困った!どうしよう!車の鍵の紛失についてまとめてみました!

今回は車の鍵の紛失についてまとめてみました!鍵を鞄やポケットに入れたままエンジンの始動までできるスマートーキーの登場に伴い、車に行ってみるまで紛失に気が付かない事も!そんな困った事になる前に、鍵の種類から紛失した時の対処法を知っておきましょう!

車の鍵を紛失してしまったら

まずは車の鍵を紛失してしまったと気が付いたときの対処について紹介してきます。

落ち着いて行動を振り返る

まずは落ち着いて行動を振り返りましょう。いつもと違う場所の中にしまったり、家の中に置きっぱなしだったりと何気ない行動をしているかもしれません。
実際に、業者を手配した後に鍵がポケットから出てきたという方や下駄箱の中に入っていたという方もいます。

他に車の鍵を使った人がいるか?

家族や友人に車を貸した後に、鍵を返してもらっていなかったり、自分では置かない場所に置かれていたりして、紛失だと勘違いしてしまうこともあります。

直前に別の方が乗っていたら、その方に確認をしてみましょう。

お店に確認してみる

買い物などの出先であった場合はサービスカウンターへ行ってみましょう。
落し物として届けられている可能性があります。

どうしても見つからなかった場合は?

警察に遺失届を出す

警察署の窓口の様子

行動を振り返ったり、家族などに聞いてみたり、立ち寄った先などに問い合わせをしても見つからない場合は、警察に遺失届を出しましょう。
電話やインターネットで対応してくれる警察署もあります。
車の鍵を紛失した時の時間や日にち、心当たりのある場所、車の鍵の特徴などを聞かれるので、事前に整理しておきましょう。
遺失届を出すと『受理番号』が発行されます。これは遺失物を引き換えるときに必要な番号ですので、大切に保管するか、書きとめておきましょう。

鍵の種類

鍵の開錠、複製には使用している鍵はどういったものかを知っておく必要があります。ここでは鍵の種類について紹介していきます。

リモコンキー

一般的な車の鍵。ワイヤレスキーと呼ばれることもあります。

キーレスエントリーシステムに使用される、リモコンドアロックつきの鍵のことをリモコンキーと呼びます。鍵を差し込まずにドアロックの開閉ができますが、エンジンの始動には従来通り機械式の鍵を使用する必要があります。
車の施錠には鍵が外に出ている必要があるので、鍵を車内入れたままロックすることはありません。

スマートキー

各メーカーで呼び方が変わります。

スマートキーとはドアロックの開閉だけでなくエンジンの始動もワイヤレスで行う鍵の事をいいます。メーカーによって「インテリジェントキー」、「キーフリー」、「アドバンスキー」などと呼ばれることがあります。
現在、多くのスマートキーはイモビライザーの機能がついています。

イモビライザー付キー

イモビライザーとは機能であり、鍵の種類ではありません。

イモビライザーとは車の防犯機能になります。以前の車は、鍵穴が一致すればエンジンの始動も可能でした。鍵を複製されてしまうと、エンジンまで始動するため、防犯性が低かったのです。
防犯性を上げるために、鍵の内部にイモビチップと呼ばれる小型のICチップを組込み、チップのIDコードと車本体に登録されているIDコードが一致しないとエンジンがかからない仕組みとなっています。
リモコンキー、スマートキーともにイモビライザー機能を搭載することができます。

車の鍵の紛失~急ぎじゃない場合~

すぐに車を使用しない場合について紹介していきます。

ディーラー

店舗の様子

ディーラーで鍵の作成を頼めば、純正の鍵を作ってもらえます。作成した後に作動しないということはないので、安心して使えます。
ただし、鍵の種類によっては数日から数週間とかかってしまうのでしばらく車に乗れない状態になってしまうので注意しましょう。
イモビライザー付きの鍵の複製は鍵の専門業者では難しい事もあるので、そういう時はディーラーに頼むことになります。

費用が高額?

メーカーや車種、鍵の種類によって異なりますが、2~3万円程度はかかるようです。場合によっては10万円以上することもあるので、しっかり見積もりをしてもらいましょう。
イモビライザーキーを再発行する場合は、『キーナンバー』と呼ばれる番号が必要となります。車を購入した際についてくる書類や鍵に付属してついてくるナンバープレートに刻印されています。万が一紛失しても、車に刻印されているので安心です。ただし、車の一部を外す必要があり、工賃が上乗せされてしまうので、無くさないように注意をしましょう。

車の鍵の紛失~急ぎの場合~

出先などですぐに車に乗る必要がある場合について紹介していきます。

インロックの場合

ロードサービス

代表的なロードサービスのJAF

『インロック』とは車の中に鍵がある状態で施錠してしまうことです。鍵を紛失してしまったわけではありませんので、鍵さえ開ければ問題ありません。
スペアキーが見つからない、出先でないという時は、契約しているロードサービスのサービス内容を確認してみましょう。大手のJAFでは会員であれば無料で行ってくれます。ただし、一般道に限るなどの条件がありますので、きちんと確認してみましょう。非会員であれば、費用を請求されてしまうので注意しましょう。

鍵の専門業者に依頼する

鍵の専門業者

鍵を開錠する様子

急ぎの場合は、鍵の専門業者に頼みましょう。
インターネットや電話帳などを使用して近くの業者に頼みましょう。
業者によりますが、24時間対応してくれるなど、困ったときにすぐ対応してくれます。
車種や鍵のタイプにより異なるようですが、作業時間は約2時間ほどかかるようです。
費用は1万~2万円程度が多いようです。

心配な時は事前に電話等で見積もりをしてくれる業者に頼みましょう。

電話でのやりとりで気を付けたい事

まずは落ち着いて電話をしましょう。

鍵の紛失で慌てる方もいると思いますが、業者に対応してもらうためにはしっかりと電話でのやりとりが必要になります。
電話をする前に把握しておきたいのが
・メーカー
・年式
・グレード
・停車位置
・車の状態
・鍵の種類  です。
年式や型式に関しては車検証を見ないとわからないこともあるでしょうが、わかる範囲で伝えましょう。
鍵の種類によっては道具なども変わってくるので、事前に把握しておきたいですね。とくにイモビライザーが付いているかどうかは重要になってくるようです。
すぐに来てもらえるよう、住所や目印となる物を把握しておくことも大切です。

車の鍵を紛失しないために

車の鍵の紛失をしないための心がけを紹介していきます!

キーケース

スマートキー用

スマートキーを落とした時に壊れないようにソフトケースに入れている方もいるのではないでしょうか?ソフトケースだと落とした時に気付かずそのまま紛失してしまう恐れもあります。落とした時に気づけるように、音のなるキーホルダーなどをつけておくといいかもしれません。

鍵置き場

家の中で鍵が紛失させない工夫です。

家から出かけようとして鍵が見当たらない場合は、変なところに置かれていたり、別の鞄に入っていたりすることが多いようです。
鍵の置き場を決めて必ずそこにおけば、家での紛失はなくなるでしょう。

合鍵

いざという時に用意をしておきたいですね。

車の鍵を紛失したときでも、合鍵があれば安心ですね。特にイモビライザー付の鍵を紛失すると、合鍵作成までに時間がかかる場合もあります。
あらかじめ作っておけば、すぐに車に乗ることもできます。鍵の専門業者でもイモビライザー付の鍵の複製を行っていますので、複数社に見積もりを出してもいいですね。

おわりに

車の鍵がない!紛失した!と気が付いたとたんパニックになりかけますよね。そんな時に落ち着いて行動できるように、日頃から備えておきましょう。鍵を紛失しないためには?紛失したら?と考えることが大切です。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ