フォレスターモデルチェンジに見るクロスオーバーSUV化する次期作品

2017年にフォレスターモデルチェンジの噂がでています。次期フォレスターモデルチェンジでどのように変貌をとげようとしているのでしょうか。ここ最近SUV人気が日本でも沸騰気味になっているなかフォレスターモデルチェンジで風穴があけられるか注目です。

フォレスター モデルチェンジ 2015

2015年東京モーターショーで次期モデルチェンジされるスバル フォレスターがお披露目となりました。そのフォルムはアメリカで人気のSUVを意識したものになっています。フォレスターモデルチェンジでこのままの形で発売されるか今の段階(2016年11月)では分かりません。

フォレスター モデルチェンジ 時期

フォレスターのモデルチェンジの時期は2016年秋と言われていましたが、2017年にずれ込むことが濃厚となっています。

2016年は秋にインプレッサのモデルチェンジ車が投入されたこともあり、販売店はインプレッサの販売に注力していることが要因とも言われています。

フォレスター モデルチェンジ 歴史

フォレスターは1995年東京モーターショーにコンセプトカー「スバル・ストリーガ」として出展されています。その後初代フォレスターは1997年2.0Lターボエンジン搭載をし、コスパに優れた車として評価を得ました。

フォレスターモデルチェンジは2002年に施され月間3,000台を販売するなど好調を維持しました。

2.5L自然吸気は廃止され240PSから220PSにパワーがダウンしていますが、車重が10~30Kg軽量され走りに俊敏性が出たとの評価を得ました。

2回目のフォレスターモデルチェンジは2007年に実施され、先代より車高が高くなりクロスオーバーSUVとしての風格がでたフォルムに生まれ変わっています。日本仕様には2.0自然吸気と2.0Lターボエンジンが用意され、海外でラインナップとしてあった2.5Lターボエンジンの発売はありませんでした。

3回目のフォレスターモデルチェンジは2012年に実施され、安全装備EyeSightが全社標準装備されました。現代の安全基準適合車として進化を遂げています。

初代フォレスターと比較してもクロスオーバーSUV化しており、そのボディの大きさには驚きを隠せない程車内はもちろんラゲッジスペースも充実したものになっています。

フォレスター モデルチェンジ ハイブリッド

次期フォレスターモデルチェンジモデルのスペックについて調べてみましょう。
噂されいるスペックは
ボディサイズ(全長×全幅×全高) : 4,435×1,920×1,530 mm
ホイールベース : 2,730 mm
エンジン : 1.6ℓ水平対向直噴ターボ"DIT"エンジン

ダウンサイジングエンジンの搭載が噂されています。
またプラグインハイブリッド車が発売より1年遅れの2018年に登場するのではないかとささやかれて言います。

次期フォレスターモデルチェンジで注目なのが近未来的な運転席周りデザインにあります。絵本に出てくるようなその様相はドライバーをワクワクさせるに違いいありません。近未来型運転席が現実のものになってモデルチェンジで実際に発売して欲しいものです。

次期フォレスターモデルンチェンジで安全装備には、国内外で定評のある『アイサイト』が全車標準装備されると言われています。『アイサイト』は進化を遂げ、高精度GPSを駆使し車の位置を把握しての安全対策を施すことになります。

フォレスターモデルチェンジ ボディ形状

次期フォレスターモデルチェンジで圧巻なそのボディデザインに圧倒されそうです。特に北米で人気を博す、アメ車のクロスオーバーSUVを彷彿させるボディに仕上がっています。トヨタの北米仕様のピックアップ車を意識していると言っても過言ではありません。

次期フォレスターモデルチェンジで日本に道路事情、駐車スペースにどこまで対応できるかが気がかりです。ワイドボディのため駐車スペースで購入を断念せざるを得ないケースも出てくるかも知れません。また女性には取り回しがきつくなる可能性もあります。

まとめ

次期フォレスターモデルチェンジについて調べてきました。クロスオーバーSUVとなるフォレスターの登場が今から待ち遠しいです。この車格でのダウンサイジングターボ、プラグインハイブリッド、あなたならどちらを選択しますか。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ