「いつかはクラウン」そんな憧れの車クラウンの維持費はどのくらい?

トヨタの高級セダンとして知られるクラウン。そんなクラウンを購入したいが維持費がどのくらいかかるかわからない!そんな方のために今回はクラウンの維持費が大体どのくらいかかるのかを紹介しますので、それらを参考に今後の検討材料にしてみてください。

クラウンとはこういう車です。

クラウンの維持費を紹介する前に、まずはこの車について紹介していきますので、クラウンをあまり良く知らないという方は是非ご覧ください。

クラウンは全部で3種類!

クラウンは世界が認める高級セダン車であり「ロイヤル」「アスリート」「マジェスタ」の3種類が存在します。なかでもマジェスタはクラウンのなかでも最高級モデルとされており内外装共に上質な車となります。

人気はクラウン「ロイヤル」「アスリート」

「ロイヤル」「アスリート」「マジェスタ」と3モデル展開をするクラウンですが、人気となるのは通常の「ロイヤル」か「アスリート」のどちらかとなります。一方のマジェスタはというと、車両価格が700万円以上ととても高額となることから購入する人も限られてしまうようです。

「ロイヤル」と「アスリート」そして「マジェスタ」の違い

クラウン「ロイヤル」

クラウンロイヤルは、高級志向をターゲットとしているため見た目や内装などとても高級感が感じられる作りなので乗車していてもとても快適に過ごすことが出来ます。

クラウン「アスリート」

一方のクラウンアスリートはよりスポーティ志向をターゲットとして作られており、特にメッシュ仕様のフロントグリルはスポーティさが感じられ、内装もブラックで統一されるなど運転していてワクワクさせてくれるような作りをしています。

クラウン「マジェスタ」

クラウンマジェスタはクラウンの中でも最上級クラスを担う高級車です。ボディサイズもロイヤルなどよりも大きく、快適な装備もとても充実しています。ただ車両価格が700万円以上と高額ですので良く売れるという車ではありません。

というようにクラウンには3種類のモデルが存在し、なかでもスポーティモデルである「アスリート」が人気とされています。ということで今回はクラウンの中でも人気のある「アスリート」の維持費について紹介していきたいと思います。

現行クラウン・アスリート【2.0L/2.5L/3.5L】のスペック

アスリート・2.0L/2.5L/3.5L【寸法・重量】

・【サイズ】:4895×1800×1450mm(2WD)/4895×1800×1465mm(4WD)
・【車両重量】:1590kg(2.0L)/1630kg/(2.5L)/1640kg(3.5L)
・【乗車定員】:5人

アスリート・2.0L/2.5L/3.5L【エンジン】

・【エンジン種類】:直列4気筒DOHCICターボ/V型6気筒DOHC
・【総排気量】:1998cc(2.0L)/2499cc(2.5)L/3456cc(3.5L)
・【使用燃料】:無鉛レギュラーガソリン/無鉛プレミアムガソリン
・【燃費】:9.6km/L(2.0L)/10.2km/L(2.5)L/13.4km(3.5L)

続いてクラウン・アスリートの維持費について紹介していきますので、購入の際車両本体価格だけを考えるのではなく、購入後の維持費がどのくらいかかるのかを知った上で購入を決めるようにしましょう。

現行クラウン・アスリートの最初にかかる維持費

維持費①【車両購入時の費用】

維持費として一番初めにかかるのが「車両購入時の初期費用」です。クラウンアスリートは最も安いモデルで「アスリート-T」の409.3万円で、最も高いモデルは「アスリートG」で618万円となりますので、この車を新車で購入する場合およそ500万円程必要となります。

ただ、価格の安い中古車を選べばその分初期費用は抑えられるので中古車の方がお得かもしれません。

維持費②【ローンの支払い】

現金一括で車両を購入するという方には関係ありませんが、クラウンの場合ローンを組んで購入する方が多いとされます。ローンを組んだ場合毎月の返済額が維持費となりますので無理のない返済金額を設定しましょう。

現行クラウン・アスリートの年間にかかる維持費

車を所有すれば「自動車税」「重量税」「自賠責保険」など税金が発生し、金額は車両の排気量や重量などにより異なりますので、ここではクラウン・アスリート【2.5L】を対象に紹介していきます。

維持費①【自動車税】

まずは自動車税ですが、これは毎年5月に請求される税金で車両の排気量で税金額が定めらており、クラウン・アスリート【2.5L】の場合エンジンの排気量が2499ccですので自動車税は年間45,000円がかかります。

維持費②【自動車重量税】

自動車重量税は年間で計算され、一般的には車検時に支払うようになります。クラウン・アスリート【2.5L】の場合だと車両重量が1630kgで20,000円ですので、2年で40,000円となります。

維持費③【自賠責保険】

車を購入すれば必ず加入することになる自賠責保険。こちらも重量税と同様車検時に支払うこととなり、クラウン・アスリート【2.5L】の場合は概算で年16,350円ですので支払う金額は32,700円です。

維持費④【車検&点検】

新車で購入した場合、購入から3年後、以降は2年毎に必ず車検を受けなければなりません。クラウン・アスリート【2.5L】の場合「重量税」、「自賠責」、などの必要費用とオイルなどの消耗品の交換などを含めおよそ12万円程です。ただ、車検費用は車両の状態などでも異なりますので詳しくは整備工場にてご確認ください。

現行クラウン・アスリートの月にかかる維持費

維持費①【燃料費】

日常的にかかる維持費として最も目につくのが燃料費です。クラウン・アスリート【2.5L】はレギュラーガソリンとなり、燃費はJC08モードで10.2km/Lとなりますので、燃料費を少しでも安く抑えたいという方は“急”が付く運転は避け、日々エコ運転を心がける必要があります。

維持費②【駐車場費】

駐車場の料金は地域により異なりますが、首都圏だと月5万円以上となる場所もありますので、その辺はじっくりと考えたいところです。

維持費③【任意保険】

任意保険はその名のとおり任意です。加入しなければ維持費としてかかることはありませんが、何かが起きてからでは遅いですので必ず任意保険には加入するようにしてください。またその保険も保証内容により異なりますので適切な保険会社をお選びください。

最後に、維持費の高いクラウンについて

このように、車を購入すれば必ず維持していく費用が必要とされます。またクラウンの様な高級車になればなるほど維持費は高くなるので、購入する際は車両のことだけではなく維持費のこともしっかり検討した上で購入するようにしてください。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ