車のお医者さん?!これから自動車整備士の仕事に就きたいあなたへ

自動車を安全に乗るにはメンテナンスが欠かせません。そんな自動車の安全を守ってくれるのが自動車整備士です。車の医者といえば聞こえはいいですが、実際の仕事内容やお給料、自動車整備士になるための資格などについて調べてみました。

自動車整備士の資格について

自動車整備士の資格は結構細かく分類されいているんです

車を安全に走らせ、ドライバーの安心を守る自動車整備士。
そんな自動車整備士の資格には国家資格があるのはご存知でしたか?
自動車整備士になるためのにはまず、国土交通大臣の行う自動車整備士技能検定の学科試験と実技試験に合格しなければなりません。
またその種類は一級自動車整備士、二級自動車整備士、三級自動車整備士、特殊整備士に分類されています。

自動車整備士の資格をとるとこの様に整備士手帳とよばれる手帳が配布されます。

この中でも最も一般的な資格の二級自動車整備士について詳しく書いていきたいと思います。

自動車整備士になるには

自動車整備士になるには実は基本的には資格がなくてもなれてしまいます。しかし整備士の資格がないと、できる作業が制限されてしまったりなどできる仕事が限られてしまうため、自動車整備士の資格というのはほぼ必須といえるものになっています。
試験には学科試験と実技試験があり、実際に二級自動車整備士の資格試験を受けるには実務経験何年以上必要などの受験資格などがあるのですが、ここでは最も一般的な取得できる方法をまとめていきます。

一種養成施設に通う

自動車整備士の専門学校や訓練校、大学や短大に入学し卒業することです。二級自動車整備士の場合2年間通って整備士になるための知識や技術を身に着けていきます。
そうすることによって試験の中の実技試験が免除されるのです。あとは卒業後に控えた学科試験に合格すれば自動車整備士の資格を習得することができます。

国土交通省に認められた学校専門学校や訓練校などが一種養成施設にあたります

この方法が一番最短で習得できる確率が一番高い方法かと思います。また二級自動車整備士の資格の中にはガソリンとディーゼルという2種類に分かれているのですが、学校に通った場合は2年間でふたつとも習得することができます。
在学中に学校にはさまざまなディーラーやモータースなどの企業から求人が来ますので、採用されれば晴れて整備士としての仕事がはじまります。

自動車整備士の仕事内容について

自動車整備士は車の定期メンテナンスや何か不具合が起こってしまった車の原因探求、修理などを主に行います。
仕事は、大きく分けて「点検整備」「緊急整備」「分解整備」の3つに分けられます。

自動車整備士は毎日車の安全とドライバーの安心を守っています

点検整備

車には12か月ごと24か月ごとに受けなければならない定期点検、検査というものがあります。1年点検や車検といわれているものです。このときオイル交換などはもちろんですが、タイヤや、ブレーキ、ファンベルトなど消耗部品の具合を点検し必要であれば交換をします。
定期的な点検整備を行うことで車の事故を未然に防ぎます。

整備士の仕事で一番頻度が高いのがこの仕事にあたります

緊急整備

朝出かけようとしたら突然エンジンがかからなくなってしまった、車をぶつけてしまってバンパーなどの部品がはずれてしまったなど、事故や故障による飛び込みできた車の整備・修理を行うことをいいます。
エンジンがかからない場合などは、エンジン本体や症状にに関わる部品の点検をしたり、テスターを用いて電気系統などを点検したりします。不具合個所を特定して修理や部品の交換などを行います。
ぶつけてしまった車に関してはバンパーの交換などで対応することもあります。

テスターを用いた点検は電圧や抵抗値などを点検する繊細な作業

分解整備

エンジンやミッションなど、自動車の中でも特に重要で機械的な部品を分解し、故障した部分を見つけて整備します。エンジンオーバーホールともいわれる作業です。ブレーキの整備なども分解整備にあたります。またサスペンション交換などのこれに当たる場合があります。
分解整備を行った場合は分解整備記録簿というものにやった内容を記録する必要があり、分解整備を行えるのは国から認可を受けた「認証工場」や「指定工場」のみとなっています。

高い技術が必要ですので、熟練の整備士が行うことが多い作業になります

自動車整備士の給料

平均年収は毎年380万円〜400万円程度を推移しており、月給は28万程度が相場となっています。
高卒者の初任給は15万円程度、短大卒や専門卒は17万円程度です。
国家資格が必要だったり仕事の責任の重大さを考えてみるともう少し高くてもいいような気がします。数字だけでみてみると高給とは言えないかもしれません。車の医者とは言っても、人間の医者のようにはいかないようです。

時には命にかかわる事もある仕事でも給料は意外と低い?!

しかし毎日車と接して仕事をするわけですから、本当に車が好きな人や機械いじりが好きな人には面白くやりがいのある仕事だといえると思います。また手に職がつくので自分の車などを安く直せるのはこの仕事の特権言えると思います。

自動車整備士を目指している方へ

自動車整備士とは車と接する仕事の様にも思えますが、実際にはそのおくにいるオーナーつまり人間と接する仕事なのだと思います。いつも車を好きな気持ちとサービスの心を大切にしてください。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ