トヨタの「天才タマゴ」エスティマハイブリッドについて紹介します。

トヨタの天才タマゴで人気のミニバンと言えばエスティマ。そんな人気のエスティマもハイブリッドが登場し、より一層人気が増しているとされています。ということで今回は、エスティマハイブリッドについて紹介していきますので、この車を検討されている方は参考してみてください。

エスティマハイブリッドとはこういう車です。

まずエスティマハイブリッドがどういう車なのかを知るために、エスティマハイブリッドについて紹介していきます。

エスティマの登場は1990年

エスティマは1990年、ミニバンブームの始まりと同時に発売され、卵型の丸みを帯びた外観が印象的で、トヨタは「天才タマゴ」というキャッチコピーをつけ、トヨタ車のなかでも知名度が高く幅広い年齢層に絶大な人気を誇る車です。

加速性能の評価は高いが燃費性能はイマイチ

エスティマはビックサイズのミニバンということで室内はとても広々としており、ゆったりと座れるシートと快適温熱シートなどが完備されているなど、快適な装備は充実しており、ドライブを楽しむことができるのが大きな特徴です。

また、2.4L 直列4気筒エンジンと3.0L V型6気筒エンジンの2タイプの種類が用意され、どちらも大排気量で加速も十分に感じられ、高い評価を得ていましたが、一方燃費の面ではJC08モードで11.6km/Lとあまり良いとは言えない数値です。

2001年にエスティマハイブリッドが登場

あまり燃費が良くないとされていたエスティマですが、2001年にハイブリッド車が登場したことで燃費も向上し、排気量2.4Lエンジンを搭載しながらも10・15モードで18.6km/Lの低燃費を実現しました。

ちなみに、トヨタではエスティマハイブリッドの登場はプリウスに次いで2番目となり、ミニバンではもちろん初となるミニバンのハイブリッドカーでした。

2.4Lエンジン以上の実力

エスティマハイブリッドは前輪駆動のエンジンを一つのモーターでアシストし、後輪は別のモーターで駆動させる「E-Fou」を搭載しているので、2.4Lでありながらそれ以上の2.7Lクラスの動力性能を発揮します。

現在も変わらない快適な居住空間

エスティマは発売当初から快適な居住性には評価が高く、フロントシートは腰を包み込むようなホールド感があり、また2列目以降も十分なサイズを確保されおり最大800㎜もスライドが可能なので、車内でゆったり快適に過ごすことが出来るのです。

エスティマハイブリッドの便利なコンソール

また、エスティマハイブリッドのセンターコンソールはとても便利な機能が備えつけられており、背面に100w/1500wの電源コンセントが用意されていますので、万が一携帯電話の充電がなくなってしまったという時にもとても便利です。

エスティマハイブリッドのエクステリア

エスティマハイブリッド【フロント】

フロントで特徴的なのがバンパーです。上から下まで伸びたグリルは大きな口を開いたように見える感じがすると賛否両論ですが、エスティマは今まで押し出し感が強くないので、これくらい大胆でも良いと思います。

エスティマハイブリッド【サイド】

サイドから見るフォルムに特別変化を感じというところはありませんが、ルーフがブラックに塗り分けてされている分、とても引き締まった印象を与えてくれます。

エスティマハイブリッド【リア】

リアに関しては立体感のあるテールランプが特徴的で、LEDライン発光ストップランプと面発光テールランプに分かれていますのでとても美しいリアビューを演出します。

エスティマハイブリッドのインテリア

エスティマハイブリッド【運転席】

流行に沿った光沢のあるブラックのインテリアパネルがとても上質な印象をあたえてくれ、さらに9インチのナビゲーションシステムが装着可能なので、高級感と実用性が兼ね備えられた内装です。

エスティマハイブリッド【充実装備】

エスティマハイブリッドはアクセサリーコンセントがとても充実しており、ハイブリッドの大容量電気エネルギーにより停電などの非常時に発電機としても使えるのでいざという時でも役に立ちます。

エスティマハイブリッド【シート素材】

この車に採用されているシートは「ブランノーブ」という革の高品質感をファブリック素材で表現した上質なシートで、織物地には弾力性のある極太綿を使用しているので耐久性と伸縮性に優れています。

このように、エスティマハイブリッドは様々な充実装備が用意されており、グレードやオプションパーツなどで価格も変動していきますので、詳しくは店頭でご確認ください。

エスティマハイブリッドの車両価格

エスティマハイブリッド AERAS 【車両価格/スペック】

【サイズ】:4820×1810×1760mm
【エンジン】:2.4L+モーター
【トランスミッション】:電気式無段変速機
【価格】:7乗り/435.2万円・8乗り/431.1万円
【燃費】:18.0km/L(JC08モード)

エスティマハイブリッド AERAS PREMIUM 【車両価格/スペック】

【サイズ】:4820×1810×1760mm
【エンジン】:2.4L+モーター
【トランスミッション】:電気式無段変速機
【車両価格】:7乗り/439.1万円
【燃費】:18.0km/L(JC08モード)

エスティマハイブリッド AERAS SMART 【車両価格/スペック】

【サイズ】:4820×1810×1760mm
【エンジン】:2.4L+モーター
【トランスミッション】:電気式無段変速機
【車両価格】:7乗り/453.2万円
【燃費】:18.0km/L(JC08モード)

エスティマハイブリッド AERAS PREMIUM-G 【車両価格/スペック】

【サイズ】:4820×1810×1760mm
【エンジン】:2.4L+モーター
【トランスミッション】:電気式無段変速機
【車両価格】:7乗り/492.8万円
【燃費】:18.0km/L(JC08モード)

エスティマハイブリッドのボディカラーは全部で10色展開

オプションカラー【ツートンカラー】

・ブラック×レッドマイカメタリック
・ブラック×ダークシェリーマイカメタリック
・ブラック×アイスチタニウムマイカメタリック
※別途54,000円のプラスとなります。

オプションカラー

・ホワイトパールクリスタルシャイン
・スパークリングブラックパールクリスタルシャイン
※別途32,400円のプラスとなります。

通常ボディカラー

・シルバーメタリック
・アイスチタニウムマイカメタリック
・ブラック
・レッドマイカメタリック
・ダークシェリーマイカメタリック

このように、エスティマハイブリッドのボディカラーは全部で10色から選ぶことが出来ますが、なかにはオプションカラーとして価格がプラスされるカラーもありますので注意してください。

最後に、エスティマハイブリッドについて

長期に渡り「天才タマゴ」と親しまれているだけに、ミニバンとしての完成度は高いです。またハイブリッドも登場し燃費面もさらに充実した内容の車ですので、購入を検討されている方は是非一度、試乗してみることをオススメします。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ