bmwの新たなるカテゴリー:4シリーズの「グランクーペ」とは?

ここ最近bmwのラインナップでよく耳にするグランクーペ。話題の4シリーズにもあるボディバリエーションですが、通常のセダンとはどのように違うのでしょうか?bmw4シリーズグランクーペの特徴やスペックなどと合わせて、要点をわかりやすく解説します。

bmw4シリーズにラインナップしたグランクーペとは?

これまでbmwにはセダン、クーペ、カブリオレ、ツーリングなどのボディタイプがありましたが、ここ最近人気なのがグランクーペです。3シリーズ兄弟車となる4シリーズに加わった「グランクーペ」とはどのような車なのでしょうか?

bmw 4シリーズ グランクーペ

4シリーズグランクーペとはbmwの新コンセプト4ドアセダンモデルです。

クーペといってもグランクーペとは4ドアセダンとなります。セダンとクーペの特徴を両方あわせ持ったボディスタイルといえるでしょう。

グラン クーペは、クーペに4ドアの機能性とラゲッジの利便性を合わせた多機能クーペで、ドアは4枚あるが後席の乗降性などはあまり重視していない。この点、3シリーズのGTは後席の居住性を犠牲にせず、ファーストバックのボディーとしたもので似て非なるものだ。

出典:http://car.watch.impress.co.jp

グランクーペはクーペよりも全長やトレッドも拡大。さらにセダンより全行が低く、ワイド&ローなフォルムになっています。

bmw4シリーズグランクーペリヤビュー

4シリーズグランクーペは、通常のセダンとトレッドや車高も異なります。

サイドから流れるようなボディラインはセダンと似ていますが、実際に載ってみるとグランクーペは他のボディバリエーションとは一線を画すものとなっています。

bmw 4シリーズグランクーペのエンジン

bmwといえばやはり魅力的なのがエンジン。最新モデルはダウンサイジング化が進み、4気筒と6気筒の2タイプをラインナップ。軽量・コンパクトなエンジンながら、ターボによって大排気量エンジン並みのビッグトルクを発生します。

bmw 4シリーズ 420iグランクーペ エンジンスペック

bmw 4シリーズ 420iグランクーペ

bmw4シリーズグランクーペのベースモデル、420iのエンジンルーム。

エンジン型式 N20B20B
最高出力 184ps(135kW)/5000rpm
最大トルク 27.5kg・m(270N・m)/1250~4500rpm
種類 直列4気筒DOHCターボ
総排気量 1997cc

圧縮比 11.0
過給機 ターボ
燃料供給装置 デジタル・モーター・エレクトロニクス(DME/電子燃料噴射装置)

bmw4シリーズ 435iグランクーペMスポーツ エンジンスペック

bmw 4シリーズ 435iグランクーペ

bmw4シリーズグランクーペのハイスペックモデル、435iのエンジンルーム。

エンジン型式 N55B30A
最高出力 306ps(225kW)/5800rpm
最大トルク 40.8kg・m(400N・m)/1200~5000rpm
種類 直列6気筒DOHCターボ
総排気量 2979cc

圧縮比 10.2
過給機 ターボ
燃料供給装置 デジタル・モーター・エレクトロニクス(DME/電子燃料噴射装置)

bmw 4シリーズグランクーペのインテリア

そしてグランクーペはセダンとはインテリアの印象も異なります。デザインは3シリーズなどと基本的なものが共通でありますが、座った時の低さは、セダンとは明らかに異なるものです。

bmw 4シリーズグランクーペ室内

着座位置が従来のセダンより低くなったbmw 4シリーズグランクーペ

美しいスタイリングを維持するために、後席のヘッドクリアランスが少ないのがグランクーペの弱点。あくまでグランクーペは前席がメインで、後席はサポート的なものですね。このあたりは常時4人乗ることを想定したセダンとは違うところです。

bmw 4シリーズグランクーペのトランクルーム

グランクーペは美しいフォルムでありながら、それでも荷室は十分なスペースを確保しています。

bmw 4シリーズグランクーペのラゲッジ

電動で開閉するbmw 4シリーズ グランクーペのトランク

トランクはバンパー下側に足を入れることで自動感知して、トランクが電動で開くようになっています。荷物を積み込むときに両手がふさがっても使えるのは便利ですね。

bmw 4シリーズグランクーペのドライブインプレッション

bmwといえば気になるのは走り。グランクーペはスポーティーな走りが自慢です。

bmw 4シリーズグランクーペの走行性能

ランフラットタイヤとは思えぬ、bmw 4シリーズグランクーペの滑らかな走り

グランクーペは他のモデルより車重がやや重くなっているのですが、どのグレードも分厚いエンジントルクで加速性も十分にパワフルです。固いランフラットタイヤのいなしかたも十分に熟知しており、突き上げ感も少なく、足回りはしなやか。このあたりもbmwのクオリティの高さではないでしょうか。

bmw 4シリーズグランクーペの基本スペック

それではbmwグランクーペのボディサイズなど、基本的な諸元についての情報をご紹介しましょう。

bmw4シリーズグランクーペ

ボディサイズや車重など、bmw4シリーズグランクーペの基本スペックです。

全長×全幅×全高 4670×1825×1395mm
ホイールベース 2810mm
トレッド前/後 1545/1575mm

車両重量 1690kg

価格 522万円(420iグランクーペ)

bmw 4シリーズグランクーペのまとめと動画

いかがでしたでしょうか?以上bmw4シリーズグランクーペに関する情報をまとめてみました。

4ドアセダンの使い勝手と、クーペの美しいフォルムのいいとこどりを実現したグランクーペ。
今や4シリーズの6割がグランクーペといいますから、
そのコンセプトがいかに優れていたのかが理解できますね。

それでは最後に、グランクーペの魅力を、動画でじっくりとご覧ください。

bmw 4シリーズグランクーペ試乗レポート

bmwから登場した4シリーズグランクーペ。これまでの3シリーズクーペから名前も価値観も一新しての発売です。ボディの美しいスタイリングやインテリアの様子、滑らかな走行性能を1分少々の動画で紹介しています。 

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ