読んで理解しておけばOK。90%の正解率で合格できます。あとは3時間程度の実技講習を受けると免許が交付されます。ちなみに試験場でかかる費用は合計7750円程度です。

原付スクーターの主要モデル

そんな魅力がたくさんある原付スクーターですが、現在はどのようなモデルが販売されているのでしょうか?各社主要な原付スクーターを紹介します。

原付スクーター ホンダタクト

原付スクーター①

ホンダの最新型原付スクーター、タクト。

名車タクトの名を冠した、ホンダ最新の原付スクーターがタクトです。乗降性の良さ、燃費の良さ、先進の環境性能など、まさに現在のスクーターの基準となるスタンダードモデルです。収納スペースも多く、使い勝手も研究されているのも特徴です。

価格15万9840円

原付スクーター スズキレッツ4

原付スクーター②

鈴木の主力スクーターがレッツ4.車名のとおり、4サイクルエンジン搭載。

レッツ4といえば2ストモデルだった先代レッツ2から、環境性能の高い4ストエンジンに変化したスズキを代表するスクーターです。販売台数も多いモデルだけに、アフターパーツも多く、購入後もカスタマイズを存分に楽しめます。

価格13万2840円

原付スクーター ヤマハEビーノ

ヤマハ E-Vino

ガソリン不要の画期的な電動バイクがヤマハE-Vinoです。

ヤマハのE-Vinoはガソリン不要の電動原付スクーターです。家庭用のコンセントから手軽に充電でき、排ガスをまったく出さずクリーンな走行ができます。近所を走行するなら、もっともエコで維持費もかからない乗り物となります。

価格21万9000円

格安で買える中古原付スクーター

原付スクーターを買う予算がない人も、中古の原付スクーターなら買えるかもしれません。日本全国のバイク専門店の多くは中古車も取り扱っていることが多いので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

中古原付スクーター

中古バイク専門店に行けば、格安で原付スクーターを購入できます。

原付スクーターは販売数も多いため、車両価格は他のバイクと比較すると高額になりにくいです。新車時の半値程度で購入できるものがほとんどで、安く程度の良いものが見つかります。

原付スクーターまとめ

いかがでしたか?

以上原付スクーターの魅力や特徴についてまとめてみました。
原付はみなさんの生活にピッタリと寄り添うような身近な乗り物です。

1台持っていると、楽しみも広がります。

この夏はぜひ原付スクーターデビューしてみませんか?

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ