車のフロントガラスがギラギラしてる!油膜取りで視界を確保しよう!

雨の日の夜、フロントガラスに対向車のライトが当たって、ギラギラと乱反射して視界が悪いなんて事はありませんか?それはフロントガラスに油膜が付いているのが原因です。どうすれば油膜取りができるのかまとめましたので、車の油膜取りをする際の参考にして下さい。

車のフロントガラスに、なぜ油膜ができるのか?

車のフロントガラスに付着する油膜は、水分と油が一緒になって混ざり合ったものになります。

油膜ができる主な原因は、以下の通りです。
・雨などに含まれた油が蓄積する
・走行中に道路の油が飛んで付着する
・大気中の排気ガス等が付着する
・ワックスやコーティング剤が溶け出して付着する

油膜は、運転時の視界不良を引き起こします。
また、衝突被害軽減ブレーキ機能が付いた車のフロントガラスに油膜が付着していると、その機能が正常に作動しない可能性もあるので、安全に対して悪影響を及ぼします。

従って、フロントガラスの油膜取りは、定期的に行う必要があるのです。

車の油膜取りの頻度は?

車のフロントガラスの油膜取りの頻度は、特に決まっていません。
ただ、油膜取りせずにずっと放っておくと、どんどん蓄積されて取れにくくなり、撥水コーティングしても定着しなくなります。

月に一回は洗車しているという人が、多いと思います。
それに併せて、フロントガラスの油膜取りを行えば、常に視界がクリアな状態を保つ事ができます。

車の油膜取り 簡単なやり方をご紹介

車の油膜取りのやり方には、以下の方法があります。

車の油膜取り①:ウーロン茶

ウーロン茶を、キレイなタオルに染み込ませてフロントガラスを擦ると、軽い油膜は落ちます。
ウーロン茶に含まれる重合ポリフェノールという成分が、油分を分解する働きがあるからです。

車の油膜取り②:新聞紙

軽く濡らした新聞紙でフロントガラスを擦ると、新聞紙に付いているインクの効果により、油膜が落ちます。

車の油膜取り③:食器用洗剤

食器用洗剤を水で薄め、フロントガラスに吹き付けてスポンジで擦れば、油膜を落とす事ができます。

ただし、洗剤が残っていると、フロントガラス周りのゴムやプラスチック等のパーツを痛める恐れがあるので、洗剤はしっかりと洗い流すようにして下さい。

車の油膜取り④:専用の油膜取り剤

ガンコな油膜の場合は、フロントガラスに油膜が残っていると、撥水コーティングしても、一ヶ月くらいで撥水効果がなくなってしまいます。

ガンコな油膜には、研磨剤(コンパウンド)の入った専用の油膜取り剤を使って、油膜を削り落とします。

車の油膜取り 業者に御願いした時の費用は?

車の油膜取りを業者に御願いした時の費用は、以下の通りです。

車の油膜取り業者①:ガソリンスタンド

最近のガソリンスタンドは、セルフ給油のスタンドが増えて、従業員が少なく細かいサービスを実施していないスタンドも多いようですが、油膜取りの費用は大体1000~2500円となっています。

車の油膜取り業者②:ディーラー

ディーラーの場合は、油膜取りだけのサービスは行っておらず、撥水加工とのセットになっている事がほとんどです。
撥水コートの種類にもよりますが、費用は3000~7000円になります。

車の油膜取り業者③:ボディーコーティング業者

車のボディーコーティング業者の場合も、油膜取りのみを実施していない業者がほとんどで、油膜取りと共に何らかのコーティングを施すようになっています。
費用は15000円~になります。

ショップによっては、ボディーコーティングのオプションとしてのみ、取り扱っているところもあるので注意が必要です。

車の油膜取り 自分で作業する際の手順をご紹介!

車の油膜取りは、自分一人でも簡単に作業ができます。
そこで、油膜取りの作業手順をご紹介します。

手順1:フロントガラスの洗浄作業

汚れている、汚れていないに関わらず、フロントガラスをキレイに洗浄して下さい。
洗浄しないと、砂や小さな汚れが混ざり、フロントガラスにキズが入る恐れがあります。

ガラス表面の汚れを、カーシャンプーを使ってキレイに洗い流します。
鳥のフンや虫の死骸等のガンコな汚れは、専用のクリーナーで落として下さい。

手順2:フロントガラスの油膜取り

油膜取り専用のクリーナーで、フロントガラスの油膜取りをします。
スポンジにクリーナーを適量取り、油膜が完全に落ちるまでゴシゴシと、最低5分程は同じ部分をこするようにしていきます。

手順3:油膜が除去できているかを確認

クリーナーを水で洗い流し、水を含んだスポンジを絞りながら、フロントガラスに撥水効果が残っているかを確認します。
油膜が除去されていれば、フロントガラスは親水状態になっているはずです。

手順3:フロントガラスの拭き上げ

フロントガラスについた水滴を、タオル等で拭き上げます。
汚いタオル等で、フロントガラスの拭き上げをすると、油汚れ等が付着するので、必ずキレイなタオル等で、フロントガラスの拭き上げをするようにして下さい。

以上で、油膜取り作業は完了となります。
あとは、フロントガラスに撥水剤を塗れば、キレイにムラなく撥水コーティングが仕上がります。

最後に一言!

車の油膜取りについてまとめてみましたが、いかがでしたか?
視界不良での運転は危険です。
油膜取りをして、クリアな視界を確保しましょう!

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ