セダンの使い勝手とクーペの美しさ。bmw4シリーズグランクーペ

bmwの新しいスタイル、グランクーペは現在4シリーズの中でももっとも売れ線のボディスタイルです。セダンの良さとクーペの良さをそれぞれ併せ持ち、bmw4シリーズグランクーペは魅力的なクルマに仕上がっています。グランクーペとは何なのか?その核心に迫ります

bmw4シリーズグランクーペとは?

bmwとは言わずと知れたドイツの高級自動車ブランドです。bmwといえばこれまで3シリーズや5シリーズ、7シリーズなどが有名ですが、新たに4シリーズも加わりました。

bmw4グランクーペ

bmwは3シリーズのクーペを4シリーズとして分けました。

bmw4シリーズは3シリーズの派生車種ともいえるでしょう。その中からグランクーペというスタイルが誕生しました。

2012年12月5日、コンセプトモデル「コンセプト4シリーズクーペ」の概要が発表された[1]。先に発表・発売されたF30型3シリーズの2ドア版であり、「3シリーズクーペ(E92)」の後継モデルが「4シリーズ」となることが示唆された。

出典:https://ja.wikipedia.org

要約するとこれまで3シリーズのクーペモデルは、このモデルから4シリーズと呼ばれるようになりました。ホイールベースはセダンより長く、基本骨格がセダンと異なっています。

bmw4シリーズ

グランクーペのサイドビュー。4つのドアを備えながら、従来のセダンより、滑らかなフォルムとなりました。

クーペ発売のあと、bmw4シリーズの真打となるグランクーペがデビューしました。

4シリーズグランクーペ(F36)の概要が発表された[9]。全長、全幅、ホイールベースはクーペと同様だが、後席のヘッドクリアランスの確保のため全高は12mm高められた。ルーフは112mm後方に伸ばされ、4ドアクーペらしい伸びやかなデザインとなった。

出典:https://ja.wikipedia.org

bmw4クーペのプラットフォームをベースに4、ドアセダン化しているのが、グランクーペの特徴です。従来のセダンやクーペとは、生い立ちが異なり、さまざまな部分で違いもあります。

bmw4シリーズグランクーペのエクステリア

それではbmw4シリーズグランクーペの外観をチェックしていきましょう。ボディは一見すると4ドアセダンなのですが、じっくり見ていくと3シリーズセダンとは基本骨格からして異なっていることに気が付きます。

bmwグランクーペ

これまでのbmw4ドアセダンとは明らかに異なるグランクーペのフォルム。

最初に説明した通り、クーペのプラットフォームを使用しているため、ホイールベースが長くその結果、ルーフ高を抑えることにも成功しています。それにともなう走行フィーリングも、従来の4ドアセダンとは違います。

bmwグランクーペのドア開口

こうしてみるとグランクーペは4ドアセダンというよりも5ドアハッチバックの様相が強い

グランクーペの着座位置はクーペと同じなので、3シリーズセダンよりもアイポイントは低くなっています。クーペの滑らかなスタイリングとセダンのあつかいやすさが融合したパッケージングとなっています。

bmw4シリーズグランクーペのトランク

グランクーペの魅力はなんといってもトランクルームの使いやすさです。容量も大きく、大人4人が快適にドライブを楽しめます。

bmwグランクーペのトランク

自動で開講するグランクーペのトランク。

奥行、幅、深さも十分なbmwグランクーペのラゲッジスペース。バンパーの下につま先を潜り込ませると、自動的にトランクが開くようになっており、荷物を持ったままでトランクに収納することができます。

bmwグランクーペのバックドア

リヤガラスと同時に開口するトランクルームがグランクーペの特徴です。

4ドアセダンとグランクーペの決定的な違いは、リヤトランクの開口方法です。グランクーペはハッチバックのように、リヤガラスも同時に開口するのがポイントです。浅い角度で開講するため、開きやすくなっています。

bmw4シリーズグランクーペのエンジン

bmwの魅力といえばなんといってもエンジンです。4シリーズにはbmw最新のダウンサイジングターボを搭載。コンパクト、軽量、小排気量でありながら、大排気量エンジンなみの^ゆとりあるトルクとパワーを発生します。

bmw435iグランクーペエンジンスペック

グランクーペのエンジン

直列6気筒エンジンは、型式B5830Aと呼ばれています。

エンジン型式 N55B30A
最高出力 306ps(225kW)/5800rpm
最大トルク 40.8kg・m(400N・m)/1200~5000rpm
種類 直列6気筒DOHCターボ
総排気量 2979cc

※スペックはbmw435iグランクーペ

記事番号:28443/アイテムID:464983の画像

走行インプレッション

4気筒は軽快な運動性能、6気筒は官能的なエンジンサウンドと魅力が異なる。

グランクーペのエンジンはおおまかに2種類あります。ひとつは2リッター直列4気筒ツインターボ、もうひとつは3リッター直列6気筒ツインターボです。軽く俊敏なフットワークの2リッターと、強力な加速フィーリングが味わえる3リッターと、それぞれ性格の違いが表れています。

bmw4シリーズグランクーペのまとめ

いかがでしたか?

以上bmwグランクーペに関する情報をまとめてみました。

bmwに新しい世界観を提供したグランクーペは、
高級車として、さらに磨きをかけています。

今後bmwの主力車種になっていくのではないでしょうか。

bmw4シリーズグランクーペ

写真は限定車のbwmグランクーペインスタイルです。

ドア数 5ドア
乗員定員 5名
型式 DBA-4A20
全長×全幅×全高 4670×1825×1395mm
ホイールベース 2810mm
トレッド前/後 1550/1575mm
車両重量 1610kg

価格623万円

※スペックは限定車のグランクーペインスタイル

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ