7周年を迎え、ますます魅力あふれる道の駅いとまんのまとめ!

沖縄県糸満市にある道の駅いとまんには沖縄の伝統や沖縄らしさが溢れています。今回は道の駅いとまんの様々な情報を集め、沖縄旅行やドライブの目的地の一つとして利用してもらえるようにしたいと思います。道の駅いとまんとは一体どのようなところなのでしょうか。

7周年を迎えた道の駅いとまんってどんなところ?

今回は道の駅いとまんに関する様々な情報を集めたいと思います。
道の駅いとまんとは一体どんなところで、どのようなものが有名なのでしょうか。
さっそくご紹介したいと思います。

道の駅いとまんがある沖縄県糸満市は古くから漁を生活の糧に栄えてきた海人の街です。

沖縄県内の海産業の多くが糸満市に集中しているため、道の駅いとまんに来れば、かまぼこ屋や青い海の恵みであるニガリを使用した島豆腐屋、海の幸たっぷりのお魚センターなど沖縄の生活や文化を肌で感じ取ることができます。

道の駅いとまんは日本最南端の道の駅で、敷地1万坪、駐車場520台、4つの施設からなる大規模施設です。

道の駅いとまんでは沖縄県の伝統や文化を肌で感じることができるため、観光で訪れる方はもちろん、普段の買い物に訪れる地元の方も非常に多いのです。
そんな人気の道の駅とはどこにあるのでしょうか。

道の駅いとまんへのアクセスは?

次は道の駅いとまんへのアクセス方法をご紹介します。
日本最南端の道の駅とは一体どこにあるのでしょうか?
気軽に立ち寄れる立地にあるのでしょうか?

道の駅いとまんの所在地は沖縄県糸満市西崎町4-20-4で、那覇空港や沖縄自動車道のICからのアクセスに恵まれています。

車では那覇空港から約20分の距離で、国道331号線を糸満市向けに南下し、瀬長交差点を右折。その後、バイパスを直進し、西崎運動公園より信号3つ目を右折したところです。
また、沖縄自動車道名嘉地ICから約15分の距離で、名嘉地ICを降り、国道331号線へ左折。
糸満向けに直進し、兼城交差点を右折し、信号5つ目すぐのところにあります。

このように道の駅いとまんはアクセスに恵まれているため、観光の途中や空港へ向かうまでの空き時間を過ごすのに最適な場所となっています。

実際、飛行機までの待ち時間を過ごすのに、道の駅いとまんでお土産を購入したり、お食事を済ませたりする方も多いようですよ。
では道の駅いとまんにはどのようなお店があるのでしょうか。

糸満市の道の駅「いとまん」の営業時間は?

次は道の駅いとまんの店舗の情報をご紹介します。
それぞれの店舗の特徴や営業時間をご紹介します。
沖縄の魅力が溢れる道の駅いとまんには、一体どのような店舗が集まっているのでしょうか。

道の駅いとまんの情報案内カウンターは年中無休で営業しており、営業時間は9時~18時となっています。

情報案内カウンター以外にも道の駅いとまんには魅力あふれる店舗がありますので、それぞれ簡単にご紹介したいと思います。
では、順番に見ていきましょう。

糸満市物産センター”遊食来”(ゆらく)は10時~20時まで営業しており、一部レストランは22時まで利用することが可能です。

ここでは、揚げたてのカマボコや糸満名物のイマイユ(鮮魚)が味わえる和食店、地元の新鮮素材を使ったフードコートもあり、糸満市内の名店が腕を競っています。
特産品コーナーでは沖縄の工芸品、各種お菓子・泡盛などを販売しており、宅配も手配できるのでお土産がかさばる心配もありません。

JAファーマーズマーケットいとまん「うまんちゅ市場」は9時~19時の営業となっています。

ここでは生産者の顔が見える安心安全な新鮮朝採り野菜が安く買えます。
約1千件軒の地元農家さんが作った野菜は宅配も可能なので、飛行機や長時間の移動で鮮度を落とすことなく食べることができます。

お魚センターは10時~19時の営業です。

ここでは、糸満パヤオ産のマグロや糸満市魚のタマン、もずくや海ブドウなど、珍しい食材が並びます。
月に数回行れるマグロの解体ショーも大人気で、料理方法なども教えてくれるので自宅でも沖縄料理を味わえます。
宅配も可能なので嬉しいですね。

道の駅いとまんの食事処

最後に、道の駅いとまんで食べられる食事をご紹介します。
道の駅いとまんにはどのような食事どころがあるのでしょうか。

多国籍料理 沙羅では、各国や各地域の料理をちょっぴり沖縄風に味付けてあるので、新しい出会いができるかもしれません。

アレンジのされている多国籍料理も魅力的ですが、沖縄料理を食べたいなら次に紹介する創作料理 あんま~亭がオススメです。
あんま~亭にはどのような料理があるのでしょうか。

あんま~亭では、あんま~定食(写真)やウチナー定食などが1300円で味わえます。

沖縄の混ぜご飯「ジューシー」やもずく豆腐「スヌイ」も味わえるのが魅力的ですね。
他にもフードコートもあり、そこでは揚げたての天ぷらが味わえる「天八」、名物「しかまさんど」が味わえるワンプレート料理の「木彫館」、沖縄の定番家庭料理を味わえる「南の駅 食道」もあります。

道の駅いとまんのまとめ

いかがでしたか。
道の駅いとまんには沖縄らしさや伝統があふれていましたね。
沖縄旅行のついでに、ドライブがてら道の駅いとまんへ訪れてみませんか?

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ