ダイハツの箱型ワゴン車!アトレーのモデルチェンジを大胆予想!

ダイハツの軽ワンボックスカー、アトレーは1960年から生産が続けられている息の長いモデルです。2005年に現行型がデビューして11年が経過。そろそろモデルチェンジの噂が出ています。そこでアトレーのモデルチェンジがどのようにあんるのか?情報をまとめてみました

モデルチェンジ間近!?アトレーとはどのようなクルマかを解説

ダイハツアトレーはワンボックスタイプのパッケージングは、積載性に優れ軽自動車の限られたサイズの中で、余裕の室内空間を生み出しています。

モデルチェンジが近いアトレー

ダイハツを代表する乗用ワゴンタイプのアトレー。モデルチェンジが近いとの情報があちこちで聞こえています

ダイハツアトレーとは、商用車タイプのハイゼットと違い、より上質な乗り心地や快適性を追求した乗用ワゴンタイプの軽自動車です。

アトレー走行インプレッション

乗用車らしい快適な乗り心地がアトレーの特徴。プラットフォームを共通にするハイゼットとは遮音性も違います。

商用バンタイプモデル

ハイゼットカーゴ

アトレーと基本構成が同じ商用バンタイプ。こちらもモデルチェンジが近いとの情報があります。

アトレーを語る上で欠かせないのがハイゼットの存在です。アトレーが5ナンバータイプの乗用車なのに対してこちらは4ナンバーの商用車になります。アトレーとの違いは、荷室が広くより荷物が積みやすくなっています。

ハイゼットトラックがモデルチェンジの伏線?

キャブオーバータイプのハイゼットトラック。こちらも軽自動車にはなくてはならない存在です。

こちらはトラックタイプ。ハイゼットトラックは専用のプラットフォームで開発されたモデルになりますが、アトレー/ハイゼットカーゴが現行モデルを継続しているのと違い、一足先にモデルチェンジを行っています。コンセプトが近いモデルだけに、アトレーモデルチェンジに期待がかかるのも自然な話なのです。

ダイハツアトレーの特徴

アトレーのモデルチェンジ予想をする前に、まずは現行モデルのアトレーの基本情報についておさらいしましょう。

アトレー室内

リヤゲートから見えるアトレーのインテリア。軽自動車規格の中で、最大の室内空間を獲得しているのが特徴です。

歴代アトレーの共通するコンセプトは、軽ワゴンの特徴を活かした広い室内空間です。リヤシートをたたむと、広大なラゲッジスペースが出現します。趣味に仕事に、さまざまなシーンで活用できます。

アトレー エンジン

モデルチェンジ後は環境性能を向上させた新型エンジン投入に期待!

モデルチェンジ末期のアトレーはエンジンをアンダーフロアにレイアウトしています。シートを持ち上げると、そこからメンテナンスができます。扱いやすいNAエンジンの他にも、パワフルなターボエンジンも用意されています。

モデルチェンジ末期の現行型アトレーをチェック!

新型車を語る前に、まずは現行型アトレーについて説明してみましょう。

ダイハツ アトレー

車体サイズやエンジンのデータ等、アトレーの気になる基本スペックを紹介します。

ワンボックスタイプの軽乗用車、ダイハツアトレーワゴン(ATRAI WAGON)。広々とした後席乗車可能な5ナンバーワゴンボディに、660cc 水冷直列3気筒12バルブDOHCインタークーラーターボエンジン搭載、64馬力/9.3kgmを発生する。

出典:http://autos.goo.ne.jp

上級グレードのターボモデルでは、「カスタムターボR」と「カスタムターボRS」、「カスタムターボRSリミテッド」の3グレードで構成されています。

現行型アトレーの基本スペック

ホイールベース 2450mm
ドア数 5ドア トレッド前/後 1295/1290mm
乗員定員 4名 室内長×室内幅×室内高 1970×1285×1350mm
型式 ABA-S331G 車両重量 1030kg
全長×全幅×全高 3395×1475×1875mm
エンジン型式 KF 種類 水冷直列3気筒DOHC12バルブICターボ
最高出力 47kW(64ps)/5700rpm
最大トルク 91N・m(9.3kg・m)/2800rpm

※スペックはカスタムターボRSリミテッド

アトレーモデルチェンジ時期とは!?

それでは本題となるアトレーモデルチェンジの時期はいつぐらいになるのでしょうか?さまざまな情報を元に、モデルチェンジ時期を大胆予想してみます

アトレー(現行型)

時期アトレーは環境性能はもちろん、基本骨格を一新し、より上質な走りを実現するのではと予想されています。

アトレーモデルチェンジの時期についてはさまざまな憶測が飛び交っていますが、これまでの経緯を振り返ってみると、まずは商用車のハイゼットカーゴが先行してモデルチェンジするのでは?と考えるのが現実的なところです。時期的に考えて、2016年中の可能性は低く、2017年半ばから末あたりにモデルチェンジしそうです。アトレーのモデルチェンジ時期を知るには、まずはハイゼットカーゴの動向をチェックするのが良いでしょう。

新型アトレーの未来予想

使い勝手や快適性が進化した、新型アトレーに乞うご期待!

新型車はエンジンがより環境性能を高めたものになると考えられます。ワゴンタイプの弱点だった燃費も改善し、維持費も安く抑えられるのは想像にかたくありません。さらにボディは剛性を高めながら、最新の技術により軽量化も目指しています。走行性能も格段に向上しそうです。

アトレーモデルチェンジ情報のまとめ

アトレーモデルチェンジまとめ

アトレーは商用バンタイプのハイゼットカーゴのモデルチェンジ後に発表される可能性が高く、モデルチェンジはもう少し先になりそうです。それまで楽しみに待ちたいですね。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ