ブレーキオイル交換してますか?ブレーキは重要保安部品ですよ!

ブレーキオイルの状態ちゃんとチェックしてますか?ブレーキオイルも定期的に交換してないとブレーキが利かなくなっちゃうんです。重大な事故を起こしてしまう前にしっかり交換しておきましょう。今回はブレーキオイルの交換についてお話ししていきたいと思います。

ブレーキオイルはなぜ必要?

車にあまり詳しくない方はブレーキオイルを交換する前になぜブレーキにはブレーキオイルというものが必要なのかも分からないかと思います。

なのでまずはブレーキオイルが何なのかを見ていきましょう。

ブレーキオイルの役割

ブレーキオイルは別名ブレーキ液、ブレーキフルードなどの呼び方があります。

油圧としての役割

自転車のブレーキを想像してもらうと分かりやすいですが自転車のブレーキはワイヤーを通してブレーキを効かせています。

同じ機構を車に使うとワイヤーではキャパシティ不足になりますのでブレーキペダルを踏みつける踏力を油圧に変換する為にブレーキオイルがあります。

なので車を止めるという操作を行う為にはブレーキオイルは必要不可欠なものなんです。

ブレーキオイル交換するときは何でもいいの?

カー用品店などでブレーキオイルコーナーを見た事ある方ならご存知だと思いますが、ブレーキオイルってすごいたくさん種類があるんです。

ではいざブレーキオイルを交換しようとしている方がブレーキオイルを購入する場合は適当なものを選んでもいいのでしょうか?

たくさん種類があるとどれに交換していいか分かりませんよね。

DOT規格で判断する

まず一つの判断基準としてブレーキオイルには必ずDOT規格というものが存在します。

一般的に日本の量産車は大体どの車も純正でDOT3のブレーキオイルを使っています。

特にスポーツ走行などをされる予定がない方は純正と同等品のDOT3のブレーキオイルに交換して問題ないでしょう。

DOT規格とは?

ブレーキオイルに記載されているDOT規格とはそのブレーキオイルの沸点などを示しています。

数字が大きくなればブレーキオイルの沸点も上がります。

ブレーキオイルが沸騰するとブレーキオイル内に気泡ができてしまいブレーキが効かなくなってしまうので沸点は高い方が高性能と言えます。

オーバースペックのものに交換してもあまり意味がないので、交換する際は自分がどのような使い方をするかで交換するブレーキフルードを決めましょう。

ブレーキオイルの交換サイクルは?

ブレーキオイルも半永久的に効果が持続するものではないので定期的な交換が必要になります。

ではどのくらいの頻度で交換すればいいのでしょうか?

ブレーキオイル交換サイクル 2年に1度

ブレーキオイルの交換頻度

車のブレーキオイルは2年に1度のサイクルで交換するといいでしょう。

車のブレーキオイルは平均的に2年に一度のサイクルで交換するといいでしょう。

車には2年に1度車検がありますのでそのときに車屋さんにお願いしてブレーキオイルを交換してもらうのもいいかもしれません。

サーキット走行する方はもっと早めの交換を。

サーキット走行する方はこまめにブレーキオイルの状態をチェックしておきましょう。

サーキットなどでタイムアタックやドリフトなどのスポーツ走行をする方は普通の方よりこまめな交換サイクルを心がけましょう。

人によって異なりますが半年に一度交換しないとブレーキが利かなくなるなんて方もいます。

車種によっても車重が重たい車はその分ブレーキに対する負荷も増大しますのでその分交換サイクルも早くなります。

交換のタイミングを目視で確認するには?

交換サイクルが車や走り方によってかわってくるので日頃から目視によるチェックができるといいですね。

ではブレーキオイルの交換の目安を目視で確認するにはなにを見ればよいのでしょうか?

ブレーキオイルの色で交換時期を見極める

色が黒くなってきたら交換のサインですね。

ブレーキオイルは劣化してくると色が黒くなってきます。

ボンネットを開けてブレーキオイルのリザーブタンクを見たときに色が黒くなってきたら交換の時期と言えます。

なので洗車やちょっとしたときにボンネットをあけてブレーキのリザーブタンクを覗いてみてましょう。

劣化したブレーキフルード

新品に交換するとここまで色が違います。

ブレーキオイル 交換 まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はブレーキオイルの交換についてお話ししてきました。

車は走る事よりもしっかりと止まる事の方が大事です。

もしブレーキオイルの交換しばらくやっていなかったらなるべく早く車屋さんにお願いするようにしましょう。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ