軽自動車の登録は陸運局ではなく軽自動車検査協会で行います。

自動車の登録は、結構難しく、一般の人には分からない事だらけですが、軽自動車に限って言えば、案外簡単なのです。一般的に車の登録!と聞けば、「ワ―、面倒くさい」とか「うわー、むずかしそう」と思ってしまいがちです。でも。ご安心ください、軽自動車は意外と簡単です!

軽自動車の登録に必要なものは?

ショールーム内の軽自動車

軽自動車の登録には何が必要なのかを考えてみましょう。普通車の登録を行う場合は、新しく名義人になる人の印鑑証明書や、車庫証明書が必要なのですが、軽自動車の場合は名義人の住民票が1通有れば十分です。そして実印では無くて、認め印でもOKです。これは、軽自動車の場合は「登録制度」ではなく「届け出制」になっているからです。

軽自動車の検査証

軽自動車登録に必要な書類

用意するものは、軽自動車検査証、住民票及び申請依頼書です。軽自動車検査協会に持参するものはこれでOKです。後は、検査協会の窓口で、マークシートと軽自動車税申告書を購入し、必要事項を記入して申請します。
まとめると登録に必要な書類関係は次の通りです
1、検査証
2、住民票又は印鑑証明書原本又はコピー(法人名義の場合は、全部事項証明書)
3、申請依頼書
4、マークシート
5、取得税・自動車税申告書
6、旧、ナンバープレート(他府県ナンバーの場合は返却)

軽自動車検査協会の建物

軽自動車の登録(届け出)は、写真のような検査協会で行います。

軽自動車の登録は陸運局で行う?

軽自動車検査協会

軽自動車の登録を行う、軽自動車検査協会です。

軽自動車を登録できる事務所は、普通車の登録を行う「陸運支局」の「検査登録事務所」では無く、「軽自動車検査協会」という、陸運支局とは別の場所に有ります。陸運支局と検査協会は、全く同じような業務を行っていますが、別な組織です。行く場合には所在地を良く確認していくことが大切です。多くの場合、陸運支局と隣り合わせになっている場合も有りますが、逆に離れた場所に設置されてる場合も有ります。

軽自動車の登録名義人は、誰でもいいのですか?

普通自動車と違い、軽自動車の届け出は成人で無くとも出来ます。未成年者で有っても届け出を行うことは可能で、自動車の運転免許を持っていない子供でも所有者になることができます。

検査協会の様子

軽自動車を登録したあとの、保管場所は?

軽自動車を買っても保管場所が要りますね。でも、地方なら保管場所が全く要らない地域も有ります。ただ、県庁所在地や主要な都市では、普通自動車と同じように車庫証明が必要な地域が有ります。
但し、普通車の登録のように、自動車の登録の時に必要なのかと言うと、そうではありません。軽自動の場合の車庫証明書は、車を登録(届け出)をしてから15日以内に申請する必要が有ります。

軽自動車の車庫証明

これが軽自動車の車庫周明申請書です。

この申請に必要なものは、次の通りです
1、「軽自動車用の車庫証明申請書」
2、「検査証のコピー」
3、「地主又はモータープールの承諾証明書」又は自分の土地におく場合は「自認書」
4、「見取り図」と「配置図」
を揃えて管轄の警察署の車庫証明窓口に提出します。
なおこの届け出は、検査証が新しい名義人になった日から
15日以内となっているので注意してください。

月極め駐車場

軽自動車を登録したら、軽自動車の車庫証明の申請が必要です。

軽自動車には封印が無い?

御存じでしょうか、軽自動車には普通車のような、ナンバープレートの封印は有りません。普通自動車の登録の場合は、車検証が出来上がり、自動車税や取得税の申告が終わった後に、ナンバープレートの交付が有ります。この交付されたナンバープレートを取り付けて、封印場所で待っていると、係の方が一台一台検査証と車台番号の確認後に、後ろのナンバープレートの丸い封印を取り付けてくれますが、軽自動車には、この封印作業が有りません。

黄色い軽自動車のナンバープレート

普通車の白と違い黄色い色のナンバープレート

普通自動車の登録の場合は、もっと言うと普通車の場合は「国」に登録しなければならず、軽自動車の場合は、「個人又は法人」がその車を使用する事を「届け出る」制度で有るからです。従って普通自動車のナンバープレートは「自動車登録番号標」。軽自動車の場合は「車両番号標」となり、はっきりと区別されています。

軽自動車のナンバープレート

ナンバープレートでも、これは軽自動車の光るナンバープレートです。
御覧のように封印はありません。

軽自動車登録のまとめ

軽自動車の登録申請窓口で検査証の完成を待つ

軽自動車の名義変更書類の申請、検査証の出来上がりを待つ。この後は自動車税・取得税の申告を行い、ナンバープレートを貰い、完成です!これで軽自動車の登録が完了です。思ったより簡単なので、やってみるとビックリします。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ