車でも音楽を愉しみたい!そんな人はサブウーファーがおすすめです!

音楽はドライブに欠かせないツールであり、どうせ聞くなら音質にもこだわりたいものです。そんな時オススメなのがサブウーファー!車にサブウーファーを導入すると迫力あるサウンドが愉しめるので更に気分が盛り上がります!今回はそんなサブウーファー車について紹介します。

サブウーファー車とはこういう車です!

走行している車から「ズン、ズン」と低音を鳴り響かせながら走行している車を一度は見かけたことがあるかと思いますが、それが「サブウーファー車」です。とは言え「ズン、ズン」させているだけがサブウーファー車ではございません。

サブウーファーとは一体何なのか!

ほとんどの人が知るスピーカーですが、一つのスピーカーから可聴帯域を再生するのには限界があります。そこで大きさの異なるスピーカーを組合せ快適な音域を再生する「マルチウエイシステム」と言う方法と、音のパート毎にいくつかスピーカーを分ける「2、3ウエイ」などと呼ばれる方法を用いり、より良い音質効果を与えます。

なかでも最も高音域を担当するスピーカーが「ツイーター」と呼ばれる口径2.5㎝程の小さなスピーカーで、一方最も低音域を担当するのが「サブウーファー」です。ちなみにサブウーファーの口径は一般的に20cmを超えるものが殆どです。

サブウーファーの役割

サブウーファーは低音域を補うスピーカーですので本来メインとなるスピーカーだけでは出すことの出来ない迫力のあるベース音(重低音)を最大限に引き出してくれる役割を持ちます。

音楽というのは「高音」「中音」「低音」のバランスが取れてこそ初めて良質なサウンドを奏でてくれるようになるのです。

ということでサブウーファーというのは、ただ単に重低音を響かせ「ズンドン、ズンドン」する目的だけのものではなく、良質なサウンドを出す重要なスピーカーなのです。

では、サブウーファーを実際車に導入するとしたらどこのメーカーが人気なのでしょうか。続いて人気のサブウーファーはどのメーカーなのかを知るために、いくつかメーカーを紹介します。

コンパクトで使いやすい!サブウーファーおすすめメーカー

おすすめメーカー①【アルパイン】

【SWE-1080 パワードサブウーファー】

20cmの大型振動板とアルミダイキャストボディでビビり音を軽減、さらにアンプ一体式となりますので面倒な配線処理の必要もありません。
【商品価格】:¥18,096(税込)

おすすめメーカー②【カロッツェリア】

【カロッツェリア・TS-W3020/W2520】

カロッツェリアのTSシリーズは一般的なサブウーファーよりも振動面が大きく確保されているのでより深い、伸びのある重低音を奏でてくれます。
【商品価格】:¥20,800(税込)~

おすすめメーカー③【HERTZ(ハーツ)】

【HERTZ・DBA200.3】

HERTZ(ハーツ)はカーオーディでは有名なブランドで、こちらは20cmの口径に迫力のある重低音域を発揮する140Wのアンプがコンパクトにまとめられており、見た目もスッキリしておりオススメです。
【商品価格】:¥27,406 (税込)

中古車で販売されているサブウーファー車の価格とは

中古サブウーファー搭載車①【アルファード】

アルファード・アルパインビックXナビフリップダウン専用ウーハー車(平成20年式)

・車種/アルファード・240
・オーディオ/アルパインナビフリップダウンウーハー
・走行距離/8.9万㎞
・車検/平成28年11月
・価格/199万円

中古サブウーファー搭載車②【ハイエース】

ハイエース・DVDナビサブウーファー搭載車(平成17年式)

・車種/ハイエースバン・ロングスーパーGL
・オーディオ/ツイーターDVDナビ・サブウーファー
・走行距離/13.2万㎞
・車検/平成29年3月
・価格/156.6万円

中古サブウーファー搭載車③【フィット】

ホンダフィット・社外HDDナビ、サブウーファー搭載車(平成22年式)

・車種/フィット・RS
・オーディオ/社外HDDナビ・サブウーファー
・走行距離/8.6万㎞
・車検/2年付き
・価格/79.8万円

中古サブウーファー搭載車④【エルグランド】

エルグランド ライダー・社外DVDナビ、サブウーファー搭載車(平成17年式)

・車種/エルグランド ライダーS
・オーディオ/社外DVDナビ・サブウーファー
・走行距離/4.9万㎞
・車検/2年付き
・価格/109.8万円

サブウーファーの必要性とは

さて、これまでサブウーファーについて紹介してきましたが、そもそもサブウーファーは本当に必要なのか?ということで続いてサブウーファーの必要性についていくつかお伝えしていきます。

サブウーファーの必要性①

車に設置してあるスピーカーだけでももちろん音楽を楽しむことは出来ます。しかしながら走行中はどうしてもエンジン音やロードノイズなどが入り低音域がかき消されてしまいます。その騒音などでかき消された低音を取り戻してくれるのがサブウーファーですので、常に良質なサウンドで音楽を楽しみたいという人には必要だと言えるでしょう。

サブウーファーの必要性②

次にドアスピーカーの音割れも軽減してくれるという効果もあります。ドアに付けられているスピーカーは狭い空間に設置してあるため、コーンの動きが過大になり音割れが生じてしまうのです。そうした音割れにもサブウーファーを追加すればドアスピーカーに過剰な負担をかけずに音を出すことが可能となるため、心地よいサウンドが愉しめるようになります。

このように、車内でお気に入りの音楽をより良いサウンドで聴くにはやはりサブウーファーを設置した方が有利であると言えるでしょう。

最後に、サブウーファー車について

サブウーファーは、音楽をより高い音質で愉しむためのアイテムです。最近ではコンパクト設計で座席の下などに置けるタイプのものも増えてきていますので、サブウーファーに興味のある方はぜひ導入してみてください。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ