富士山初冠雪で、京都~静岡1泊4日爆弾ドライブを敢行しました。

富士山眺望と言っても浜名湖、三保の松原、千本浜公園、黄金崎と静岡の太平洋岸沿いでも有名な場所はたくさんあります。過去のドライブでは、好天に恵まれありがたく拝見しましたが、この度は、どこでも富士山が見えると人の言う静岡北東部の御殿場周辺をドライブしてきました。

静岡でも有数の富士山ビュースポットの富士川SAのはずが

高速道路深夜割り引きを利用すべく午前0時から午前4時に高速道路を通るように京都南部の自宅を出発、亀山ICから高速道路に入り、御在所SC、刈谷ハイウェイオアシス、静岡に入って、浜名湖SAなどでたっぷり休憩をとったドライブで富士川SA到着。夜は薄っすらと明けてきました。

朝日に映える富士山と 道の駅 富士川楽座

富士川SC到着、次第に夜が明けてきます。

施設はハイウェイオアシスとして富士川サービスエリアに併設されており、東名高速道路からも利用可能(上り線東京方面のみ)で、富士川スマートインターチェンジの入口付近にある。由来は、「楽市・楽座」からとったもの。2010年4月放送の「ガイアの夜明け」(テレビ東京系列)では、日本一の集客数を誇る道の駅として紹介された。

出典:https://ja.wikipedia.org

静岡の富士山ビュースポットとして有名であり、富士川越しに仰望する富士山は観るものを圧倒します。東名高速上りのサービスエリアであるために、ドライブする人がゆっくりと富士山を堪能するには格好の場所となっています。また、道の駅富士川楽座と直結しています。
残念ながら展望エリアは工事中、お天気は快晴ながらあたりはまだ薄暗い、道の駅の開店はずっと先、とのことで、次の予定地田貫湖へに向かってドライブすることにしました。

田貫湖から御殿場へのドライブ

田貫湖は広大な朝霧高原の一角に位置し、富士山の全景を真東に仰ぎます。
東西1km、南北0.5km、周囲4kmの湖水は霊峰富士はもちろん、伝説をひめた天子ヶ岳を映し、まさに神秘的な湖です。
湖畔には桜や各種ツツジのほか、北側には広葉樹林も広がり、春の桜から秋の紅葉まで、雄大な富士山をバックに美しい風景画が広がっています。
恵まれた環境の中でのキャンプ、ボート遊び、ハイキングには最高の地です。
また、ヘラブナ釣りのメッカとして全国的に有名です。
4月20日前後と8月20日前後の約1週間、富士山頂から朝日が昇り、光輝くダイヤモンド富士を見ることができます

出典:http://www.city.fujinomiya.shizuoka.jp

ここは静岡県富士宮市、湖畔はまだ早い時間なのに、キャンプする人、釣りをする人で結構にぎわっていました。すでに日は高く上り、富士山は逆光で写真になりませんでした。キャンプ場はともかく対岸のサイトは釣り客で駐車もままならず、早々に退散して御殿場方面に向かってドライブです。

田貫湖からのダブル富士

季節とタイミングでこんな富士山も見れるそうです。

富士山麓ドライブのオアシス サークルK裾野須山店

田貫湖から国道469号線を一路御殿場へ、小一時間ドライブしたところで、静岡県裾野市須山、まことに都合よくコンビニがありました。

コンビニ近くのススキ野からの富士山

振り返ると富士山、あたりはすすき野、すそ野の林の中を走って来たので景色が急変、別世界の様にも思えます。

小休憩の後、御殿場のアウトレットを目指す訳ですが今回の目的は買い物ではなく昼食なので、静岡県御殿場市東山の旧岸邸へ向かってのドライブとなります。途中アウトレットの近くを通りますが、もうすでにあちこちのアウトレット場外駐車場の呼び込みが手を振っています。嫌な予感もしますが、予定通り旧岸邸に向かいます。

東山旧岸邸 親切丁寧で暖かい説明でした。

旧岸邸食堂

駐車場から茅葺の門屋を抜け鬱蒼とした杉林をけっこう歩くとロータリー風の車回しが現れましたが、お屋敷といった雰囲気ではありません。しかし中を見学すると、さすがに元首相の隠遁生活の屋敷、広大な庭を望んだ広い居間や食堂は、普通のお屋敷ではありません、また、案内の女性が親切に説明してくれるばかりか、何枚もの重そうなガラス戸を全開にしてくれました。

旧岸邸の居間

岸翁が愛用したという、奥の革張りのチェアーに座らせ頂きました。


敷地内にとらや工房があり、茶房で一服も魅力的なのですが、次に食事なのでパスすることになります。

全国主要SC売上高ランキング 第3位 御殿場プレミアム・アウトレット

嫌な予感は的中して、東名高速沿いの駐車場への道は長蛇の列、さっさと退散して目を付けていた場外駐車場へハンドルを切ります。案の定こちらは余裕で駐車でき、シャトルバスもすでに待っててくれました。ここまでは順調なのですが、お目当てのイタリアンレストランはまだ11時を回っただけなのにもう行列が出来ています。せっかくなので小一時間待って食事をすませ、あちこちウインドウショッピングして退場しました。

御殿場プレミアム・アウトレットから富士山を望む



誰かが言ってた御殿場ではどこでも富士山が見えるとは真実で、大きくかぶさる程に見えています。

温泉利用の公衆浴場数、静岡は全国4位の475件、「ごてんば市温泉会館」は第?位

さすがに、寝てないのでここいらで大休止と日帰り温泉施設に向かいます。源泉100% 美肌の湯とうたっています。施設の前の駐車場はすでに満杯で少し離れた第2駐車場に停めます。入り口で入場券を買いますが、JAFの会員割引で300円のところを50円引いてくれます。銭湯より安いのにすっごく得した気分になりました。ちなみに、静岡県の銭湯料金は400円です。疲れた体をちょっと熱い目のお湯で癒やし、無料休憩所の大広間で一寝入りすると徹夜のドライブ疲れも吹っ飛びました。ここで時間調整をし、ちょこっと静岡をはなれて山梨県の山中湖へのドライブです。

壁絵のような湯船からの展望

ここは、なによりも、浴場からの眺めが最高、銭湯の壁の富士山の絵がそっくりそのまま、実物が目の前にあります。

山中湖 夕景

静岡から山梨へ、静岡県道147号線から山梨県道730号線のけっこうな山道をドライブして山中湖へ向かいます。山中湖へ下ってくるともう日は傾いて、日没ではないものの、太陽は富士山に隠れてしまっています。見事に夕景の見えるところは、湖岸に降りるまでに2・3箇所あり、どこも、もう人で一杯、片側1車線なのに路肩に何台も停車していて走りにくいことこの上ありません。それにしても太陽を背負った富士山も素晴らしく、混雑するのも理解できます。大イチョウと夕景で有名な寿徳寺があるのですが駐車場を通り過ぎてしまったので、潔く諦めて、次のビュースポットの長池親水公園へ慎重にドライブです。

記事番号:30070/アイテムID:508671の画像

山中湖の夕景

県道729号線(マリモ通り)沿いの長池親水公園の駐車場は細長く幅が狭いため、夕暮れは富士山を見るために混雑し、辛抱強く待たなければなりません。しかし、そのかいあって夕景は素晴らしく、まるで絵ハガキか絵画を見るようです。

この後はあの曲がりくねった山道をドライブする気力もなく東富士五湖道路を通って静岡御殿場に帰りました。

ドライブの初日は終了しました。さて翌日は?

翌日は、御殿場市内の観光と日帰り温泉をはしごして夕方まで過ごしましたが、その間ずっと富士山は頭の上にありました。静岡の温泉といえば伊豆半島をイメージしていましたが、御殿場市内の日帰り温泉はリーズナブルなものからゴージャスなものまでそろっています。東京都心から静岡御殿場まで2時間弱、日帰り温泉ドライブも楽勝ですね。

帰りは、御殿場ICから、新東名高速道路を西進し、東名阪道路の亀山ICを午前0時に出られるように、調整しながら帰ると、京都~静岡1泊4日のドライブとなりましたが、天気に恵まれ、富士山と温泉を堪能した余裕のドライブでした。

京都~静岡 1泊4日富士山と温泉ドライブのまとめ

富士山と御殿場市


いつも、どこでも富士山と一緒。

静岡御殿場で会った観光・見学施設や温泉施設の人は、どの人も親切で人当たりも良く、どこでも気分よく応対してくれました。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ