どうしてもデロリアンのラジコンが欲しい!でも売ってるの?

2017年に再販売予定のデロリアン社のDMC-12!これをきっかけに、デロリアンブームにも火が着けばイイのですが…。正直、デロリアンのラジコンは危機に面していますが、探せば出会う事もあるようです。とにかくデロリアンのラジコンを探してみる事にしました。

デロリアンと言えば…

映画のバック・トゥ・ザ・フューチャーです!
(1985年、1989年、1990年のアメリカ映画、3部作。)

ブラウン博士が、愛車であるデロリアン社のDMC-12を改造して製作した、ステンレスボディーで出来たタイムマシンです。

そのタイムスリップした時代で、ニーズによる改造が施され、またシリーズ毎に変化してゆく、ファンにはたまらない違いが魅力的。

タイムスリップの燃料はプルトニウムでしたが、時には落雷、時には生ゴミ。

初期導入には約140km/hのスピードが必要で、当初デロリアンのエンジンはガソリンやお酒を燃料とした通常走行で行っていましたが、未来へ行った際にガソリンでの飛行を可能にして空での加速を行っていました。中でも苦肉の策は機関車での加速もありました。

映画での装備変化は細かくありますが、ラジコンはシリーズ毎の3種類としているようです。

デロリアンのラジコンは何処に?

バック・トゥ・ザ・フューチャーと言えば、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン!
デロリアンのラジコンは、ここでお土産として売っていたようです。

USJのデロリアン


アトラクションのバック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライドは、オープンと同時に開始し現在でも営業していますが、フロリダとハリウッドでは既に営業終了しているようです。

しかも、グッズショップが無くなったりしている事を考え、近い将来乗れなくなるという噂すらあります。

デロリアンのラジコン「ラジカン」


タイヨーのラジコンで、ラジカンの1/32サイズのデロリアン。

ふたがコントローラーになっていて、アンテナや車は缶に見立てた筒の中に入っています。

デロリアンのラジコン「チョロQ」


USJ限定のデロリアンQ-STEER赤外線コントロールチョロQ。

こちらはタカラトミー製のラジコンです。

デロリアンのラジコン「SKYNET RC MINI-Z Racer」


ラジコンメーカーである京商とアオシマの合作商品です。

スケールは1/28のデロリアンで、価格は18690円(税込)と高価なラジコン。

デロリアンのラジコンは見つけたら即買い!もう出会えない可能性があります。

デロリアンのラジコン「ラジカン」は?

ラジカンのメーカーはタイヨーという会社ですが、セガトイズが事業譲渡を受けるための会社。
ところが、セガトイズは2010年1月28日付けでタイヨーを解散し、主要事業を親会社であるセガトイズがラジコン部門の譲渡を受ける予定でした。
ですが、デロリアンのラジカン目撃情報もあまり無く、オークションでは高値がついている事を考えると、残念ながら既にラジコン部門は終了と思われます。

デロリアンのラジコン「ラジカンPART1」


1985年の技術で作られた、初期状態のデロリアンです。

ラジコンの送信部には単3電池を2本使い、ラジコン本体にも単3電池を2本を使います。

デロリアンのラジコン「ラジカンPART2」


ミスター・フュージョンがつきました。

プルトニウムが入手出来なかった際、原子炉の代わりに取付けた装置です。
生ゴミを投入すると原子レベルまで分解し、核融合をさせる事が出来るそうです。

デロリアンのラジコン「ラジカンPART3」


板の上に載った真空管がついています。

デロリアンのボンネット上に取り付けられた、タイムサーキット制御用の日本製マイクロチップに代わる新しい装置です。
チップが壊れた際の苦肉の策でした。

デロリアンのラジコン「番外編」

ポッカ オリジナル デロリアン モデル ラジコンカー


ポッカが開催した、ユニバーサル映画100周年クイズキャンペーンの懸賞景品です。

観賞用に重点を置いているそうですが、実際に走る事の出来るラジコンです。

ラジコンメーカーの京商製でMINI-Z Racer。このデロリアンの型番はMR-02EXとあり、シリーズの価格を調べてみると以外と高価なラジコンです。

タイヤとホイールは組み立て式のラジコンで、雷の電流伝えるフックも付属しているようです。
懸賞でのラジコン当選者は300人ですから、オークションに出てくる事もまれかもしれません。
このデロリアンのラジコンが出ていたら、これも即買いですね…。

デロリアンの空飛ぶラジコン?

映画のホバー・コンバージョンは…


ブラウン博士が2015年へタイムトラベルした時、デロリアンを飛行可能にするために取付けた装置です。

これによって、空で140km/hを出せばタイムトラベル出来るようになりました。

やはりデロリアンは飛ばなきゃ、本当のデロリアンじゃありません!
そんなこんなでロシアの方が製作した、空飛ぶデロリアンラジコンの映像を見つけてきました。

Flying Time Machine from the movie "Back to the Future" from Native18

厳しい意見もあるでしょうが、まぎれも無い空飛ぶデロリアンです。
ですが出来合いのドローンを使わずに、シャーシから手作りなのはビックリしました。
軽量化の為には発砲スチロールを使わないとならないので、ある程度の質感にしかならないのもわかる気がします。
とにかく頑張った作品です!

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ