ホンダが東京モーターショーにコンセプトカーを出展!その魅力は!

東京モーターショーにホンダがコンセプトカーを出展しました。ホンダのコンセプトカーは、どの様な車なのでしょうか?この記事ではホンダが開発した未来への生活にどのように関わっていくのかを紹介したいと思っています。ホンダコンセプトカーの魅力をたっぷり感じてください!

ホンダがコンセプトカーを世界に発信!東京モーターショー2015!

ホンダが東京モーターショー2015を彩るコンセプトカー燃料電池車「CLARITY FUEL CELL」をピックアップして紹介します。

ホンダのコンセプトカー燃料電池車「CLARITY FUEL CELL」とは、どんな車なのでしょうか?
近未来のエコ車としての魅力たっぷりです。

ホンダコンセプトカー燃料電池車「CLARITY FUEL CELL」

ホンダは、新型の燃料電池自動車(以下、FCV)のコンセプトカー「Honda FCV CONCEPT」と、FCVから最大出力9kWの外部給電を可能にする可搬型インバータボックスのコンセプトモデル「Honda Power Exporter CONCEPT」を世界初披露しました。

ホンダのコンセプトカーについて!

今回のホンダコンセプトカー「Honda FCV CONCEPT」はどのようなコンセプトのもとで作られたのでしょうか。

新型燃料電池自動車「Honda FCV CONCEPT」を世界初披露 〜外部給電器、スマート水素ステーションとの三位一体でCO2ゼロ社会を目指します。

このコンセプトカーをベースにした新型FCVを、2015年度中に日本で発売することを目指し、その後は米国や欧州へ展開していく予定です。

ホンダは、このFCVと可搬型インバータボックスに加え、ホンダの独自技術である高圧水電解システムを採用したパッケージ型「スマート水素ステーション」の普及促進を図り、来たる水素社会に向けて「つくる」「つかう」「つながる」という3つのコンセプトで、CO2ゼロ社会の早期実現を目指します。

■主要諸元
乗車定員 5名
一充填走行距離(参考値) 700km以上※4(JC08モード走行時、Honda測定値)
充填時間 3分程度
燃料電池最高出力 100kW以上
燃料電池スタック出力密度 3.1kW/L
モーター最高出力 130kW
水素最高充填圧力 70MPa
エネルギーストレージ リチウムイオンバッテリー
寸法(全長×全幅×全高) 4,895mm×1,875mm×1,475mm
価格 7,660,000円(消費税込み)

ホンダのコンセプトカーの紹介!

まず、初めにホンダコンセプトカー燃料電池車の仕組みを簡単に説明します。

ホンダコンセプトカー燃料電池車は、燃料電池に水素と酸素を取り込んで化学反応を起こし、電気を発生し、その電気でモーターを回して走ります。
CO2などの排気ガスはゼロで、出すのは水だけで、燃料電池自動車は、究極のクリーン性能を実現します。

ホンダコンセプトカーのスタイリング

ホンダコンセプトカー燃料電池車は、セダンの美しさと、新たな時代を駆ける一台にふさわしい先進性を求めました。
さらに、フルLEDによる薄くシャープな形状のヘッドライトや、 空力性能とデザイン性を両立させた18インチアルミホイールを採用しています。

ホンダコンセプトカーのインテリア

ホンダコンセプトカー燃料電池車は、瞬間認知・直感操作の設計思想に基づいた先進のインターフェースを採用しました。
さらに、温もりのある上質な素材を随所に使用するとともに、 広さを感じるシンプルな構成にすることで、いつまでも乗っていたくなる心地良さを表現しました。
先進と上質が調和したくつろぎの空間を生み出しています。

ホンダコンセプトカーのパッケージ

ホンダコンセプトカー燃料電池車は、燃料電池スタックや発電システムなどを大幅に小型化し、燃料電池パワートレインをV6エンジンと同等のサイズとなり、世界で初めてセダンタイプのボンネット内に集約しました。これにより、パッケージングの自由度が飛躍的に向上し、大人5人がゆったりと座れるフルキャビンパッケージを実現しています。

ホンダコンセプトカーの走行性能

ホンダコンセプトカー燃料電池車は、最高出力130kW(Honda測定値)を達成する高出力モーターは、変速がなく低回転から最大トルクを発生しつづけるため、発進から最高速度まで力強くなめらかに加速し、さらに、電気で走る車特有のダイレクトなレスポンスにより爽快なドライブフィールを実現します。

ホンダのコンセプトカーを過去と現在との比較!

2014年2月に燃料電池電気自動車から公共施設へ電力を供給する実証実験を開始し、給電機能を装備しました。

この実験では、北九州市にある「いのちのたび博物館」に、一般家庭のおよそ6日分の使用電力を供給でき、最大出力9kWの外部給電機能を装備したFCXクラリティを使用して、非常用給電(V2L)を行います。FCXクラリティの緊急時における移動可能な発電設備としての実用性に加え、災害時に避難所となる学校などの公共施設へのV2Lの効果検証を行っていきます。

2014年3月に外部給電機能を装備した燃料電池電気自動車「FCXクラリティ」を、
さいたま市、神奈川県、大阪府に納車しました。

ホンダは、一般家庭のおよそ6日分の使用電力を供給できる、最大出力9kWの外部給電機能を装備した燃料電池電気自動車「FCXクラリティ」を、新たにさいたま市、神奈川県、大阪府に順次納車し、公用車としての用途に加え、外部給電機能を活かした災害時の電力供給対応の検証やイベントでの運用を通じて、外部給電機能を含めた燃料電池電気自動車の使い勝手、活用方法に関する各種データが、各自治体からホンダにフィードバックされます。

2014年11月新型燃料電池自動車「Honda FCV CONCEPT」を世界初披露しました。

ホンダコンセプトカー燃料電池車は、FCXクラリティの後継モデルとして、さらなる性能向上とコストダウンを目指した次世代FCVのコンセプトカーです。このコンセプトカーに搭載している新開発の燃料電池スタックは、従来型より33%の小型化を図りながら、出力は100kW以上、出力密度は3.1kW/Lと従来比で約60%の向上を実現し、その小型化した燃料電池スタックを含めたパワートレインを、市販車として世界で初めてセダンタイプのボンネット内に集約して搭載しています。これにより、大人5人が快適に座れる、ゆとりあるフルキャビンパッケージを実現するとともに、将来のFCVの普及拡大期において、複数の車種に展開することを可能としています。

2015年10月28日に新型燃料電池自動車「CLARITY FUEL CELL」市販予定車を「第44回東京モーターショー2015」で世界初披露しました。2016年3月に日本でリース販売を開始する予定です。

CLARITY FUEL CELLは、ガソリン車同等の使い勝手とFCVならではの魅力を高次元で融合し、将来にわたってFCVのベンチマークとなりえる高い価値をもったセダンです。ホンダ独創の技術により搭載している燃料電池スタックは従来型より33%の小型化を図りながら出力は100kW以上、出力密度は3.1kW/Lと従来比で約60%の向上を実現し、燃料電池パワートレインを、V6エンジンと同等サイズまでコンパクト化し、世界で初めてセダンのボンネット内に集約しました。これにより、大人5人が快適に座れ、ゆとりあるフルキャビンパッケージを実現しています。

ホンダのコンセプトカーのまとめ!

いかがでしたでしょうか?
東京モーターショー2015のホンダのコンセプトカーについてまとめました!

今後、燃料電池車が普及する上で急務なのは、水素ステーションの設置が必要不可欠です。

ホンダのコンセプトカーの魅力を感じて頂けましたと思います。
今後、購入をお考えの方は是非参考にしてください。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ