人気のレガシィで車中泊!レガシィで快適な車中泊はできるのか?

スバルのレガシィはツーリングワゴンをはじめ、スポーツセダンのB4、ステーションワゴン型SUVのアウトバックなど、いずれのバリエーションも日本国内外で高い人気を誇っています。レガシィで車中泊をすることはできるのでしょうか?色々調べてみました!

車中泊もできちゃうレガシィとはどんな車?

アクティブな使い勝手を実現できる、スバルレガシィ!人気のレガシィとはどんな車でしょうか?車中泊には適しているのでしょうか?

初代レガシィ  BC/BF系(1989年-1993年)

レガシィ
ツーリングワゴン(後期型)

レガシィツーリングワゴンには、ひとつの伝統として2段ルーフが採用され、最上級の「VZ」にはルーフレールが標準装備されました。ただし輸出向けツーリングワゴンには、単に「ワゴン (WAGON)」と呼ばれ、2段ルーフを採用していないモデルもあります。

2代目レガシィ  BD/BG系(1993年-1998年)

レガシィ ツーリングワゴン

レガシィ
グランドワゴン(輸出名アウトバック)

レガシィは「5ナンバーサイズでありながら上級クラスに負けない走りと室内空間を実現している」という評価を得て大人気になりました。

3代目レガシィ  BE/BH系(1998年-2003年)

レガシィ
ツーリングワゴン(欧州仕様)

レガシィ
ランカスター(輸出名アウトバック)

レガシィは全グレードが4WDとなりました。全幅を1,695mmとし、先代に引き続き5ナンバーサイズを守っています。

4代目レガシィ BL/BP系(2003年-2009年)

レガシィ・ツーリングワゴン(参考出品モデル)(フロント)

レガシィ リア(EU仕様)

レガシィは5ナンバーサイズを維持してきたボディを、3ナンバーサイズにかえました。このサイズ拡幅とともに前モデルに比し質感やスマートさを増した内外装のデザイン処理、ATの5速化等によって、プレミアム性をより一層高めたモデルへと進化しました。

5代目レガシィ BM/BR系(2009年-2014年)

レガシィ
ツーリングワゴン(後期型、2.0GT DIT)

レガシィ
ツーリングワゴン(前期型)

レガシィは、先代に比べ車体を大きくしたことで、室内長・室内幅・室内高が広くなり、十分にゆとりがある室内空間を確保しました。車体の大型化にあたっては、標準ボディを車幅1,780mmで設計し、北米仕様およびアウトバックはフェンダーの拡張で1,820mmとしています。

6代目レガシィ BN系(2014年 - )

レガシィ B4

レガシィの6代目はツーリングワゴンが後継車種のレヴォーグに継承されたことで、セダンタイプのB4とクロスオーバーSUVタイプのアウトバックの2タイプとなりました。

レガシィの燃費

レガシィ アウトバック

レガシィの価格は?

レガシィ アウトバック

3,186,000円(消費税8%込)
消費税抜き価格 2,950,000円

車中泊のメリットやデメリットについて

レガシィに限らず、車中泊する上でメリットやデメリットはどのようなものがあるでしょうか?

車中泊のメリット

①駐車スペースがあれば車を停めたまま寝ることができる
②チェックイン、チェックアウトという時間制限がなく自由である
③宿泊代がかからない
④ペットがいても問題ない

車中泊のデメリット

①ホテルや旅館のように寝る姿勢が自由にならない
②トイレや洗面などがあるところを探さなければならない
③季節対策が必要

宿泊代がかからないことはメリットですが、車中泊するには室内温度の調節やトイレが近くにあることなど必要なこともたくさんあります。また、ペットが一緒だったり子どもがいたりとスペースの問題もあります。また、車中泊しているときの防犯も気になります。

レガシィの車内はどうなっているのでしょうか?

2名乗車時

3名乗車時

レガシィはカーゴルームを大容量にするだけでなく、隅々まで効率良く使えるフラットな空間を実現しました。9インチサイズのゴルフバッグ、大型スーツケースをともに4つ収納できます。さらに、荷室を自在に拡張できる可倒式リヤシート、機能的なサブトランクやフック類も装備しています。

レガシィのカーゴルームはたくさん荷物が入りますね。ということは車中泊にはもってこいでしょうか?

レガシィで車中泊はできるのでしょうか?

レガシィ OUTBACK
ヴェネチアンレッド・パール

レガシィの車内は広くなり、車中泊はできそうなイメージです。実際にレガシィで車中泊をした皆さんの感想をまとめてみました。

レガシィは車内もカーゴも広いので、就寝スペースは十分にありますが、高さがないので、何泊も泊まる長距離の車中泊は難しいかも。大人二人が限界です。

ラゲッジルームがフラット時に運転席の上の部分が少し斜めになるので車中泊するときに熟睡できない。運転席を前にスライドさせて、後部座席を前に倒して無理やりフルフラットにすれば何とか眠れる。

レガシィのような車は天井が低いので着替えが思ったより大変です。寝るときの荷物の置場所も如何に難しいかが分かります。大きなカバン一つにまとめるのではなくて、小さなカバンやレジ袋等に分散して、あらゆる隙間に突っ込むといいですよ。車中泊ではいかに荷物をじゃまにならにように収納するかで広さを確保できます。

レガシィの車内はかなり広々してて車中泊にはむいています。でも、屋根が低く、着替えも大変なので寝るだけにはいいです。長さがあっても高さがないと車中泊は快適とは言えないかな・・・

レガシィで車中泊するときに必要な物は?

それでは、レガシィに車中泊するときにあると便利、必要なものはなんでしょう?

シートがフラットにならないのでマットがあるといいでしょう。ただ、天井が低いので厚手のマットだと圧迫感があるかもしれませんね。今は車中泊用のマットも売っているようですし、アウトドアの商品を用いてもいいと思います。

車中泊は外から見えるためカーテンがあるといいですね。夜も駐車場の灯りなどが入りにくく、快適な車中泊ができそうです。また、防犯にもなりそうです。

車中泊の人気スポットである道の駅やサービスエリアなどにおいて、車のエンジンをかけたまま車中泊を行うことは、周りの迷惑になるのでマナー違反と見なされます。

車中泊の寒さ対策として、保温性の高い羽毛布団、真冬用のシュラフであれば足先の保温性も十分考えて、マミータイプのものを利用するといいです。車中泊用の保温マットなど、いろいろアイデアグッズがあるようです。

いかがでしたか?レガシィでの車中泊、一度試してみてはいかがですか?

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ