運転免許証がない!今回は免許を紛失した時の対処法を教えます。

「あるはずの運転免許証がない!」紛失した時は誰でも焦ります。ただ、そういう時こそ焦らず適切な対処が必要です。ということで、今回は運転免許証を紛失した場合の対処法などについてお伝えしていきますので、もし紛失してしまった時のために覚えておいてください。

運転免許証を紛失した場合どうしたら良いのか?

「運転免許証、確かここに入れておいたはずなのに無い!どうしよう…」そんな最悪な事態が起きてしまった場合、「再発行」「再交付手続き」など適切な処置をおこなわなければなりません。また、運転免許証には大事な個人情報が含まれている為、紛失したままにしておくのは非常に危険です。

では、運転免許証を紛失した場合どのような対処をおこなえば良いのかをお伝えします。

運転免許証を紛失した場合、ただちに警察へ。

必ず「遺失届」を提出する

運転免許を紛失した場合、まずはじめに最寄りの警察署、または近くの交番へ行き紛失したことを告げる「遺失届」を出してください。運転免許証は「お金の借り入れ」や「物品購入時の契約」などに使用が可能ですから、万が一そのような目的で悪用されたとしても「遺失届」を出すことにより、「本人がおこなった事ではない」という証明になるのです。

運転免許証を再発行してもらうには?

次に「運転免許試験場」「運転免許センター」「警察署」にて再交付の手続きをおこないましょう。ただし、再発行の手続きは必ず本人自ら手続きをしなければなりません。代理人に依頼することは出来ませんので注意してください。

再交付手続きに必要な持ち物

・【運転免許証再交付申請書】 : 現地で記入
・【運転免許証紛失顛末書】 : 現地で記入
・【申請用写真1枚】 : サイズが縦3.0cm、横2.4cmの証明写真
・【印鑑】 : シャチハタ以外の認印
・【身分証明書】 : 保険証・年金手帳・住民票・外国人登録証明書など
・【再発行手数料】 : 3,500円

「申請書」および「紛失顛末書」について

現地で記入するので持参する必要はありません。

運転免許証を再交付してもらうには以上のものが必要となります。尚、「運転免許証再交付申請書」と「運転免許証紛失顛末書」は再交付場所に備えつけられているので持参する必要はございません。

では、実際に運転免許の再交付手続きをおこなう為の場所ですが、「どこに行けば良いのか分からない」という人のために、「東京」「神奈川」「千葉」「埼玉」「大阪」で運転免許証を再発行する場合の場所についてお伝えしておきます。

東京都・神奈川・千葉・埼玉・大阪で再発行をする場合

東京都で再発行する場合

神田運転免許更新センター

・【住所】:東京都千代田区内神田1-1-5
・【電話番号:03-3294-3380

新宿運転免許更新センター

・【住所】:東京都新宿区西新宿2-8-1
・【電話番号:03-3343-2558

鮫洲運転免許試験場

・【住所】:東京都品川区東大井1-12-5
・【電話番号:03-3474-1374

江東運転免許試験場

・【住所】:東京都江東区新砂1-7-24
・【電話番号:03-3699-1151

府中運転免許試験場

・【住所】:東京都府中市多磨町3-1-1
・【電話番号:042-362-3591

神奈川で再発行する場合

神奈川県運転免許試験場

・【住所】:神奈川県横浜市旭区中尾2丁目3番1号
・【電話番号:045-365-3111

千葉で再発行する場合

千葉運転免許センター(幕張)

・【住所】:千葉県千葉市美浜区浜田2丁目1番
・【電話番号:043-274-2000

流山運転免許センター

・【住所】:千葉県流山市前ヶ崎217番地
・【電話番号:04-7147-2000

埼玉で再発行する場合

埼玉県警察運転免許センター

・【住所】:埼玉県鴻巣市鴻巣405-4
・【電話番号:048-543-2001

大阪で再発行する場合

門真運転免許試験場

・【住所】:大阪府門真市一番町23-16
・【電話番号:06-6908-9121

光明池運転免許試験場

・【住所】:大阪府和泉市伏屋町5丁目13-1
・【電話番号:0725-56-1881

このように、運転免許証を紛失した場合、定められた場所で再発行がおこなわれますので確認してみてください。

万が一悪用されたらどうしたら良いのか

手続きが完了し、あらたに運転免許証が発行されたとしても紛失した古い免許証で「携帯電話の契約」や「お金の借り入れ」など悪用されるケースもあります。最近では本人確認が厳しくなったとは言え完全ではありません。

紛失した運転免許証が不正使用されてしまい、身に覚えのない請求書などが届いても慌てる必要はありません。この場合、本人の意思に基づく契約ではありませんので支払いに応じる必要はありません。身に覚えのない請求書などが届いたら、ただちに「警察」や「消費者センター」などに相談するようにしてください。

運転免許証の「再発行」と「更新」は同時に出来ます。

運転免許証を更新する時期と同時に紛失した場合「再発行」と「更新」の両方一度に済ませることができます。

但し、警察署では同時に手続きすることが出来ませんので、「運転免許更新センター」または「自動車運転試験場」での手続きとなります。その際、更新に必要なもの、再発行に必要なものをそれぞれ持参するようにしてください。

最後に、運転免許証は紛失しないようにしましょう!

運転免許証は大事な個人情報が詰め込まれた重要なものです。絶対に紛失しないようしっかりと管理してください。また、万が一紛失した場合は速やかに免許紛失処置をおこなうようにしてください。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ