釣りや農業が体験できる道の駅「くりもと」をまとめてみました!

千葉県香取市にある道の駅くりもと「紅小町の郷」。ここでは、農業体験や釣り体験ができます。今回は季節ごとに変わる体験メニューが堪能できる道の駅くりもとの魅力をまとめたいと思います。道の駅くりもとの体験メニューはもちろん、グルメに関してもご紹介します。

道の駅くりもと「紅小町の郷」ってどんなところ?

今回は道の駅くりもと「紅小町の郷」に関する情報をご紹介します。
収穫体験や釣り体験ができる道の駅となっていますが、それだけなのでしょうか。
どのような施設があり、どのようなグルメがあるのでしょうか。

道の駅くりもとの所在地は千葉県香取市沢1372番1にあります。

道の駅くりもとへの車でのアクセスは東関東自動車道 成田ICを下り、県道44号(成田小見川鹿島港線 沢バイパス)を約15分の距離にあります。
そのほかにも高速バスや電車でのアクセス方法もあるようなので、HPでチェックしてみてください。

ICを下りて、約15分ということもあり、アクセスは抜群です。

アクセスが抜群ということで非常に便利なため、平日や休日に関わらずいつも多くの観光客や地元の方で賑わっています。
しかし、アクセス抜群の立地で、農業や釣りの体験ができるのでしょうか。

道の駅くりもとの営業時間

次は道の駅くりもとの営業時間をご紹介します。
道の駅くりもとにはどんな施設があるのでしょうか。

道の駅くりもとには食事処、情報コーナー、直売所といった基本的な施設はもちろんですが、農業などの体験ができる施設もあります。

しいたけ園、かぶとむし園、ニジマス養殖池、ザリガニ池、貸し農場などがあります。
他にも調理実習室があるので、収穫体験や釣り体験をしたあとに、採れたての新鮮な食材をその場で味わうことができます。

農業体験などは事前の予約が必要ですので、HPの体験申し込みから申し込みをしておきましょう。

道の駅くりもとにある施設の営業時間は、直売所が9時~18時、レストランが8時30~17時、花・植木センターが9時~16時となっています。
なお、駐車場とトイレは24時間いつでも利用可能です。

道の駅くりもとでニジマスとザリガニ釣り

次は道の駅くりもとでできる体験で人気のザリガニ釣りとニジマス釣りをご紹介します。
野菜の収穫体験にせよ、釣りの体験にせよ、大人から子どもまで家族みんなで楽しめるので、都会暮らしで農業体験をしたことがない方や釣りの経験がない方に人気です。

道の駅くりもとでは4月下旬から11月中旬までの間、ニジマス釣りの体験をすることができます。

道の駅くりもとにはニジマスの養殖池があるので、そこで育てられているニジマスを釣ります。
ニジマス釣りの料金は、貸竿1本500円、ニジマスは1kg当たり1500円、持ち帰るときの内臓処理は1匹100円、その場で焼いてもらうときは1匹400円がかかります。

ちなみにザリガニ釣りは貸竿は無料で、持ち帰りが1匹20円で、5匹まで持ち帰ることが可能です。
バケツは一個150円です。

どの体験でもそうですが、必ずお子様に付き添って安全を確保してください。
野菜の収穫体験にせよ、釣り体験にせよ、道具や落下など危険を伴いますので、保護者の責任において収穫や釣りの体験を楽しんでください。

道の駅くりもとのグルメ

最後に道の駅くりもとのグルメに関する情報をご紹介します。
道の駅くりもとにはどんなグルメがあるのでしょうか。

道の駅くりもとのグルメは「味処いっぷく」というお店で味わうことができます。

味処いっぷくのオススメメニューはくりもと産のこだわりの豚肉を使った「房総ポークのロースかつ定食」が850円、直売所でも人気のくりもと産の大和芋がかかった「地麦とろろ定食」が740円です。
やはり地元の味が味わえるのがうれしいですね。

そのほかにも大好評のさつまいものソフトクリームも220円で販売されています。

味処いっぷくは今まで11時から営業となっていたのですが、温かいそばやおにぎりなどの朝食メニューが始まったので、営業時間が8時30~17時に変更されています。
営業時間が早まったので、朝からのんびりと体験をすることができますね。

道の駅くりもとのまとめ

いかがでしたか。
旬の野菜を収穫したり、ニジマスやザリガニを釣ったり、普段できない体験をしに道の駅くりもとに行ってみませんか。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ