コンパクトカー新型デミオ、その計り知れない魅力を徹底解剖

コンパクトカー新型デミオは、クリーンディーゼルエンジンを得て、そのポテンシャルはワンクラス上の車格と同等のポテンシャルを発揮します。新型デミオの魅力はどこにあるのでしょうか。他メーカーライバル車との比較もしてみましょう。

新型デミオはいつから発売されているのか?

新型デミオはいつから発売されたのでしょうか。

新型デミオは、2014年7月に発表されデミオ4代目として発売されました。アテンザ、アクシオ、CX-5とのフロントグリルデザイン統一によりモデルチェンジを施されました。全長は3代目より長くなっていますが、全幅はほぼ同じサイズで5ナンバーをキープしています。新たにクリーンディーゼルが追加され新たなデミオとして誕生しました。

新型デミオのポテンシャル

新型デミオのポテンシャルはどれほどのものなのでしょうか。新搭載のクリーンディーゼルのポテンシャルも気になります。

新型デミオのポテンシャルはどれほどのものなのでしょうか。
ガソリンエンジンは、1.3Lと1.5L、そして1.5Lディーゼルターボの3タイプから選択できます。

新型デミオのエンジンで注目すべき点は、1.5Lクリーンディーゼルエンジンです。カタログ値で22.8Km/L~26.4Km/Lとありますが、街中走行で16Km/L~20Km/Lをマークするようです。軽油は、ガソリンと比較して20円程安価ですのでハイブリットエンジンと同等以上のポテンシャルがあることになります。

また新型デミオの1.5Lクリーンディーゼルの最大トルクが25.5kg・m(250N・m)/1500~2500rpm もあり、2.5Lガソリンエンジンと同等のパワーを持っていることになります。燃費及び走りの両立がなされていると言っても過言ではありません。

新型デミオのインテリア

新型デミオのインテリアはどうなのでしょうか。

新型デミオのインテリアは、本革を使用した豪華な内装になっています。またインパネは、アテンザ、アクシオ、CX-5と共通の設計であるアクティブ・ドライビング・ディスプレイが採用されています。速度表示がフロントガラスに投影され、メーターはタコメーターのみの配置になっています。

新型デミオのラゲッジスペースですが、コンパクカーですので280Lの容量になります。これは、ゴルフバックは横に積載できないのですが、リアシートを1/3倒せば3バックが積めて3人乗車が可能になります。

新型デミオのユーザー評価

新型デミオのユーザー評価はどうでしょうか。

新型デミオの評価は、すこぶる良いものが目立ちます。新型デミオのスタイリングへの評価は高いものになっています。他メーカーのコンパクトカーと比較して一歩リードしている意見が多くなっています。新型デミオのモデルチェンジは成功と言えるのではないでしょうか。

新型デミオの販売価格

新型デミオの販売価格を左右する値引きには期待できるのでしょうか。

新型デミオは販売好調車種であることからマツダディーラーが強気に出ているようです。車体本体とオプションパーツで20万円を引き出せれば良い方であります。なかには5万円しか引き出せないディーラーもあるようです。粘り強く、ライバル車を引き合いに交渉することをお勧めします。

新型デミオのライバル車は、ホンダ フィット、日産 マーチ、ノート、トヨタ ヴィッツと競合揃いです。ライバル車のディーラーに足を運び、値引き条件、オプションパーツの値引きをしっかり調査することをお勧めします。

新型デミオ オプションパーツ

新型デミオのオプションパーツはどのようなものがあるのでしょうか。

新型デミオにオートエグゼよりオプションパーツが販売されています。フロントバンパー&グリル、リアルーフスポイラーがセットで122,000円で販売されています。新型デミオのオリジナルからイメージが変わりますのであなただけのデミオを作るには最適なパーツと言えます。

まとめ

新型デミオは、そのスタイリングに人気が集まっているようです。先代からそのスタイリングに注目が集まっていましたが、新型デミオはスカイアクティブのラインナップにクリーンディーゼルという強力な武器を得たことにより更にパワーアップしたのであります。

新型デミオは、他メーカーのコンパクトカーに取って大きな影響力を及ぼしていることは間違いありません。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ