バッテリー上がりを未然に防ぐ原付スクーターのバッテリー充電方法

いざ原付に乗ろうと思ったらエンジンがかからない…そんな経験がありませんか?バッテリーが上がってしまうとセルを回すことが出来ず、エンジンが始動しません。そんなトラブルを防ぐためにも、原付のバッテリーは定期的な充電が必須。充電の基本をレクチャーします!

忘れたころにやってくる原付のバッテリー上がり

原付のバッテリーあがりほど、いたなものはないですよね。急な用事があるときに原付が動かないとなったらさあ大変。原付といえども、日頃のメンテナンスが大切なのです。

原付 バッテリー充電

急なバッテリー上がりは原付につきもの。定期的な充電で、メンテナンスをしましょう。

原付のバッテリーは消耗品で、定期的な交換が必要です。しかしバッテリーの寿命ではなく、単にバッテリーが上がっているだけの場合もあります。そんなときは充電するだけでバッテリーが蘇ることもあるのです。

原付バッテリー上がりの兆候はアイドリングで

原付のバッテリーは実は急に来るわけではありません。必ずなにかしらの徴候があります。原付のバッテリーが上がり始めるサインとは、どのようなものでしょうか?

原付 バッテリー上がりの兆候

充電が必要なほどバッテリーが上がっている場合は、原付のライトも薄暗く、ウインカーの点滅もゆっくりになります。

セルのスタートボタンを押してもなんだか動きが重くなった、ヘッドライトが暗い、ウインカーの点滅が遅いなど、バッテリーが弱るとこれらの症状が出ます。特にアイドリング時が顕著で、この症状が出たらバッテリーが上る前に充電しておきましょう。

充電を甘く見ない!原付のバッテリーを放置すると…

原付バッテリーの内部構造

原付に使用する鉛バッテリーは常時満充電の状態にしておく必要があります。

実は鉛バッテリーは性質上、常に充電した状態で保管しておくのが必須です。からのまま放置しておくと、内部の電解質が変質し、バッテリーにダメージを与えてしまうのです。こうなると寿命も短くなり、バッテリーも早く上がるのです。

充電前にバッテリーの位置チェック!

原付バッテリー搭載位置

充電するには原付のバッテリーがどのにあるのか?事前にチェックしておきましょう

バッテリーが上がったとしても、そもそも自分の原付のバッテリーがどこにあるのか?知らない人もいるのでは。事前に取扱説明書をチェックし、確認しておきましょう。バッテリーの位置は足元、メットインスペースの中、フレームの前側など、車種によってさまざまです。

充電前にバッテリー電圧チェック!

バッテリーの充電が必要かどうかは、端子電圧をチェックすることでも判定できます。テスターを持っている人なら、測定してみましょう。エンジンが停止した状態で、6Vバッテリーなら6V以上、12Vバッテリーなら12V以上あればOKです。

充電前の電圧チェック

原付に積んでいるバッテリーの端子電圧を測定し、充電が必要かどうか、チェックしましょう。

定期的に電圧をチェックし、補充電を行うことで過放電を防ぐことができます。バッテリーの寿命も飛躍的に伸びますね。

原付用のバッテリー充電 やり方

原付用バッテリー充電器

原付の充電器は6V用と12V用がありますので、バッテリーに合った電圧を選びましょう。

最初に説明したとおり、原付のバッテリーには6Vと12Vの2種類があります。充電器を購入する際は、自分の原付が何ボルトなのか?確認しておきましょう。少し高価になりますが、どちらの電圧にも対応できるものも販売されています。

充電中の原付バッテリー

家庭用のコンセントからバッテリーを充電します。

充電するときは車体からバッテリーを取り外します。バッテリーのプラスとマイナス端子にワニ口クリップを正しく取り付けて、コンセントに充電器のプラグを差し込んだら充電開始。過充電に気をつけて、満充電になるまでしっかりと充電しておきます。

原付のバッテリー充電しても直らない場合の方法

原付バッテリー

充電しても直らない場合はバッテリーの寿命が考えられます。

充電しても電圧が回復しない場合は残念ながらバッテリーの寿命が尽きています。この場合は新品に交換しましょう。自分のバッテリーの品番を確認し、同じタイプのもの、または互換バッテリーと交換しましょう。

原付バッテリー

オルタネーターが壊れていると、走行中にバッテリーの充電ができません。

バッテリーを新品に交換したのにすぐに上がってしまった…そんなときはひょっとしたら原付のオルタネーターが壊れている可能性があります。可能性としては非常に少ないのですが、ここを修理するのは、一般の人には難易度が高いので、お近くのバイク修理工場に修理を依頼しましょう。

原付バッテリー充電のまとめ

原付 バッテリー充電のまとめ

原付のバッテリーは使い方で寿命も左右します。充電等の定期的なメンテナンスを行い、大切に使いましょう。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ