みなさん、バイクのエンジンオイルについてどこまで知ってますか?

バイクのエンジンオイルについてどこまで知っていますか?車と比較するとバイクのエンジンは高回転に回りますのでエンジンオイルはマメに交換しないといけなかったり、2サイクルと4サイクルでオイルが違ったりします。基本的なバイクのエンジンオイルの知識を知りましょう。

バイクのエンジンオイルの基本的知識をつけよう

バイクのエンジンオイルはどれも同じではありません。まずエンジン形式により違います。バイクには2サイクル(今は生産してませんが、まだ現存しています)と4サイクルのエンジンに分かれます。これを間違って使うとエンジンを壊してしまいます。基本的な知識です。

2サイクルエンジンの基本的構造

エンジンを良く知らない人が見たら、良くわからないと思いますが2サイクルエンジンとは、吸入・圧縮・爆発・排気の工程を1往復(2サイクル)で行うのです。このエンジンにはオイルを溜めておく場所がないので2サイクルエンジンのオイルはガソリンと混合させて使います。

4サイクルエンジンの基本的構造

先ほどの2サイクルの説明から、4サイクルはどうなのかは大体わかりますよね。吸入・圧縮・爆発・排気の工程を2往復(4サイクル)で行うので4サイクルエンジンと呼ばれます。このエンジンにはオイルを溜めておく場所があり、エンジンオイルは直接エンジンに入れます。

ターボエンジン

希少ですが、紹介しておきます。バイクにもターボエンジンが存在しました。基本、4サイクルエンジンにターボチャージャーを取り付けたエンジンです。ターボのタービンが高回転に回るため、エンジンオイルはターボ用を使います。

バイクのエンジンオイルの種類について

エンジンオイルの種類ですが、上で述べたようにエンジン形式によりエンジンオイルの種類があります。また、あらゆるメーカーからもバイクのエンジンオイルは発売されています。基本的にバイクメーカーのオイルで間違えないですが、こだわる方は有名ブランドオイルを使います。

メーカー純正のエンジンオイル

写真はホンダの純正エンジンオイルです。左が2サイクル用、右が4サイクル用です。見た目の缶は全く同じなのでパッケージでどちらかを必ず確認して買うようにしましょう。間違うとエンジン壊れますよ。

バイク専門店のオイル売場風景

メーカー純正だけでなく、社外品も沢山並んでいます。どれを選べば良いか悩みますよね。社外品で有名なのは「カストロール」「WAKO'S」「MOTUL」などがあります。これらはレースで培われたオイルでなんかカッコイイのでつい使っちゃいたくなります。

バイクのエンジンオイルの表記について

バイクのエンジンオイルには、なにやら数字やアルファベットでの表記がありますね。また微妙に数字の大きさが違ったりしてます。これは一体なんでしょうか?ご自身でオイル交換されるならこれらの表記の意味もしっかり理解しておいて下さいね。では説明しましょう。

粘度表記の見方って? 数字は何を意味しているのか

これはとある粘度表記です。オイルにはこのように「5W-40」などの表記があります。表からも分かるように気温が関係しています。では詳しく説明しましょう。

エンジンオイルの表記

エンジンオイルにはこのような表記があります。

最初の「5W」は何を表しているのか?

これは、低温時の粘度をあらわしています。数字が小さいほど低温時でもやわらかいオイルになります。なので季節では冬だったり、寒い地域で乗る場合にはこの数字が小さいものを選ぶようにしましょう。数字の後のアルファベットの「W」はWinter(冬)の略字です。

後の数字は何を表しているのか?

これは、高温時の粘度をあらわしています。数字が大きいほど高温時でも粘度が保たれるオイルになります。高回転を良く使う乗り方や、レースなどでエンジンを過酷に使う場合はこの数字が大きいものを選ぶようにしましょう。普通に乗る分には30くらいが妥当でしょう。

バイクのエンジンオイルの交換方法

バイクのエンジンオイルの交換方法ですが、車に比べれば簡単です。カウルが付いたバイクでもオイルを抜くドレンボルトはエンジン下部にあるので大体分かります。バイクなら、ちょっと分かってくれば自分でも出来るようになりますよ。私はいつも自分でやっていました。

バイクのエンジンオイルの交換

写真のようにバイクのエンジン下部に「ドレンボルト」というオイルが出る穴を塞いでいるボルトがあります。そのドレンボルトを外して古いオイルを出します。注意点はエンジンを暖機してオイルを温めてからにして下さい。冷えているとオイルが出にくく残ります。やけどには注意してください。

バイクのエンジンオイル交換(注入)

今度はエンジン横などにあるオイル注入口から新しいオイルを注入します。この時注意することは、必ず規定量にすることです。少なすぎても多すぎてもいけません。またオイルのみの交換とオイルフィルターを同時交換する場合でも規定量は変わりますので確認して作業してください。

バイクのエンジンオイルの交換時期について

バイクのオイルの交換時期ですが、2サイクルにはありません。何故かというと2サイクルのエンジンオイルはガソリンと一緒に燃えてなくなるからです。なので継ぎ足す形になります。4サイクルエンジンはエンジンオイルを溜めるタイプなので時期が来たら交換します。

4サイクルのエンジンオイル交換時期ですが、基本メーカーから何キロ走ったらと指定があります。まずはそれに従いましょう。しかし、エンジンを高回転に回しハードに乗る方は、少し気にしながら早めの交換を意識しましょう。交換を怠るとエンジンの性能が引き出せません。

バイクのエンジンオイルについてのまとめ

さぁ、自分でやってみよう!

いかがでしたか?今までエンジンオイルなど気にしていなかったライダーさんは、これからエンジンオイルを定期的に点検されることだと思います。自分でできるようになれば、また愛車への愛着が一段と大きくなりますからチャレンジしてみてくださいね。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ