ゴム製タイヤは1835年に発明された、ゴムの輪を車輪の外周にとりつけたソリッドタイヤが最初になります。 空気入りタイヤは、1888年にスコットランドの獣医師ジョン・ボイド・ダンロップが自転車用タイヤとして実用化するまで待つことになります。

この画像が掲載されているまとめ

この画像が掲載されているまとめ