観光客必見!地元民が教える沖縄の海が見えるドライブコース

海がキレイな観光地として有名な沖縄。レンタカーを借りてのドライブは沖縄観光の醍醐味です。沖縄県出身の筆者が海が見えるドライブコースを、有名どころからレアな場所に至るまでご紹介いたします。これから観光で沖縄に行く予定がある方必見です。

沖縄観光の醍醐味。レンタカーでドライブ。

南国の楽園の島、沖縄。毎年多くの観光客が沖縄を訪れます。車社会の沖縄では、観光の際のメインの移動手段はレンタカーです。自由に移動できるレンタカーのメリットを活かして、海の見える沖縄ドライブを楽しみましょう。

因みに沖縄のレンタカーは格安。軽自動車の日帰りプランで2800円からレンタル可能な会社もあります。レンタカー会社も充実しているため、車種も豊富。普段はなかなか運転する機会のない、高級外車をレンタルしてドライブを楽しむのもいいかもしれません。

沖縄本島の南北端の直線距離は約106.6kmほど。1日あれば沖縄本島1周ドライブを楽しむことができます。最も人気があるのは国道58号線が走る西海岸のコースです。58号線沿いには飲食店やお土産屋さんなども充実しています。初めて沖縄観光に訪れる方は、ひとまず那覇市から西海岸を北上するコースをおすすめします。

では沖縄のドライブコースの中でも人気の高い、厳選のコースを3つご紹介いたします。

沖縄ドライブ南部 ニライカナイ橋

那覇空港から南へ約20kmの場所にあるのが南城市(なんじょうし)のニライカナイ橋。高台から全長660mの橋を海に向かって一気に下ります。ニライカナイ橋の直前にあるトンネルを抜けると、目の前に突然絶景が出現します。見渡すかぎり海が広がる光景は島ならではの景色です。一気にテンションMAXになること間違いなしです。

ニライカナイ橋に隣接している展望台からの眺めは最高です。ドライブの途中に沖縄でも指折りの絶景スポットを満喫して下さい。

ニライカナイ橋の近くには、海の見えるおしゃれなcafeがいくつかあります。お昼時間に合わせてドライブの計画を立てるといいかもしれません。この周辺の道路は少し複雑なため、カーナビが装備されたレンタカーを借りることをおすすめします。道に迷った時には、近くにいる地元の人に訪ねると喜んで教えてくれますよ。

沖縄ドライブ北部 古宇利島(こうりじま)

那覇市を出発して東シナ海を左に見ながら国道58号線を約1時間半北上。今帰仁村(なきじんそん)にある古宇利島に到着です。

その島の最大の魅力は、無料で通行できる全長1960mの古宇利大橋です。古宇利島に向かってまっすぐ伸びるその橋をドライブすると、まるで空を飛んでいるような感覚を味わえます。

あまりの絶景に途中で停車したい衝動にかられるかもしれませんが、橋の上での駐停車は禁止されています。歩行者専用道路がありますので、絶景を楽しみたい場合は歩いて橋を渡りましょう。古宇利島内にはビーチやパーラといった場所もあります。日程にゆとりのある方は、海水浴を楽しむのもありかもしれません。

そこから約1時間、本部半島(もとぶはんとう)を迂回するように北上すると、世界的にも有名な美ら海水族館があります。古宇利島のドライブを十分に楽しんでからの水族館への移動が、沖縄観光のドライブ定番コースです。

沖縄ドライブ レアスポット 瀬長島(せながじま)

那覇空港から南にわずか6kmの位置にあるのが豊見城市(とみぐすくし)の瀬長島です。沖縄本島とは道路で結ばれているので、車でドライブすることが可能です。

瀬長島ドライブの魅力は何といっても、飛行機を近くで見れることです。轟音をならしながら自分の頭上を通過する飛行機は迫力満点。飛行機マニアにはたまらないドライブコースです。

また瀬長島内はホテルやcafeなどの施設も充実しています。お仕事の出張であまり時間のない方も、空港近くの瀬長島ドライブなら楽しむことが出来るかもしれません。また瀬長島は西海岸になるため、夕日の絶景スポットでもあります。レンタカー会社の多くは瀬長島周辺に集中しているため、一日のドライブコースの最終地点とすることができます。

ドライブは安全運転で

青い海と空、そしてドライブの最後に美しい夕日を眺めることが出来れば言う事なし。では沖縄のドライブの旅を安全運転でお楽しみください。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ