山梨県甲州市の「道の駅 甲斐大和」は、充実した道の駅です。

「道の駅 甲斐大和」は、ぶどうや桃の生産量第一位の山梨県甲州市甲斐大和町にあります。決して、大きな道の駅ではありませんが、中身の充実した「道の駅」です。お食事も地元の伝統が感じることができ、地元農産物・果物・ワインのばっちりです。ご紹介していきます!

「道の駅 甲斐大和」 山梨県甲州市大和町にあります。

「道の駅 甲斐大和」は、山梨県甲州市大和町のブドウ畑や桃畑の中に佇んでいます。
春は一面ピンクの桃源郷、春・夏には果物がたわわに実り、冬には蕎麦を楽しむことが出来ます。
そうです、ここはフルーツ王国山梨なのです。

「道の駅 甲斐大和」

「道の駅 甲斐大和」は国道20号線沿い大月ICと勝沼IC間に位置し、交通の便も良いところで、ピラミッド型の屋根をした建物が「道の駅 甲斐大和」です。休憩スペース、レストラン、売店などがあり、食事は軽食や喫茶、ファーストフード・パスタ料理・丼物など種類が豊富にあります。農産物や特産品の直売、お土産等の販売もしており、ワインや味噌、甲州小梅といった加工品も取り揃えております。
東側にある農産物加工体験施設では、ほうとう作りが体験できます。また、生産者自らによる農産物販売の青空市も開催されています。

「道の駅 甲斐大和」


ピラミッド型の屋根が特徴です。

この周辺の名物に、「うらじろまんじゅう」があり、毎日、加工施設で手作りされており、無添加の自慢の逸品です。「うらじろ」と呼ばれるキク科のオヤマボクチの葉を、米粉、もち米と混ぜた饅頭です。
「道の駅 甲斐大和」の周辺には、自然豊かな日川渓谷・武田家ゆかりの史跡が点在しています。
自然の雄大さを実感しつつ、日常の疲れを癒しに訪れてみては如何でしょうか。

道の駅 甲斐大和 駐車場

【道の駅 甲斐大和】 の基本情報
住  所: 山梨県甲州市大和町初鹿野2248番地
電話番号: 0553-48-2571 FAX 0553-48-2572
営業時間: 9:00~18:00 駐車場・トイレ・公衆電話などは24時聞ご利用いただけます。
休 館 日 : 水曜日 12/28~1/1
アクセス : 中央自動車道「勝沼IC」から車で5分

「道の駅 甲斐大和」 でお食事

「道の駅 甲斐大和」

食堂入口

「道の駅 甲斐大和」

「かぼちゃ入り・ほうとう鍋」を堪能。
¥1,050(税込)
かぼちゃの甘さとたっぷりの野菜のうま味が加わり、美味しいと評判です。

つけ汁蕎麦

甲斐大和周辺は、そば切り発祥の地といわれています。
このお店でも、そば職人さんが毎朝手打ちでお蕎麦を作り、お蕎麦がなくなり次第終了となります。

「道の駅 甲斐大和」 ぶどう

ブドウの直売

地元の新鮮な甲州ブドウの直売もこの道の駅の売りの一つです。

たくさんの種類のブドウが売られています。

ご存知ですか? フルーツ王国山梨と言われるだけに、山梨県は、ぶどう、桃、すももの生産量が日本一なんです。初夏になると、ジューシーな桃が甘い香りを漂わせながら並び、秋には緑や紫のカラフルなぶどうがズラリと並びます。せっかくなら、甘いフルーツも買って帰りたいですね。
ぶどうの時期が終わると、1パック200円などで美味しそうなぶどうを購入するチャンスもあります。こちらは農家さんによるので常にお店があるわけではありませんが、遭遇したらラッキーですね!

出典:https://goin.jp

「道の駅 甲斐大和」 甲州ワイン

「道の駅 甲斐大和」内には、山梨産ワインの売り場が常設されており、多種多様なワインが並べられています。ワイン毎の説明がなされていて、初めての方でも安心して購入できる工夫がしてあります。

甲州ワイン

店内には、多種多様の山梨産ワインが取り揃えてられています。
目移りしてしまいますよ。

山梨県はワインでも有名ですね。日本ワイン発祥の地でもある“発祥尽くし”の山梨県ですが、道の駅から山梨方面へ進むと、すぐ勝沼です。「勝沼ぶどう郷」という駅名があるだけに、道路沿いにはズラリとぶどう農園が並び、まさに「ぶどう街道」ど呼べる風景が続きます。あちこちでぶどう狩りの看板も出ているので、秋にはあちこちの農園でぶどう狩り体験ができます。

出典:https://goin.jp

まとめ

決して、大きな道の駅ではありませんが、地元の伝統・名物を引き継いでいる食堂もあり、地元の名産品(ブドウなどの果物・ワイン)を揃えている直売店もあり、中身は充実しています。
ほうとう作り体験ができるイベントも開催しています。外せない「道の駅」それが「甲斐大和」です。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ