マツダ アクセラの値引き条件を引き出し、オーナーになろう。

マツダ アクセラを1円でも安く手に入れるため値引き交渉をどう行えば良いのでしょうか。マツダ アクセラの高値引き条件を引き出すコツについてお教えします。好きな車を購入するまでに時間と根気を要しますが、非常に楽しい時間となります。

新型マツダ アクセラについて

マツダ アクセラは2016年7月にマイナーチェンジが施されています。今回の追加項目は「i-アクティブセンス」についても、マツダ初となる「交通標識認識システム(TSR)」や「アダプティブLEDヘッドライト(ALH)」が設定されています。

また内外装とも変化していますが、大きくはディーゼルエンジンの選択グレードが増えたことでしょう。マツダ アクセラはディーゼルエンジンが最上級車の設定しかなく、もう少し手軽に購入したいというニーズがあったことは確かです。

例えばハッチバックタイプのスポーツにディーゼルエンジンが設定されたことで選択枠が広がっています。

マツダ アクセラをはじめとするクリーンディーゼルエンジンへの概念を変化させる狙いがあるのかも知れません。日本でのディーゼルエンジンへの考えはまだまだスポーツタイプにはね、という思想が蔓延っているのが実情だからです。

マツダ アクセラの値引きは、マイナーチェンジから四か月しか経過していない(2016年11月)ため値引きが厳しそうであると考えるのが普通かもしれません。

マツダ アクセラ 値引き  まずはライバル車を調査

マツダ アクセラの値引き一杯に引き出して購入するには、ライバル車の調査を行いましょう。ライバル車購入で重要顧客が逃げることをディーラーは非常に嫌がります。

マツダ アクセラのライバル車として
①トヨタ オーリス、フィルダー、プリウス、ウイッシュ
②ホンダ シャトル、フリードスパイク
③スバル インプレッサ
などが上げられます。
以上の販売ディーラーで値引き額を聞き出すことが重要となります。

マツダ アクセラのライバル車として最右翼はスバル インプレッサと言えるでしょう。インプレッサは2016年11月にモデルチェンジしたばかりとあって、新しいもの好きの日本人はどうしても目が行きがちな車種になります。

マツダ アクセラ スカイアクティブ 値引き

マツダ アクセラを試乗・見学のためディーラーに出向いてみましょう。来場すると営業マンが快く出迎えてくれます。どの車種を見に来たかをはっきり伝え交渉に入ります。一通りの説明が終わり試乗まで導いてくれれば営業マンが見込み客と感じていると思って良いでしょう。見込み客と思わず、ただの冷やかし客であれば試乗までさせません。

マツダ アクセラの試乗を終えたら見積もりを出してもらいます。営業マンの値引きはごく当たり前の金額であるため、どの客にも提示している金額と言っても良いでしょう。ここからが交渉の始まりです。

マツダ アクセラ値引き相場

マツダ アクセラを1円でも安価に購入したいのは誰しも同じです。そこで値引き交渉に入ります。値引きは決裁権限を持っているディーラーの責任者からの条件を引き出すことが重要です。その際に大事なことが前述のライバル車も検討していること、値引き条件を伝えることです。

マツダ アクセラがマイナーチェンジしてから4か月足らず(2016年11月現在)ということもあり18万円前後が値引き合格ラインと言えます。ライバル車であるインプレッサや他の車種の値引き状況を調べて引き合いに出すことが重要となります。

マツダ アクセラ値引き後の購入まで

マツダ アクセラを購入したいと思っても焦りは禁物です。前述したライバル車のディーラーも訪問しマツダ アクセラと同価格帯モデルで値引きがどれくらい、またアフターサービスやオプションをどれくらいサービスしてくれるかを調査する必要があります。

マツダ アクセラを購入するまでに時間を要することは覚悟しておかなければなりません。その結果、値引き額を多く引き出せることでモデルを上げることや、オプションパーツを装備したオリジナルマツダ アクセラを手に入れることができるかもしれません。

まとめ

マツダ アクセラの値引きについてレポートしました。マツダ アクセラを購入したいと思うのならば、その情熱が相手に伝われば高値引き条件が引き出せます。粘り強く、根気よく交渉テーブルにつくようにしましょう。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ