運転免許の更新を忘れて失効したとき、再取得するとどうなる?

運転免許の更新を忘れて、有効期限が過ぎてしまった運転免許は失効してしまいます。失効すると運転免許がない状態と同じになり、車を運転すると無免許運転になりますので再取得しなければなりません。そこで期限の経過程度で異なってくる手続きをまとめてみました。

運転免許が失効してしまった場合の手続き

運転免許の更新を期間内に行わないでいると、運転免許が失効してしまいます。もし運転免許が失効してしまってから運転してしまうと、無免許運転となりますので、更新期間には注意しなければなりません。
運転免許が失効していることに気づいたら速やかに手続きをおこなうようにしましょう。

失効した理由が特にない場合

運転免許証の有効期限を過ぎて失効してしまった場合は、過ぎてしまった理由と過ぎた期間によって再取得の方法が変わります。まずは更新できなかった理由が特になかった場合を見てみます。

有効期限が過ぎてから6ヵ月以内の場合

仮免許は、技能試験と学科試験が免除されます。
あとは適性試験(視力検査・聴力検査・運動能力検査など)受験と、講習を受講することによって、運転免許は再取得することができます。

有効期限が過ぎてから6ヵ月以上1年以内の場合

仮免許は、技能試験と学科試験が免除されます。
適性試験(視力検査・聴力検査・運動能力検査など)の受験と、講習の受講をしなければならないのは6か月以内の場合と同様ですが、さらに学科・技能の本免許試験に合格しなければ運転免許を再取得することができません。

有効期限が過ぎてから1年以上の場合

仮免許の、技能試験と学科試験免除はありません。
適性試験(視力検査・聴力検査・運動能力検査など)の受験と講習の受講をして、本免許試験を学科・技能とも合格する必要があります。
つまり初めて運転免許を取得するときと同じですね。

ゴールド免許は継続できるのか

経過期間に関係なくいったん失効したとみなされ、ゴールド免許は引き継ぐことはできません。そのためせっかくゴールドの運転免許を持っていたとしても、ブルーの運転免許になってしまいます。
つまり運転免許を失効した理由が無い場合、実質的な罰がこれにあたります。

やむを得ない理由により運転免許を失効してしまった場合

次にやむを得ない理由により運転免許を失効してしまった場合について見ていきます。
やむを得ない理由とは、例えば次のような理由となります。

・病気や傷
・災害
・海外旅行
・法令による身柄拘束
・社会の習慣上又は業務の遂行上やむを得ない用務が生じた

これらの理由により運転免許を失効してしまった場合は、やむを得ない理由として認められ、特に理由もなく失効した人と比べて再取得方法がいくぶん緩和されることになります。
ただしやむを得ない理由は都道府県によって解釈が異なることがありますので、所轄の警察に確認したほうが良いでしょう。

有効期限が過ぎてから6ヵ月以内の場合

仮免許は、技能試験と学科試験が免除されます。
あとは適性試験(視力検査・聴力検査・運動能力検査など)受験と、講習を受講することによって、運転免許は再取得することができます。

有効期限が過ぎてから6ヵ月以上3年以内の場合

この場合が特に理由もなく6か月以上経過させてしまった場合と大きく異なり、6ヵ月以内と同様の手続きで再取得することができます。つまり仮免許は、技能試験と学科試験が免除され、あとは適性試験(視力検査・聴力検査・運動能力検査など)受験と、講習を受講することによって、運転免許は再取得することができます。

有効期限が過ぎてから3年以上経過して失効してしまった場合

この場合も特に理由もなく6か月以上経過させてしまった場合と同様です。つまり仮免許の、技能試験と学科試験免除はなく、適性試験(視力検査・聴力検査・運動能力検査など)の受験と講習の受講をして、本免許試験を学科・技能とも合格する必要があります。

ゴールド免許は継続できるのか

6ヵ月以内であった場合のみ、ゴールド免許は引き継ぐことができます。6ヵ月を過ぎるといったん失効したとみなされゴールド免許は引き継がれません。
いちおう、やむを得ない理由があるということを考慮してくれているということですね。

自動車保険も確認してみて!

運転免許を失効してしまうような状況になる人は、同時に自動車保険も確認したほうがいいかもしれません。特に任意保険は期限が切れがちですので、注意してください。
自動車保険を今までの等級で引き継ぐためには、契約の満期日から起算して7日以内に更新する必要があります。
何かあってからでは遅いので、必ず確認するようにしましょう。

海外赴任などで長期間国外に滞在する場合は注意

災害や病気などは予測が難しく、事前に対応することができない場合が多いと思われます。一方で海外赴任などはある程度事前に準備できるものです。もし赴任中に運転免許の更新が必要になりそうならば、あらかじめ更新期間前の更新手続きを行い、免許が失効してしまわないようにしてください。

つまり失効した運転免許を再取得するのは大変

運転免許の更新は面倒ですが、失効してしまうとさらに面倒な事態になってしまいます。忘れずに更新するようにしましょう。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ