家族にぴったり!本当におすすめのファミリーカー6選!

休日のレジャーや普段の買い物に使われるファミリーカー。子どもの成長やライフスタイルに合わせて車を選ぶ人が多くなってきています。そこでGWや夏休みに子どもたちと家族でお出かけするのにぴったりなファミリーカーを紹介します!

ファミリーカーを選ぶ時のポイントは?

普段の買い物から、休日のレジャーまでファミリーカーの用途やその家族構成によってぴったりな車は違います。その多くの要望に応えられる便利で後悔をしないファミリーカーのポイントを確認していきましょう!

1.広さ、床の高さ

なるべく広い方が遠出するときもストレスを感じることなくドライブを楽しめると思います。家族の人数や子どもの成長を考えた室内スペースの車を選びたいところです。また、床の高さが低く設計されている車は子どもやお年寄り、妊娠中の方が乗る予定のある方にはオススメです。

2.燃費

普段使いする場合も遠出にでもきになるのが車の燃費!車の魅力は便利さなど燃費だけではないですが、なるべく燃費のいい車を選びたいですね!車の大きさやタイプにより目安は変わりますが、カタログ値(JC08モード)で20km/L前後を目安に選べるといいですね!

JC08モード燃費とは自動車のカタログに載っているような燃費の値でより実燃費に近くなるように評価基準を設けた燃費を表す評価軸です。実際の燃費(実燃費)はほとんどの場合そのJC08モード燃費の表示(カタログの値)よりも低くなります。

3.安全性

大切な家族を危険から守るためファミリーカーには先進の安全運転支援システムが搭載されている車種がおすすめです!周りの環境に合わせて自動的にブレーキをかけるエマージェンシーブレーキや前の車との車間距離を保ったまま自動運転するクルーズコントロールなど様々な機能が付いている車があります。

4.荷室の広さ

家族でのお出かけは車に多くの荷物を載せることも少なくありません。キャンプや旅行、遊園地などに出かける際には広い荷室スペースがある車が便利です。ファミリーカーはしっかり荷室スペースを確認して決めましょう!

5.利便性

両側電動ワンタッチスライドドアなど乗り降りしやすいシステムやフロントガラスのUVカットなど家族のライフスタイルにあった便利なシステムが付いた車がオススメです。特に両側電動スライドドアは荷物が多く1人ではドアが閉められない時や子どもがドアを開け閉めするときにも便利でオススメの機能です。

以上をふまえてファミリーカーにオススメなのは

ダイハツタント

ダイハツタント

幼稚園、保育園や学校、塾などの送り迎えにもぴったりな車です

ダイハツタントのミラクルオープンドア

大きく開くドアは乗り降りしやすい設計になっています

ファミリーカーは軽自動車で十分!という方におすすめなのが4人乗りのダイハツタント。ミラクルオープンドアと呼ばれるかなり大きく開くスライドドアは乗り降りや荷物の積み込み、子どもたちが寝てしまい抱えて車に乗り込むときなどに便利です。ブレーキ支援システムや衝突警報がついているスマートアシストなど安全性にも問題はありません。軽自動車なだけあり燃費はJC08モードで28.0km/Lと優れた燃費性能をもっています。

マツダCX-3

マツダCX-3の内装

後部座席は広くはないが大人が座っても問題ないほどの広さがあります。

2015年2月27日に発売された5人乗りのSUV。ディーゼルターボエンジンのためレギュラーガソリンではなく、軽油を入れるためガソリン代はかなり抑えられます。立体駐車場などにも入るサイズなので都会での使用も問題ないです。内装とフォルムの高級感はファミリーカーとしてはかなりかっこいい車になっていて、「ファミリーカーとして使うけどかっこいい車に乗りたい!」という方にオススメの車です。6速MTは25.0km/L、6速ATは23.2km/Lと低燃費な車になっています。

マツダCX-5

記事番号:627/アイテムID:8010の画像

マツダCX-5

マツダCX-3より一回りサイズが大きい車になっています

マツダCX-5の内装

後部座席にも十分なスペースがあり、遊園地、スキーなどのレジャーにぴったりの車です。

CX-3よりも一回り大きい5人乗りSUV。もし「CX-3の後部座席が狭いな」と感じたら検討して欲しい車です。ディーゼルモデルは18.6km/L(JC08)、ガソリンモデルは16.4km/L(JC08)と優れた燃費性能になっています。最上級グレードには体の大きさに合わせてレバー操作で運転席の位置を前後上下調節できるシステムが搭載されるなど使い心地も抜群です。ただ立体駐車場には入らないサイズになっているので都会で良く乗るなどの方はほかの車種を検討したほうが良さそうです。

ホンダステップワゴン

ホンダステップワゴンの内装

ホンダステップワゴンのワクワクゲート

縦にも横にも開閉可能で、乗り降りも可能なワクワクゲートを搭載

4月24日に発売された新型のステップワゴンは7人乗りのミニバン。クラストップの室内スペースとワクワクゲートと呼ばれる縦にも横にも開閉可能なドアが特徴です。その低い床と電動スライドドアはかなり乗り降りしやすくなっています。燃費はJC08モードで17.0km/Lと燃費性能も問題ありません。かなりオススメのファミリーカーです。

トヨタ ヴォクシー

ファミリーカーとして良く使われるミニバンの中でも1番人気のヴォクシー。7、8人乗りのミニバンです。ワンタッチスライドドアでドアの開閉もラクラク!低い床に横へもスライドするシート、サイドリフトアップシート装着車なら椅子に座ったまま外に出られるなど乗り降りのしやすさは抜群です!快適温熱シートでシートから暖められるので寒い日のドライブも問題ありません!クルーズコントロールなど最先端の安全運転支援システムは搭載されていないので運転に心配のない方にはオススメの車になっています!ハイブリッドモデルの燃費は23.8km/L、ガソリンモデルは16.0km/Lと優れた燃費性能になっています!

日産セレナ

8人乗りの広々とした室内空間の日産セレナ。両側スライドドアになっていてグレードによってボタンをワンタッチで開くオートスライドドアに!2列目のシートを横移動できるなど広い室内を存分に活用できる車になっています。衝突前に自動で止まるエマージェンシーブレーキが搭載され安全性もバッチリ!家族で遠出するにはオススメのファミリーカーです!燃費も16.0km/L(JC08モード)と十分です。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ