安全に車に乗り続けるために。オイル交換時期の目安をお教えします。

皆さん、現在お乗りの車のオイル交換をしたのはいつだか覚えていますか?安全に車に乗り続けるためには適切なタイミングでのオイル交換が必要です。そこでオイル交換時期の目安をお教えしたいと思います。適切なタイミングを見計らうための色々な目安があるんですよ。

車のオイル交換してますか?

皆さん車のオイル交換をしていますか?
「エンジンのオイル交換は必要と知っている車検でチェックして貰ってるから大丈夫」とお思いの方も多いのではないでしょうか。

そもそもエンジンオイルには「潤滑」「冷却」「防錆」「気密保持」「清浄分散」という5つの役割があります。オイルが古くなるとこれらの役割を果たすことが出来なくなってしまいますので、オイル交換は車に安全に乗り続けるためには必要なことなんです。

カー用品店やホームセンターでオイルを買って自分でオイル交換をしているという方も少なからずはいますが、まだまだ少数であり殆どの方はオイル交換のタイミングをご存知ないのではないでしょうか。

このまとめではオイル交換を行うタイミングの目安をご紹介いたしますので、「ご自分でオイル交換をしてみようと思っていた方」、「オイル交換はしないと分かっていたけどいつやれば良いか分からなかった方」のご参考になればと思います。

オイル交換の目安となる時期

まずは分かりやすいオイル交換の目安をご紹介したいと思います。
それは前回オイル交換してからどれくらいの距離を走ったか、どれくらいの時期が経過したかということです。

オイル交換の目安となる時期は車のタイプによって異なりますが以下のタイミングがオイル交換の目安と言われています。

軽自動車
 【普通車】10,000kmまたは6ヶ月
 【ターボ車】5,000kmまたは6ヶ月

ガソリン車
 【普通車】15,000kmまたは1年
 【ターボ車】5,000kmまたは6ヶ月

ディーゼル車
 10,000kmまたは1年

以上がオイル交換が必要なタイミングとされている目安ですが、これらは普段の買い物など普通の使用状況の場合のオイル交換タイミングの目安です。
もし、悪路を走ることが多かったり、高速道路を頻繁に利用するなど通常よりもシビアな乗り方をしている車は上記の目安よりも早めにオイル交換をしたほうが良いとされています。

オイル交換を目安となる時期よりも早めた方が良いケース

それではオイル交換を目安となる時期よりも早めた方が良いケースについて詳しくご紹介したいと思います。

まず、通常よりもシビアな乗り方をしていると想定されるのは以下のような場合です。

・商用車として利用している
・極端な温度環境や湿度が高いところを走行する
・未舗装道路を走行する
・山道や坂道を走行する
・高速道路を頻繁に走行する など

シビアコンディションの場合のオイル交換の目安は以下の通りです。

軽自動車
 【普通車】7,500kmまたは6ヵ月
 【ターボ車】2,500kmまたは3ヵ月

ガソリン車
 【普通車】7,500kmまたは6ヵ月
 【ターボ車】2,500kmまたは3ヵ月

ディーゼル車
 6,000kmまたは6ヵ月

オイルの色もオイル交換の目安になります

皆さんは乗っている車のオイルの色を見たことはありますか?
実はオイルの色もオイル交換の目安になるんです。

新しいオイルの色は透明な飴色をしていますが、徐々にエンジン内の汚れを吸着していき飴色から茶色、こげ茶色、黒色と変化をしてきます。

オイルの色を確認したいけどやり方がわからないという方のためにオイルの色の確認方法をお教えいたします。なお、オイルの色を確認するのはエンジンを切ってから15分以上経過後にしてください。
エンジンを切った後も熱をもっていますので手を火傷してしまう恐れがあります。

1、オイルレベルゲージを探す

オイルの色はオイルレベルゲージを確認すれば簡単にチェックができます。
例外はありますが、オイルレベルゲージの取ってはオレンジ色の輪っかとなっていることが多いです。エンジンルームを確認して取ってを見つけたら引き抜いてみてください。特別な器具などは必要ありません。

2、オイルレベルゲージの先端をふき取る

オイルレベルゲージを引き抜いたらキッチンペーパーなどで付着しているオイルをふき取ってください。ふき取った後で再度オイルレベルゲージを元の場所に戻します。

3、再度オイルレベルゲージを引き抜く

一旦元に戻したオイルレベルゲージを再度引き抜いた際に付着しているオイルがオイル交換の目安となります。オイルレベルゲージの先端に付いたオイルをキッチンペーパーなどに垂らしてみて下さい。

中心にスラッジと言われる炭素や金属の燃えかすなど残り、周りにオイルだけが広がる時はまだオイル交換の必要はありませんが、周りに広がるオイルにもスラッジが混じっているようであればオイル交換が必要となります。新しいオイルを用意しておくことで色の比較が容易になります。

色々な目安をもとに適切なタイミングでオイル交換をしましょう

オイル交換の目安をご紹介いたしましたが参考になりましたでしょうか。
安全に車に乗り続けるために色々な目安を元にして適切なタイミングでオイルを交換してください。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ