オイルフィルター交換はいつ・どこですれば良いのでしょうか。

オイルフィルター交換は、何となく行っていませんか。非常にエンジンに取って重要なパーツです。それではオイルフィルターの交換時期はどれくらいで行えば良いのでしょうか。またどこで実施すれば良いのでしょうか。自分の車に最適な交換時期について調べてみましょう。

オイルフィルターとは

オイルフィルターは、エンジンに必ず付いている装置です。エンジンオイルをろ過する装置で人間で言えば肝臓のような働きをします。オイルフィルターが劣化するとエンジン自体が破損することがありますので注意しましょう。

オイルフィルターは、エンジン内に発生する金属カスを取り除く役目があります。消耗品であり交換する必要性があります。いつまでも使えるものではありません。エンジンオイルが汚れてくるとオイルフィルターも汚れてきます。またオイルフィルターはオイルエレメントとも言います。

オイルフィルターの交換はいつがベスト?

オイルフィルターは必ず交換しなければならないパーツです。オイルは3,000Km程で交換しますが、オイル交換の2回に1回はオイルフィルターを交換してください。交換しないとろ過できなくなくなり、オイルを新しくしても金属カスなどを除去することができず、エンジンを壊す要因となります。

オイルを綺麗な状態に保つことはエンジンを長持ちさせることに繋がります。すなわちオイルフィルターも一緒に交換してあげることをお勧めします。

オイルフィルターの交換を怠るとどうなる?

エンジンオイルは、ピストン内を巡回をし摩擦熱を押さえる役目があります。エンジンオイルが劣化するとこの機能が衰えエンジンが壊れてしまうことになります。

オイルフィルターは重要な役目を持つパーツであります。

オイルフィルター交換を怠ると上記画像のようにカーボンがシリンダー内にこびり付き正常稼働できない状態になります。つまりシリンダー運動に負荷が掛かると燃費が悪くなるだけはなく、ガソリンが不完全燃焼し駆動に大きな影響を及ぼします。こうなるとエンジンをオーバーホールしないと正常運動を取り戻すことができません。

そうならないようにオイル及びオイルフィルターを小まめに交換することが重要になるわけです。

オイルフィルターはどこで交換できる?

オイルフィルターは、ガソリンスタンドやカーショップで交換することができます。エンジンオイル交換時に一緒に作業を依頼しましょう。前述のとおりエンジンオイル交換の2回に1回の交換が目安となります。

オイルフィルターは自分でも交換することができます。エンジンオイルはドレンコック(オイルを抜くネジ)はエンジン下部にあるためジャッキアップを行い、車の下に潜り込む必要があります。オイルフィルターを取り除くには工具が必要となります。オイルの処理などを考えると業者に任せる方が安価に済むでしょう。

オイルフィルターは何を選べば良い?

オイルフィルターは、ディーラーで交換する場合基本純正品となります。ガソリンスタンドやカーショップでの交換の場合、プライベードブランド(そのガソリンスタンド、カーショップが開発依頼をしている商品)やオイルフィルター専門の会社から出ている商品がありますがそれでも問題ありません。

純正品と言ってもオイルフィルター製造メーカーに委託しているため、結果同様となります。車種に適合するオイルフィルターを検索し交換することをお勧めします。

高性能オイルフィルターはあるのか?

高性能オイルフィルターは、走りが激しい場面が多い車にお勧めです。通常のオイルフィルターと比較して金属除去性能が高く、耐久性にも優れています。価格も高めの設定になっています。交換時期は、オイル交換の2回に1回は通常品と変わりません。

街中走行であれば通常品で問題ありません。サーキット走行などをする車にはシリンダー内の金属カスが出やすいため高性能オイルフィルターの交換をお勧めします。

まとめ

オイルフィルター交換について話してきました。人間で言えば肝臓部分にあたる重要なパーツです。ぜひオイル交換と同じくらい気を使ってもらいたいものです。それがエンジンを長持ちさせるまた好調を維持できる秘訣です。自分の車に最適なオイルフィルターに交換して心地よいカーライフを送りましょう。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ